プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ロックパイルのライブ盤が出るのだ

8月25日に、こういう音源がリリースされる。
ロックパイルの「ライヴ・アット・ザ・パラディアム 1979」。


うひょー!
これは無条件でたまりません。
一日千秋の思いで待ち焦がれます。


ロックパイル
デイヴ・エドモンズ(g、vo)
ニック・ロウ(b、vo)
ビリー・ブレムナー(g、vo)
テリー・ウィリアムス(dr、vo)


僕は英国ロックが大好物です。
リバプール・サウンド、
マージービート、
モッズ・サウンド、
サイケデリック、
ブルース、
パンク・ロック、
プログレ、
ハード・ロック、
そしてパブ・ロック。
行ったことはないけど、日本より寒い国だから、
ブリティッシュ・ビートは行楽のお供には向かない。
ステレオの前でマジ聴きしてしまう。


さて、この「パブ・ロック」ですが、
「パブ」とは英国でいう「酒場」のこと。
米国では「バー」なんでしょうね。
いわば「酒場でDabada」なロック。


70年代から80年代にかけて、
ミュージシャンのライブはどんどん規模がデカくなり、
今ではモンスター級がごまんといるわけですが、
酒場クラスの小さなステージで、
熱気ムンムンのパフォーマンスを繰り広げる演者たちを相して、
「パブロック」と呼ばれるようになりました。


たとえばブルースなんかもそうなんですが、
やはりオーディエンスの喧噪なんかも含めて、
「味」なんですよね。
散らばった酒ビン、タバコの煙り、
汗や体臭、商売女の香水の匂い、
ケンカ、ヤジ・・・。
そんな雑多なものたちとサウンドがごちゃまぜになって、
ロックが生まれたんだと思います。
テクニカルな演奏より、
荒削りでパワフルで、それでいて「味」のあるサウンド。


その代表格がロックパイルであり、
ドクター・フィールグッドであり、
イアン・デューリー、
若きエルヴィス・コステロ、
ザ・ワンオーワナーズなど。


中でもロックパイルのメンバーは、
それぞれがパブロックを語るうえで欠かせない重鎮たち。


「ワタシはジュリーファンやから関係あらへんわ」と思う方、
残念!
僕がこれと出会わなかったら、
ここまでジュリーファンにはなっていなかっただろうという、
僕の中で史上最高のロックアルバム「S/T/R/I/P/P/E/R」の、
「BYE BYE HANDY LOVE」、
「DIRTY WORK」、
「バイバイジェラシー」、
「想い出のアニー・ローリー」
この4曲のギターソロはロックパイルのビリー・ブレムナー。
「DIRTY WORK」、
「想い出のアニー・ローリー」、
「FOXY FOX」、
「テレフォン」では、
スクィーズのポール・キャラックとともにコーラスで参加しています。


ロックパイルの「ハート」という曲を聴いてみてください。
モロに「バイバイジェラシー」ですから。


ただ僕は「S/T/R/I/P/P/E/R」つながりで
ロックパイルが好きなわけじゃなく、
どちらかというと佐野さんの「ガラスのジェネレーション」かなぁ。
ニック・ロウの「恋するふたり」が気に入って、
そこからのファン。


とはいえロックパイル名義のオリジナルアルバムは、
「ロンドンの街角」(Seconds of Pleasure)の一枚のみ。
コンプリートしやすいでしょ!
このアルバムのすごいところは、
シンプルなのに贅沢な楽曲たち。
CDで聴いていると「この曲は飛ばそう」なんてことはよくあるけど、
このアルバムはそれがない!
退屈しないんです。
いまどき使わないコトバだけど、
「ゴキゲンなアルバム」というのが一番ふさわしい。


で、8月に出る「ライヴ・アット・ザ・パラディアム 1979」ですよ。
これまで「ライヴ・アット・ロックパラスト」というCDが、
彼らのベストパフォーマンス音源とされてきました。
あとモントルー・ジャズ・フェスティヴァルのと。
どちらも演奏力の高さやグルーブに興奮の作品ですが、
またこうして彼らのライブ盤が聴けるなんて、
人間、こつこつマジメに生きてるもんですね!

   
 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
オニ


子供の頃、毎日のように口にしていたのに、
大人になって、まったく言わなくなった台詞、
「いま鬼だれ?」。


小学生の3〜4年生といったところか。
運動場は5〜6年生のドッヂボールに占拠されているから、
校庭で鬼ごっこ的な遊戯に耽るしかなかったわけだ。


「いま鬼だれ?」


しがらみに生きる大の大人がこの台詞を発すると、
なかなか気まずいシチュエーションになる。


ジャンケンに負けたわけでもないのに、
別にこちらが頼んでもいないのに、
たいていは「嫁」がその役どころを受け持つ。
まさに鬼に金棒、
嫁にカネボウ化粧品といったところか。


「いま鬼だれ?」
「ワタシ!」
おお、怖い。
あまり嫁関連のことは書かない方がいいようだ。

 

| 親友Tさんのこと | comments(0) | ブログトップ |
ROCKの日

本日は6月9日、語呂合わせで「ROCKの日」であります。

ということで、
個人的にお気に入りなROCKの名盤をご紹介したいと思います。
「おおっ、コレは好き!」というものがありましたら、
気が合いますね〜ってことで、
ひとつよろしくお願いします。


まずは「フーズ・ネクスト」。
各パートがそれぞれ「これでもか!」というくらいROCK。
名優ぞろいの大河ドラマのようです。
ダイナミックな展開。
聴いてて飽きがこないというか、
いまだに「おおっ!」と再発見もあり、
僕の体温を上げてくれる作品です。
 

「エレクトリック・レディランド」
ジミヘンのアルバムで一番好き。
とにかく「ヴードゥー・チャイル」がカッコいいんです。
もちろんバラエティに富んだ楽曲たちすべてが、
「音楽」っていいよな、と思わせてくれる。
このアルバムは「憧れ」ですね。


「ゲット・ザ・ナック」
やったぜナック、ゲット・ザ・ナック!ってことで、
ロック界の一発屋の紹介です。
でもナックって「マイ・シャローナ」だけじゃない、
クールで熱くてスリリングな楽曲の数々。
まさにゴキゲンな作品です。
これぞ古き良き英国ロックの継承かと思いきや、
彼らはロサンゼルスのバンド・・・。


「カフェ・ブリュ」
時代は80年代。
ポール・ウェラーのセンスの良さに脱帽。
この作品、レコードでなくCDで聴いていても、
どの曲も飽きさせない。
個人的にすごく面白いアルバムです。
佐野ファンにもオススメ!


「英雄伝説マイケル・シェンカーアンソロジー」
ここにきてまさかのベスト盤。
本当はUFOやMSGの作品を個別に紹介したいくらいなんですが、
初心者には贅沢なベスト盤なので。
中学の頃からマイケルのギターは大好物でして、
ヤングギターを見ながら必死にコピーしました。
当時は教則的な存在だったんですけど、
他のハードロックギタリストにはない「味」といいますか、
「オンリー・ユー・キャン・ロック・ミー」は、
昔、ジュリーもカバーしていたんですよ!


てなことで、あまり一貫性のないアルバム紹介でした。
本当はストーンズとか、クラプトンとか、
初期のB.スプリングスティーンとか、
はたまたプログレやパンクロックなど、
いろんな切り口もあったんですが、
何も考えずにチョイスしたのが上記5枚でした。


一応、試聴できるようアマゾンのリンクを貼ってますので、
興味があれば聴いてみてください。
    

 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
GRACEさんのワークショップ

イベント告知です。

GRACEさんの開運メソッド「ゆびハグ」のワークショップ。
http://ameblo.jp/pinksen/entry-12277469120.html
(参加お申込みは上記ピンク先生のブログをご覧ください)

日時;7月24日(月)18時〜20時
場所;オーガニックベジタリアンカフェ「レ コッコレ
大阪市中央区北久宝寺町3−4−1

定員;10名(初回の方優先)
参加費;5000円

「ゆびハグ」について
GRACEさんのオリジナル開運&癒しのメソッドです。
気持ちのいいハンドマッサージ、
ある部位に開運の妨げになっている反応があって、
そこをやさしく癒す施術です。
自分自身でできるものですが、
やはり大切なご家族やご友人にやってあげてもらいたいな。

実はこのゆびハグ、ツボのプロである鍼灸師の目からみても、
納得できる理論だと思います。
カラダの末端である「ゆび」に溜まった老廃物を流すことは、
実はカラダにもすごくいいんです。

しかもGRACEさんの包み込むようなお人柄には、
すごく元気をもらえます!

現在、定員数に若干の余裕があるようでして、
当ブログで、こっそりお知らせさせていただきました。
平日ですが、縁やインスピレーションを感じた方はぜひ!
 

| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
Happiness of the Katakuris

Amazonでいろいろ検索していたら、
このようなブツたちを発見しました。
「カタクリ家の幸福」のインポート版。

     


ジュリーつながりで、
サウンド・オブ・ミュージックっぽいジャケがイカす。
なかなかいいセンスしてんな、オイ!(笑)

この「キング・オブ・娯楽映画」といえる名作(珍作?)は、
もちろん正規版が断然オススメですが、
インポートもちょっと興味が湧いてきた。
「カタクリ家コレクター」として集めてみようかなぁ。

| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
音楽劇「大悪名」

昨日は梅田芸術劇場で、
音楽劇「大悪名」を観てきました。
豪華キャストによる長年の音楽劇の集大成。


他の音楽劇で歌われたあの曲やこの曲も!
ジュリー音楽劇のファンにはたまらない作品でした。


柴山さんのギターが、すごくいい音で鳴ってるんで、
僕は鳥肌たちっぱなし。


あまり書くとネタバレになりますが、
悪名ファン、朝吉と清次ファンにとっても、
納得&満足いく内容でした。
うるっときたこと数回。
やはり男が男に惚れる(変な意味じゃないよ!)、
そんな美学がひしひしと伝わる演技。


また共演者の芸達者ぶりにも感動、
随所に見どころのあるお芝居でした。
それにしても土田早苗さん、お美しい。

 

daihon.png



ジュリー版悪名に興味のある方は、コチラもぜひ!

 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
Of 8 Minutes 7

芸歴45周年、
ムーンライダーズ加入40周年の白井良明さん。
ダブル・アニバーサリー・イヤー第一弾、
4/22に数量限定アナログレコードリリース。
プレイヤーのない方も安心のCDつきです。



オータ・コージさんと
柏倉隆史さんのツインドラム、
ベース、雲丹亀卓人さん、
パーカッション、後藤まさるさんによる、
グルーヴ感がみっちりのインストナンバー。
B面もお値打ち!


僕たちジュリーファンにとって
お馴染みのギターの音。
オータ・コージさんは、
新曲「揺るぎない優しさ」にも参加されています。
あまり存じなかった方ですが、
「英国ロック好き」のツボはバッチリですからね。
今後もチェックしたいドラマーです。

さて、この「Of 8 Minutes 7」、
ギターサウンドを愛する者として、
やはり耳を奪われますね。
聴いてて気持ちいいし、「おおっ〜」と唸ります。
ご興味のある方はぜひ!

おっと、アマゾンではすでに在庫切れ!



白井良明さんのダブル・アニバーサリー・イヤーからも
目が離せないです。あ、耳を離せないか。

| 愛すべきドーナツ盤 | comments(0) | ブログトップ |
50年分シングルまとめ

50周年を記念して、
50年分のシングル盤を並べた企画。
我ながら根気よく続いたものです。
昔から厭きやすい性格で、
コツコツ型のミッションなんて
コンプリートしたことがなく、
今回は自分で自分をほめてあげたい気分です。

たかがジャケをスマホで撮って、ブログにあげて、
当時の世相的なことと、
公開された映画やらテレビ番組を紹介する程度で
うーん、これだけの労力。
沢田研二デビュー50周年の重さを、
こういうカタチで実感するのもアリだろう。

で、とりあえず見やすいように(誰が?)
まとめてリンクを貼っておきます。
いずれ誰かの何かのタシになれば、
僕としては満足です。

1967年(昭和42年)1968年(昭和43年)1969年(昭和44年)
1970年(昭和45年)1971年(昭和46年)1972年(昭和47年)
1973年(昭和48年)1974年(昭和49年)1975年(昭和50年)
1976年(昭和51年)1977年(昭和52年)1978年(昭和53年)
1979年(昭和54年)1980年(昭和55年)1981年(昭和56年)
1982年(昭和57年)1983年(昭和58年)1984年(昭和59年)
1985年(昭和60年)1986年(昭和61年)1987年(昭和62年)
1988年(昭和63年)1989年(平成元年)1990年(平成 2年)
1991年(平成 3年)1992年(平成 4年)1993年(平成 5年)
1994年(平成 6年)1995年(平成 7年)1996年(平成 8年)
1997年(平成 9年)1998年(平成10年)1999年(平成11年)
2000年(平成12年)2001年(平成13年)2002年(平成14年)
2003年(平成15年)2004年(平成16年)2005年(平成17年)
2006年(平成18年)2007年(平成19年)2008年(平成20年)
2009年(平成21年)2010年(平成22年)2011年(平成23年)
2012年(平成24年)2013年(平成25年)2014年(平成26年)
2015年(平成27年)2016年(平成28年)2017年(平成29年)


こんな拙い記事でも、
応援してくださったMariko.K 様、
facebookにコメントをくださった皆さま、
おかげで無事に全部紹介できましたよ!
ありがとうございました。
この企画の最後に、僕もこれを言わせてもらいます。

『ヨッお疲れさん シュポー』

 

 

| 50周年記念 | comments(2) | ブログトップ |
2017年(平成29年)

2017年といえば、今年。
沢田研二デビュー50周年。


ラブ&ピース!
円熟した広い心で50周年を共に祝いましょう!


今年のジュリーは来月から「音楽劇 大悪名」。
オールスター総出演、シュリー音楽劇の集大成。
7月から「50周年記念ライブ」。
そして記念すべき50周年のシングルは、
・ISONOMIA


「ISONOMIA」2017/3/11
isonomia.png
この人についてきて、間違いはなかったと実感。
ROCK'N ROLL MARCHと並ぶアンセムソング、
50周年にふさわしいパワー溢れるナンバー。

 

| 50周年記念 | comments(0) | ブログトップ |
2016年(平成28年)

2016年といえば、
マイナンバー制度開始。
SMAP解散騒動。
産廃業者によるビーフカツ不正転売。
軽井沢スキーバス転落事故。
WHOがジカ熱の流行について緊急事態を宣言。
清原逮捕。
読売ジャイアンツ選手の野球賭博問題。
オバマ大統領、キューバ訪問。
北海道新幹線開業。
「安保法(平和安全法制)」施行。
平成28年熊本地震発生
三菱自動車の燃費試験データ不正発覚。
プリンスさん死去。
パナマ文書公開。
伊勢志摩サミット開催。
オバマ大統領広島訪問。
北海道で不明男児を6日ぶりに発見。
113番元素を「ニホニウム」と命名。
舛添要一知事が政治資金問題。
イチロー、日米通算で世界最多4256安打更新。
イギリス、EU離脱是非を問う国民投票で離脱派が勝利。
ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件。
国立西洋美術館が世界文化遺産に登録決定。
「ポケモン GO」の日本配信開始。
相模原障害者施設殺傷事件。
リオデジャネイロオリンピック。
イチロー、史上30人目のMLB通算3000本安打達成。
台風第10号、太平洋側から東北地方に直接上陸。
小池都知事、豊洲への築地市場移転を延期。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」連載終了。
10月12日東京大停電。
ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞。
福岡市で大規模陥没事故。
ドナルド・トランプがアメリカ合衆国大統領に。
糸魚川市大規模火災。
安倍首相がオバマ大統領と共に真珠湾を訪問。


映画は、
・の・ようなもの のようなもの
・白鯨との闘い
・信長協奏曲
・オデッセイ
・家族はつらいよ
・リップヴァンウィンクルの花嫁
・アイアムアヒーロー
・殿、利息でござる!
・デッドプール
・探偵ミタライの事件簿 星籠の海
・帰ってきたヒトラー
・TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
・ファインディング・ドリー
・シン・ゴジラ
・ジャングル・ブック
・ゴーストバスターズ
・君の名は。
・後妻業の女
・ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK
・超高速!参勤交代 リターンズ
・スーサイド・スクワッド
・真田十勇士
・ハドソン川の奇跡
・海賊とよばれた男
などが公開されました。

テレビは、
真田丸
とと姉ちゃん
べっぴんさん
ダメな私に恋してください
ヒガンバナ 警視庁捜査七課
スミカスミレ
東京センチメンタル
重版出来!
神の舌を持つ男
THE LAST COP/ラストコップ
99.9 -刑事専門弁護士-
仰げば尊し
など。


この年のジュリーは「音楽劇悪名」
そしてリリースしたシングルは、
・un democratic love


「un democratic love」2016/3/11
undemocraticlove.png
ベースギターに依知川さんが戻ってきた!

| 50周年記念 | comments(0) | ブログトップ |
Page: 2/64  << >>

 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS