プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

5/13、14 フェスティバルホール

5月13、14日と2日続けてフェスティバルホールに行ってきました。
2日続けてのライブは、仕事を持つ身ではなかなか難しいんですが、
勤勉かつ様々な現実問題を抱える日本国民と社会にとって、
「誰が決めたんや狂気の10連休」も、
必要とされている者として反骨精神で休まず働いたので、
大手を振って出かけました。
 
今回のライブ、ギター1本のパフォーマンスに磨きがかかっていました。
前回はバンド編成でない違和感というか、
広いステージに、ぽつんとおふたりきりの姿に、
一抹の寂しさや物足りなさも感じたのですが、
今回はそんな素人の心配もゼロで、
まさに「圧巻」というコトバがふさわしいライブでした。

下世話なことに、ふだんから僕はCDを聴きながら、
どの曲がこの編成にふさわしいだろうかなんて、
いろいろと妄想しているんだけど、
「まさかこの曲が」って選曲もあって驚きました。
もはやジュリー&柴山さんに不可能はないのではと思います。

フリーの「オール・ライト・ナウ」を彷彿させるアレンジや、
繊細なピアノや管弦の音を忠実に弾いたり、
タテにヨコにレンジが広いギタープレイ。

そして何よりジュリーの歌。
最近はうちのバンドのメンバーも、
ライブに連れて行ってるんですが、
沢田研二というシンガーに出会わせてやったことに、
大いに感謝されている僕。

本当はセットリストを一曲ずつ解説しようと思ったんですけど、
感じ方はそれぞれなので、やめました。
それより、とにかく皆さま、ライブに行ってください。
「むっちゃ楽しませてくれます!」
それが僕の最上級の評価だ。

さて、今後、アンコールでの柴山さんの姿はどうなっていくのかニャー。
それが今から楽しみだニャー。

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |









 

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS