プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ジュリーとビートルズのアルバム

えっ?もう11月ってな感じの今日この頃。
皆さま、秋の夜長を有意義にお過ごしでしょうか?

僕は相変わらずの「ジュリーな毎日」。
まあ、春でも秋でも真冬でも、
年がら年中それは変わらないんですけど。

最近はポールの来日で、ビートルズも聴くことが多いのですが、
ふとジュリーのアルバムとビートルズの
アルバムの共通点に気づいてしまいました。

それはどちらも「これだけ聴いとけばいい」っていう代表作とか、
定番盤がないということ。
アルバムごとにコンセプトや新たな試み、仕掛けがあって、
どれか一枚だなんて選べない。
で、どれも古臭さってないんですよね。

確かにビートルズには「サージェントペッパー」や「アビーロード」という
押しも押されぬ名盤はありますが、
だからといってそれがすべてじゃない。
あと赤盤青盤という入門用のベスト盤もあるけど、
それだけ聴いてビートルズを分かった気でいる残念な人もいる。

同じくジュリーもロイヤルストレートフラッシュの1と2くらい聴いて、
すべてを熟知した気になっている人もいます。
おそらくこないだの騒動で、やたらとネガティブな発言してたのは、
その類いの人たちなんでしょう。

もちろんベスト盤はベスト盤で、素晴らしいし、
楽しい聴き方もあるんですけど、
やはりジュリーの音楽性に触れたいなら、アルバムを聴かないと。

とにかくゲージュツの秋です。
ファンの皆さまは、ジュリーのアルバムをじっくり聴いて、
心を打たれたり、魂を揺さぶられたり、
きゅんときたり、再発見したり、ゆったり楽しみましょう。

 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |









 
Amazon music

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS