プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

加瀬さんが・・・
ヤフーニュースを見たら、加瀬さんが・・・
詳しいことは明日発表だそうだけど、
ご冥福をお祈りいたします。
悲しい!
| その他諸々 | comments(6) | ブログトップ |
霊感ヤマカン第六感

僕には霊感はありません。
金縛りだって、極度なレム睡眠だと思っているし、
幽霊の正体見たり枯れ尾花、
オバケより、実際の人間のほうが怖いはずです。


ところが感じてしまうイヤな感じ。
「なんかここには居たくないなぁ」と思う場所があって、
霊感のある人に言わせると、
けっこうヤバい場所だったりします。


たとえば、とあるお店のトイレ兼喫煙所。
なぜか僕はその場所が嫌いで、
無意識に足を踏み入れるのを避けてきたんですけど、
あとあと聞けば、いわくつきの場所だったり、
とあるビルの屋上で、ひとりで一服していたら、
背後に目線を感じて猛ダッシュで逃げたけど、
霊感のある人に言わせれば、そこもらしい。


tomiさんも霊感あるんじゃない?と言われても、
いえいえ、僕はそういうの信じません。
ただちょっと、空想力が豊かなヘタレの怖がりです。


シャワーで頭を洗っていて、
そのときはシャンプーが目に入らないように、
しっかり瞼を閉じているわけですが、
「今、パッと目を開けたらオレの前に血まみれの幽霊が・・・」
なんて、ふとよからぬ想像をしてしまうわけです。
そしたらもう、怖くて怖くて、
46歳のおっさんが想像することではないと思いますけど、
浴室から逃げるように出て、カラダを拭き、
家族の前で、内心ほっとしながら、
何事もなかったように麦茶を飲んだりしているのです。


あるいは先日、妹の嫁ぎ先から、
ダンボール箱いっぱいのタケノコが届いたんですけど、
泥まみれのそれを取り出すとき、
「なんか両生類っぽいものがはりついてたらどうしよう・・・」
と、うっかり想像してしまい、
もうその箱に手を入れることができなくなってしまいました。
「あ、メールが届いたかも・・・」なんて、
さりげなく嫁に代わってもらったりするヘタレっぷりです。


そんな僕の情けない性格も、
日常生活では捨てたもんじゃないんです。
車を運転中、「ここでチャリのおばはんが飛び出してくる」とか想像。
でも、それが案外当たるんです。
「おばはん」が「おっさん」だったりはするけど、
速度落としてブレーキに足をかけてて正解だったこととか、
自分が怖がりで良かった、ということが多々あります。


「怖がり」は決して悪いことじゃない。
優れた武術家も、根が怖がりだから、
相手より上手になろうとしっかり稽古に励んだと思うし、
いろんなアスリートもそうだと思う。


逆に「赤点なんか怖くない」と勉学に励まなかったから、
46歳にもなって、
シャンプーハットの購入を真剣に考えてしまう大人になってしまう。


せめて、無駄死にすることや、
被害者や加害者になってしまわないよう、
いろいろ想像して、怖がりでいつづけようと思います。
自然界や、非科学的な「霊」たちを怒らせないように、
できるだけ謙虚に、バチが当たらないように。


できればエラい人たちも、
ちょっとは想像力豊かな怖がりになってもらいたいな。

 
| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
ファンの心理構造

「ファン」というコトバを調べると、
特定の対象に対する応援者、愛好者のことで、
「狂信者」を意味する「ファナティック」の略なんだそうです。
詳しいことは分かりませんけど、
病理的な側面もあるのでしょう。
ただ「狂信」に走りすぎると、
「心」を失くして、
ネガティブな心理状態になるのかも。


「不快にさせること」
「怒られること」
で欲求を満たすファンというのもいる。
アイドルにカミソリの刃を送る精神構造の人もいれば、
MCの最中に「歌ってー」と叫ぶ人もいる。
彼女は先日の「ワイドナショー」で
YOUさんがコメントしたような「ライブ初心者」ではなく、
おそらく古参のファン、いわゆる確信犯。
本人は「怒られて」満足しているはずだ。


対象者がイヤがることをしてしまう。
マトモな「心」を失くしたのか、
根性がネジ曲がっているとしか思えない。


ある論文によると、ファンの心理構造は、

(1)作品の評価
(2)疑似恋愛感情
(3)外見的魅力
(4)同一視・類似性
(5)流行への同調
(6)ファン・コミュニケーション
(7)尊敬・憧れ
(8)流行への反発・嫉妬

と、8 因子の構造に分類されるのだそうで、
「なるほど」と唸ってしまいます。


これを自分の心理にあてはめると、
僕の場合、さすがに疑似恋愛感情はないけど、
圧倒的に(1)と(7)が強いなぁ。
もちろん、他の因子もよく分かりますよ、
ルックスはもちろんカッコいいし、
あの飄々とした性格が大好き。
とくにこの3年間の楽曲には魂がふるえるし、
少数ではあるけど、同志と話すのも嬉しいです。


長年ファンブログを続けてきた中で、
たくさんのファンの方と出会ってきたけど、
(2)ばっかりの人
(6)ばっかりの人
とはあまり親しくなれなかったし、
今後も親しくする気はありません。
ああ、あとタニマチ的な発言をする人と。
(人呼んで「女性ファンから敬遠されがちなブログ」)


「ファン」と自称する段階で、
もはや「ふつう」じゃないけど、
そんな「ふつう」じゃない僕が見ても、
節操のない異常な人が多いのも現実。


これは別にジュリーファンに限ったことじゃなくて、
自分の生きがいのために、
周囲に迷惑をかけたりする人たち全般にいえます。
サッカーとか、野球のファンでも、
鉄道やアイドルやアニメなどでも、
周囲から「ちょっとおかしい」と思われている人がいるはず。


生きがいや幸福感を得るために
「熱狂」するのは自由だけど、
対象者や、まわりを思いやる「心」は失くしてはならない。


また、注目を集めたいがために、
あれほどまでに悪意に満ちた記事を書いてしまう
日刊ゲンダイの記者も、
文字どおり「心ない」人物なのだと思います。
「心」がないから、きっと嫌われ者です。


| その他諸々 | comments(2) | ブログトップ |
ワイドナショー

的外れなコメントして、
軽薄な笑いをとる。


詳しく知らない人のことを、
適当に自分の杓子定規に押しはめて、
「彼はようやく語りだした」なんて解説する。


これでカネもらえるんだから、
テレビタレントはやめられないんだろう。


軽い、軽すぎるナリ。
浅い、浅すぎるナリ。
金八先生に失望だ。


おいこら鉄矢!
「嫌なら帰れ」という曲をつくって歌え?
変なことをいうなぁ。
妙なことをいうなぁ。
とてつもなく失礼なことをいうなぁ。
ジョーダンが過ぎます。


あなたに贈る言葉はただ一言、
「たわけ!」



| その他諸々 | comments(2) | ブログトップ |
今年もよろしくお願いします

皆様、新年おめでとうございます。
僕は三が日、飲んだくれているのも何なので、
本日から仕事です。
元旦は酔った勢いでfacebookに
ふざけた動画をあげてしまいましたが、
今年もガンガン、ロックな一年にしたいと思います。


今年はできるなら別人バンドのライブをやりたい。
まあ、無理のない程度でぼちぼちなんですけど、
今からとても楽しみにしています。
とりあえずは対バン形式のライブからですね。


と、いうことで、今年もよろしくお願いいたします。

 
| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
マジメにやってきたのに

昨夜遅く、徒歩で家路につく道すがら、
小雨そぼ降る安井町の交差点で信号待ちをしていると、
僕の隣に酩酊状態のおっちゃんが
傘もささずにフラフラと歩いてきた。


おっちゃんが繰り返しひとりで、何かブツブツ呟いている。
年末は物騒だし、治安もよろしくない街だから、
からまれたらイヤだなぁと思いつつ、
おっちゃんの声に耳を傾けると、
「むっつりスケベのどこが悪いちゅうねん!」


なんか久々に耳に飛び込んできた「むっつり」というコトバ、
さらに「心の叫び」、今年一番のBLUESを聞いたようで、
信号が変わって歩き出す直前に、思わず、
「いや、おっちゃんは悪くないで」と、
声をかけてしまった。


背後から
「兄ちゃんも むっつりスケベやろ!」
という呼びかけが聞こえたので、
ついつい、無言で親指を立てておっちゃんに応えた。
最高のコール&レスポンスだ。


2014年、地道にコツコツ、マジメに頑張ってきたのに、
暮れも押し迫った頃、見ず知らずの酔っ払いのおっちゃんから、
僕もむっつりスケベに認定されました。


でも、あえて僕もこのコトバで一年を締めくくろう。
「むっつりスケベのどこが悪いちゅうねん!」


| その他諸々 | comments(2) | ブログトップ |
クリスマスソング・ブルース2

去年も書いたけど
クリスマス・ソングって何かアレだと思いませんか?
外国人でもなく、熱心なクリスマスのファンじゃない僕だから、
余計にそう思ってしまうのかもしれませんが、
とくにやたらと能天気なクリスマス・ソングっていうのは、
あまり好きになれないし、やかましいんだ、ho-ho-ho。


とくにファンキーなノリの
「Santa Claus is Coming to Town(サンタが街にやってくる)」
が耳に飛び込んでくると、
必要以上に煽られているようで、気忙しく感じてしまいます。


僕が子供の頃っていえば、
子供会のクリスマス会で、「きよしこの夜」を斉唱するくらいだった。
「♪き〜ぃよし〜」って歌いながら、友達のキヨシ君をからかって、
泣かせてしまった記憶がある。
デリカシーのない僕も僕だけど、
それくらいで泣くキヨシ君もどうかと思う。


あるいは「ジングルベル」。
「♪ジングルベ〜、ジングルベ〜、鈴が鳴る〜、
 今日は楽しいクリスマス(ウッ!)」
アホな子供だったから、その部分しか知らない。


中学生の頃、女子の家でクリスマスパーティーを開催するということで、
呼ばれたことがあります。
その頃には僕は、「内外の音楽に詳しいキャラ」だったので、
「クリスマスにふさわしい音源を用意して」と頼まれたのです。
で、他に欲しいレコードがあるのにガマンして、
ビーチボーイズの「クリスマス・アルバム」を買って持って行った。
ラジオでそのアルバムの評判をきいたからだ。


我ながらいいセンスをしていると思うんだけど、
当時の中学生女子たちには、まったくウケなかった。
カルチャークラブやカジャグーグー全盛のあの頃に、
七三分けのおっちゃんたちが、
和やかにツリーを飾り付けているジャケットがまず拒絶されました。
「せっかく買ったんだから」とターンテーブルに載せれば、
ものの10分足らずでハイ、A面終わり。アハハハ・・・。
わりとズケズケいう性格の女子に、
「あんた、センスないわぁ!」と蔑まれ、
貴重なおこづかいをムダに使ってしまったことを悔やんで、
ぽーっと頭に血が上ってしまった。


気がつけばクリスマスパーティーだというのに、
怪談話と、少々きわどい恋愛話で盛り上がって、
挙句に果てに、
まったくタイプではない女子から手編みのマフラーを手渡され、
僕の本命を含む女子全員から「熱々カップル誕生」と冷やかされたので、
思いやりの欠けたコトバで猛烈に拒絶した結果、
マフラーの子を号泣させ、全員から嫌われることになりました。
本命の子にまで嫌われて、
自暴自棄になった僕は、その夜、とんでもないことを・・・。


と、いうことで、
色気づいてからの僕は、
クリスマスソングにトラウマを抱える人になってしまったのです。



 
| その他諸々 | comments(4) | ブログトップ |
「仁義なき戦い」にハマる

最近、菅原文太さんの映画「仁義なき戦い」にすっかりハマっています。
仁義なき戦い、広島死闘篇、代理戦争、頂上作戦、完結篇。
今までこの5作品をまとめて観たことがなかったのですが、
ある方からDVDをいただきまして、
イッキ見もなんと現在3ターン目に突入しました。
ハマるとこうなるのが僕の癖で、
つい色んな観点で見てしまうのです。


1ターン目はそのまま、実録やくざ映画として。
勧善懲悪の任侠モノと違い、腑に落ちないバイオレンスな展開、
まさに「仁義なき」というコトバそのものなんですが、
人の命を粗末に扱うことこの上なく、
それゆえにこの作品はエネルギッシュ。
「事なかれ主義」の今のテレビじゃ、
いくら文太さんの追悼でも、放映できないでしょうね。


深作監督の描く「血の色」も独特で、
少し蛍光色がかった、モロにペンキのような赤。
やたらとデフォルメされていて、インパクトは絶大。 
カメラのアングルも、ここぞというときには乱暴で臨場感は抜群。
そして何といっても俳優陣。
暑苦しいばかりに、画面からパワーが溢れだしてくる。


もうひとつ大事なこと。
それはあのテーマ音楽。
特記するほど映像と音楽がマッチする作品って、
正直いってあんまり記憶にない。
他に思い浮かぶのは、「ジョーズ」と「スーパーマン」くらい。
とにかく「仁義なき戦い」のテーマ曲。
ミュートの効いた主旋律に次いで、「チャララ〜!」
しかもギター好きにとったら、スプリングリバーブの音や、
粘っこいファズサウンドなんかも、サイケデリックでカッコいい。
メロディアスかつ、パーカッシブ、
日本映画屈指のサウンドだと思います。


2ターン目は、登場人物たちのキャラや台詞に着目します。
「実録バイオレンスやくざ映画」だけでは、
映画はここまで面白くならない。
大河ドラマばりに、隅々までキャラが生きているんです。
幹部には幹部の、若衆には若衆の人間絵図が描かれていて、
広島弁で飛び出してくる強烈な台詞は、名言のオンパレード。
俳優たちの大胆かつ繊細な演技には、
さまざまな美学が投影されています。


中でも僕が目を離せないのが、
金子信雄さん演じるところの山守組組長、山守のおやっさん。
この人物こそが、物語全編の悲劇の元凶。
劇中のゴットファーザーなんですけど、誰よりもズルくてセコい男。
泣き落としで子分に無理をさせるけど、最終的には「ワシャ知らんぞ」。
こういうトップの下で泣きをみている人、
現実にもけっこういるんでしょうね。


3ターン目はコメディ映画として観る!
松方弘樹さんは三役を演じて、毎回殺されていますが、
回を重ねるごとにメイキャップがすごいことになっています。
最終的には「アンタがケサラモサラやがな!」と突っ込みたくなるほど、
コント用のメイクみたいに、やりすぎになっていきます。
梅宮辰夫さんも2回目には眉毛なくなってるし、
悪人、山守のお父ちゃんもどんどんお茶目に。
ブラックユーモアとしての「仁義なき戦い」。
こういう目線もなかなかオツなものです。


「アウトレイジ」とか世界からも賞賛されていますが、
僕にとっては「仁義なき戦い」のほうが何倍も面白い。
そして出演者の多くがすでに亡くなっていることが、
残念でたまりません。
あと2作目の梶芽衣子さんが僕はとても美しいと思います。




| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
46歳になったのだ

ううむ・・・。
本日をもって、とうとう46歳になってしまった。
もはや、どこをどう切っても、
中年のおっさんしか出てこない。
寝ても覚めても、明けても暮れても、おっさん。


こっそり、ひとりでつぶやいてみる。
「・・・おっさん」
おおっ、なんという物悲しい響き。
若造でもなく、爺でもない、中途半端な世代。


「枯れたもの」には、諸行無常の風情もあるけど、
「枯れかけたもの」は無残なもの。
ツルっといけたら見事だけど、
ジワジワと間引かれ、後退していく生え際は、
不治の病魔に侵されていくみたいで、
とっても悲しいものです。


精神や人間性の成熟度でいえば、
乳幼児と大差ないんだけど、
性善説、性悪説でいえば、性善説のほうだと自負はしています。
まるで穢れをしらないピュアなおっさん、
背中に羽の生えた天使、キューピーおっさんだ。


それにしても、このブログをはじめてずいぶんになります。
初期の頃の文章には初々しさや謙虚さがありましたが、
近年のはかなりふてぶてしいと、反省しております。


「あなたのブログを一冊の本に」なんていう広告をみて、
ちょっとイメージしてみたんだけど、
このブログがそのまま書籍化されても、
末代まで恥を遺すようなものだ。


でも最近、何かカタチになるものを
遺したいと思うようになってきました。
で、前々から考えていたのが、
「ジュリー・アルバム・ガイドブック」。


別にこれで「一儲け」なんて考えは毛頭なし。
これからジュリーサウンドに出会う世代や、
洋楽とかロック好きな人にも興味をもってもらえるもの。
いわば、ただの「酔狂なおせっかい」なんですけど、
本人は「恩返し」のつもりでいます。


さすがに大金つぎこんで、
紙媒体を自費出版する勇気はないんですけど、
発表のカタチをいろいろ考えながら、
これから新たに少しずつ書きためていこうと思います。


つきましては、同志の皆さま方には、
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 
| その他諸々 | comments(2) | ブログトップ |
暑さ対策で

ブログ記事の行間と文字間隔を少し広げてみました。
ちょっと見た目に涼しげになったと思いませんか?
まあ、記事と僕の中身で十分、
スカスカで寒々しいんですけどね。
みてくれは暑苦しいんですけど・・・。


いずれ、「ウカウカしてるとヤケドするゼ!」って
熱い記事を書いたときのため、
微妙な調整をしておきました。
cssのタグを、
letter-spacing:0.4px
line-height:1.7
に変更。
ブログ管理もいろいろとたいへんです。

 
| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
Page: 2/11  << >>

 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS