プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

10/16 なんばでライブ決定


私事ながら&突然ですが、ライブやります。

息子とのギター2本の弾き語りですが、
そこはちょっとこだわりというか捻ります。

日時;10月16日(日)pm7:30〜
場所;大阪 日本橋「CAFE&LIVE BAR 太陽と月」アクセス
料金;1,500円(ワンドリンク付)

対バン形式で出演時間は当日になってみないと分かりませんが、
「落語」なんかもあって、なかなかおもしろそうですよ。

アウェイの地で、若者に交じって、
ジュリーナンバーの弾き語り。
はたして僕はウケるのか、
手ごたえは感じるのか、
よろしければぜひ応援にきてください。
久々のライブですが、頑張ります。
 

| バンド活動 | comments(4) | ブログトップ |
若者たちと

最近、また新しいバンドが組みたくなった。
今度は自分より若い人たちと。


年寄りのバンドは何かにつけて、
いろいろと面倒くさい。
年寄りは二枚舌を使う。
人を焚きつけ、同時に陰で消火作業を行う。
小細工をお見通しのこっちは気を使う。
人間不信だ。


いぶし銀の大人バンドで、
眉間にシワを寄せるのも、面白くない。
いくつになっても、僕はロックがやりたい。


そこで半年か1年くらいかけて、
自分より若いメンバーを探すことにしました。
懐メロ思考や先入観のない世代と、
ロックなバンドを組みます。
映画「スクール・オブ・ロック」のように、
若者にロックを教えてやる。


新生別人バンドに、
乞うご期待、といったところです。


| バンド活動 | comments(2) | ブログトップ |
別人バンド活動再開

かれこれ4年間、活動を停止していた我が別人バンドですが、
先月24日、メンバーのヤマちゃんのライブで血が騒ぎまして、
僕たちもそろそろ「重い腰」を上げてもいいだろうということで、
活動を再開します。


しかし「重い腰」とやらは思いのほか重症でして、
急に上げると「ぎっくり腰」になりかねません。
徐々に温めながら、そ〜っとそ〜っと、ゆっくりと上げていきます。


まずは月1ペースでスタジオに入りながら、
なまったノドや指のリハビリです。
まあ、僕以外のメンバーはそれぞれの活動で上達しているはず。


いずれまたライブの告知もさせていただきたいと思っていますので、
そのときはどうぞよろしくお願いいたします。



 
| バンド活動 | comments(0) | ブログトップ |
今年もヨロシク!
 
2014年ですね。
今年もよろしくお願いいたします。
  
  
皆さんはどんなお正月でした?
僕の方はこれといって自慢したり、
ブログのネタになるようなことはしていません。
例年どおり、飲んだくれの元旦でした。
  
  
午後から義理の兄一家が来てくれたんですが、
その時点で2升近くいってたんで、
断片的な記憶では、
甥っ子とジャレあって過ごしたことだけ覚えていて、
目が覚めると翌朝の布団の中。
  
  
幸い悪い二日酔いはなく、
2日も美味しくお酒を飲んで、
3日からは仕事もスタートしているんで、
もうとっくに正月気分なんて消えていますが、
お客さんに「お正月はどっか行きましたか?」って訊かれるたび、
ちょっぴし反省。
  
  
でもまあ、今年の抱負というか、希望なんですけど、
仕事をしっかり頑張って、
その余力で、
弾き語りなり何なりして、
音楽活動も復活したいです。
また狭いお店とかで、弾き語りライブをやりたいし、
別人バンドのメンバーにも、
ちょこっと手伝ってもらいたいと考えています。
  
   
| バンド活動 | comments(2) | ブログトップ |
高校の友人が

 
facebookにもアップしたんだけど、
mixiを通じて、高校の頃の友達が連絡をくれました。
卒業して以来、長い間のご無沙汰。
友達はなんと、LAで暮らしているとのことです。
どおりで連絡もつかなかったわけだ。
 
彼とは高校の3年のときに、
「バップス」というロカビリーのバンドを組んでいました。
おもにストレイ・キャッツや、ブラック・キャッツ、
それに「メテオズ」というパンカビリー(ロカビリー+パンク)とか、
ヘビメタ・ブームが下火になりだした頃。
 
ベーシストは本番ではウッド・ベースを借りてきたり、
かなりのロカビリー好きで、
ドラムは髪の毛を下ろしたら普通なんだけど、
実は側頭部は剃っていて、本番ではモヒカンのパンクス。
(そのパンクスが連絡をくれた友人)

僕はといえば
・・・痩せていました。
 
写真、右から2番目の黒い服。
アゴのラインとか、胸板とか、
17歳の僕は今とはまるで別人です。
 

 
この写真は藤井寺の「小阪楽器」内のレンタルスタジオで撮ったもの。
文化祭用の練習で、遅くまで練習していました。
写真に写らなくて残念なのが、そのときの僕の愛用ギター、
グレコのレスポールカスタム。
 
けっこういい音していましたが、
写真撮影の1ヶ月後、
若気のいたり&ジミヘンやピート・タウンゼントの影響と、
大失恋の腹いせで、地面に叩きつけて壊してしまいました。
 
そんな数々の思い出が、
旧友からの連絡でよみがえった今日。
いくらダイエットしても、この胸板には戻れないでしょう。
   
   

| バンド活動 | comments(2) | ブログトップ |
去年の今日
  
去年の今日、10月24日、
大阪市谷六の「Page One」で、
僕たち別人バンドはライブを行いました。
一昨年の「ジュリーなパーティー」をきっかけに結成した、
澤田さんと鉄人バンドのコピーバンドです。
   
この日の別人バンドのセットリストは、
シングル曲中心の、
    

01.ROCK'N ROLL MARCH
02.そのキスが欲しい
03.おまえがパラダイス
04.ストリッパー
05.時の過ぎゆくままに
06.ヤマトより愛をこめて
07.Pleasure Pleasure
08.カサブランカ・ダンディ
09.憎みきれないろくでなし
11.君をのせて
12.涙色の空
13.にもかかわらず笑う(別人バンドオリジナル)
14.あなたに今夜はワインをふりかけ
15.ポラロイドGIRL
16.TOKIO
    
アンコール
17.晴れのちBLUE BOY
18.気になるお前
    
アンコール2
19.勝手にしやがれ
20.ダーリング
   
   
10月24日のライブ以降、
メンバーの事情で活動は一時休止しています。
義兄が、別人バンドを含む、すべてのバンド活動をお休みして、
(各方面で引っ張りダコなんです)
もっと音楽の理論やベースを勉強しなおす、ということで、
それ待ち。
 
 
でも、どうも僕自身、バンドをやっていないと、
張り合いがなくて、
なんかすべてにおいて、調子が出ないんです。
   
 
僕はギターの練習も続けているし、
いつでも準備万端、整えているんです。
次回はスライドギターをお聞かせしたい。
   
   
作曲家の艾アツシさんだって、
6曲ほどオリジナル曲を書いてくれています。
   
   
そろそろ再始動したい。
ガツンとロックなライブをやって、
バンドのメンバーやライブ盛り上げ隊の同志の皆さんと、
またハメをはずしたい。
そろそろいいだろう。
   
   
あの日以来、一年間、メンバー全員集まっていないので、
まずはまた、みんなで集まって、
アレコレとテンションを上げていきければと思います。
  
  
最終目的地の夢は忘れていません。
かの地でライブができることをずっと願っています。
  
  
別人バンド活動再開、
できれば皆様も応援してください。
 

 
  
    
   

| バンド活動 | comments(2) | ブログトップ |
恥ずかしながら…

 
去年10月の別人バンドライブから、「にもかかわらず笑う」。
オリジナル曲です。
せっかく撮影してもらったのに、
落ち込みや反省材料にしかなっていない。
あの頃はまだまだ若かったなぁ・・・。
しかも僕、のっぺらぼうです。 
  
音質は悪いし、練習不足なうえに、
ライブ後半のバテバテ状態。
恥ずかしくてすごくためらったのですが、
まあ、いっちょ景気づけにいっときますか。
これを見て元気になってくれるご奇特な方が
ひょっとして、いるかもしれない、かもかも。
自分もふくめて、とにかく元気づけたい衝動で、
生まれて初めて動画をアップしてみました。
 
「聴いてもいい」って方がいらっしゃっても、
なるべくボリュームは絞ってくださいね。
 http://www.youtube.com/watch?v=93NnYosvLD0

 

※ 僕がものすごく凹んでしまわない程度のコメントいただけたら嬉しいです。
  
にもかかわらず笑う
                
にもかかわらず笑う 
それだけで君にlucky訪れる
にもかかわらず笑う 
ツライことだけ(Don’t crying)
続くわけないよ
   
ピンチのときにもめげないで 
君のいいところ100コ探そう
雲の隙間からのぞく太陽を
信じているから花は咲くのだろう
    
にもかかわらず笑う 
それだけで僕らhappyになれる
にもかかわらず笑う   
すごいアイデア(Get chance) 
浮かぶこともあるさ
    
傷ついてもしょげないで  
強い味方がそばについてる
愛しているから許せない 
そんな気持ちも ときどきはね
   
にもかかわらず笑う 
それだけでみんなpleasure分け合える
にもかかわらず笑う 
こんな困難(No damage) 
笑い飛そうぜ
   
空気と光と君がいて  一緒に馬鹿になれること    
青空のまぶしさ感じたら  僕らほらまた笑えるよ  
(Fortune comes into a merry you)
  
にもかかわらず笑う 
それだけでみんなpleasure分け合える
にもかかわらず笑う 
こんな困難(No damage) 笑い飛そうぜ 
   
にもかかわらず笑う 
それだけで君にlucky訪れる  
にもかかわらず笑う 
ツライことだけ(Don’t crying)
続くわけ
ツライことだけ(Don’t crying) 
続くわけないよ
  
  

| バンド活動 | comments(4) | ブログトップ |
LIVE AT "PAGE ONE"

 
昨夜、谷六のライブハウス「PageOne」で、
「沢田研二ナイト」というイベントがあり、
僕たち別人バンドも出演してきました。
   
   
足元の悪い中をお越しいただいた皆さま、
どうもありがとうございました。
いつも、心から感謝しています。
   
   
正直言って、僕はこの「沢田研二ナイト」というタイトルは、
恐れ多すぎて、若干抵抗があるんです。
カラオケみたいに気楽に、とか、
中途半端な気持ちではできないんです。
だから、できるかぎり精一杯の感謝の気持ちと、
敬意を込めてやらせていただきました。
   
   
ライブそのものは・・・相変わらずの赤字。
アマチュアとして、好きでやらせてもらっているので、
儲けるよりはいい。
早くトントンになればいいけど、
カラダが豚々です。
   
   
嬉しかったのは、そんな僕の気持ちを察して、
バンドのメンバーがいつもより割増で頑張ってくれたこと。
僕たちはまだまだ未熟で空回りも多かったけど、
現状でできる限り、みんな手抜きなし。
いつも本当にありがたい仲間たちです。
   
  
また、最後はオーディエンス、
いや、ボーカル担当の皆さまが、
ステージの前まで来て、
一緒に歌ってくれたり踊ってくれたりして、
至福の時を過ごすことができました。
楽しかったなぁ。
  
 
途中、アンプから音が出なくなったり、
歌詞を忘れてしまうというアクシデントもありましたが、
それも含めての「ライブ」ですから。
 
  
これからもがんばって腕を磨いていきますので、
よろしかったら、またぜひ参加しに来てください。
   
    
セットリスト
 
01.ROCK'N ROLL MARCH
02.そのキスが欲しい
03.おまえがパラダイス
 
MC
 
04.ストリッパー
05.時の過ぎゆくままに
06.ヤマトより愛をこめて
07.Pleasure Pleasure
08.カサブランカ・ダンディ
09.憎みきれないろくでなし
 
MC
 
11.君をのせて
12.涙色の空
13.にもかかわらず笑う(別人バンドオリジナル)
14.あなたに今夜はワインをふりかけ
15.ポラロイドGIRL
16.TOKIO
 
アンコール
17.晴れのちBLUE BOY
18.気になるお前
 
アンコール2
19.勝手にしやがれ
20.ダーリング
 
 

 
  

| バンド活動 | comments(9) | ブログトップ |
24日、ライブやります
  
10月24日(日)に谷町6丁目のライブバー「Page One」に、
別人バンドが出演します。
対バン形式のものなので、お時間のある方はぜひ応援にきてください。
オラにみんなの元気をちょっとずつ分けてくれ   
  
  
2010.10.24(日)
会場時間 18:30
開演時間 19:00
チャージ 1,500円(ワンドリンク別)
※今回はチケットではなく、直接お店にお越しいただくカタチです。
    
  
場所 Page One
http://www10.ocn.ne.jp/~page-one/
電話 06-6765-6404
大阪市中央区谷町6丁目2−25 伊藤谷町ビル地下1階
 地下鉄「谷町6丁目」駅3番出口を降りて徒歩1分、ソフトバンクの下。
   
  
出演
1.古河裕之 19:00〜19:40
2.別人バンド 20:00〜21:30
  
  
はじめての方、おひとりだと不安な方は、
僕のメールアドレスtomi89@yahoo.co.jp にメールを下さい。
ご予約をこちらで取りまとめさせていただきます。
  
  
ということで、今週からリハに入りました。
それぞれ仕事を持つ身、練習できる回数は限られていますが、
集中して頑張っていますので、
お手すきの方は、ぜひよろしくお願いいたします。
  
 
また前回のライブでは、僕のMCが、
少なかった、短かった、ほとんどなかった、
あんたバカねと、おバカさんよね、と、
多くの皆さまよりお叱りを受けています。
次回は喋ります。
ええ、喋りますとも!
しかもテッパンのネタを総動員して、
ドッカンドッカンと爆笑を取ります。
 
 
・・・と、ハードルをマックスまであげたところで、
肝心なことに気がつき、大いに困りました。
本当は人前で話すのは得意ではないのです。
  
  
まあ笑いに関していえば、
基本はツッコミ体質といいますか、
四六時中、心の中では「なんでやねん!」と叫んでばかりなのですが、
それはお笑い芸人だから面白いのであって、
一般人のツッコミなんていうのはタイミングを外せば、
ただのクレーマーですからね。
  
  
また「〇〇みたいや」などという比喩もよく用いますが、
マニアックな例えだと人様からあまり共感してもらえず、
これも虚しいだけになります。
なるべく瞬時に皆さんの頭にすぐ浮かぶ例えを挙げること、
これはけっこう頭の体操になりますので、
ボケ防止にもオススメです。
   
  
って、何の話をしているんでしょう・・・。
 
 
それはさておき、
別人バンドも去年から5回の場数を踏み、
今度で6回目。
ライブやその練習が僕の重要なライフワークになっています。
もっと沢山レパートリーを増やしたいと思うけど、
やりたい曲が多くてどこから手をつけていいか分からない。
贅沢な話なんですけどね。
 
  
ライブの構成なんかでも、
皆さまと楽しい時間を共有できるような、
さまざまなアイデアも浮かんでいるのですが、
実現させるには準備も必要だし、
まずはニーズの量もリサーチしなければなりません。
  
  
たとえば、普段はロックを意識して、
セットリストを組むことが多いのですが、
逆にゆったり「別人バンド、バラード・ナイト」はどうだろう。
あるいは「別人バンド、アンプラグド」なんかはウケるのか、
そんなことを考えたりもするわけで、
気長に計画を練っていきたいと思います。
  
  
この前、僕の家でメンバーと鍋パーティーをやったとき、
みんなでアコギ3本とカホン、小さなキーボード、
それにハーモニカで演奏したら、
思いの他、良かった。
ただし、しこたま飲んでかなりゴキゲンだったので、
皆さまにもそのテンションになっていただく必要がありますが・・・。
 
  
| バンド活動 | comments(9) | ブログトップ |
にもかかわらず笑う

 
にもかかわらず笑う
           作詞・作曲;艾アツシ 編曲;別人バンド 
  
    
にもかかわらず笑う 
それだけで君にlucky訪れる
にもかかわらず笑う 
ツライことだけ(Don’t crying)
続くわけないよ
   
ピンチのときにもめげないで 
君のいいところ100コ探そう
雲の隙間からのぞく太陽を
信じているから花は咲くのだろう
    
にもかかわらず笑う 
それだけで僕らhappyになれる
にもかかわらず笑う   
すごいアイデア(Get chance) 
浮かぶこともあるさ
    
傷ついてもしょげないで  
強い味方がそばについてる
愛しているから許せない 
そんな気持ちも ときどきはね
   
にもかかわらず笑う 
それだけでみんなpleasure分け合える
にもかかわらず笑う 
こんな困難(No damage) 
笑い飛そうぜ
   
空気と光と君がいて  一緒に馬鹿になれること    
青空のまぶしさ感じたら  僕らほらまた笑えるよ  
(Fortune comes into a merry you)
  
にもかかわらず笑う 
それだけでみんなpleasure分け合える
にもかかわらず笑う 
こんな困難(No damage) 笑い飛そうぜ 
   
にもかかわらず笑う 
それだけで君にlucky訪れる  
にもかかわらず笑う 
ツライことだけ(Don’t crying)
続くわけ
ツライことだけ(Don’t crying) 
続くわけないよ
  

| バンド活動 | comments(9) | ブログトップ |
Page: 2/5  << >>

 
Amazon music

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS