プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ゲンダイと野島茂朗とやらについて

僕はゲンダイのジュリーに対する名誉棄損な記事で、
ファンとして大いに傷ついています。
ほとんどのクールで大人なファンは、
鼻で笑って終わりなんでしょうけど、
僕は未熟なもので、溜飲を下げねば気が済まないし、
彼らもこれでお金を稼いでいるなら、
物書きとしての批判は甘んじて受け入れるべきだろう。
読書感想文だ!ありがたがりやがれ!
(一部感情的な書き方をするけど、向こうに合わせてのものだ)

「沢田研二」の名前を出せばお金になる。
今回の騒ぎで、ここぞとばかり涌いてきた落ち目タレントどもの批判や、
ネット掲示板の悪意ある書き込みを読んで、
ゲンダイはジュリー本人に直接取材するわけでもなく、
スター後遺症、裸の王様、そして「芸能界の老害」と、
言いたい放題のことをいう。

で、ゲンダイは何が気に食わなくてそんな誹謗中傷をするのか。
「大ヒット曲を何曲も持っていながら、
それにあぐらをかいてサービス不足だったり、
若いファンの獲得に乗り出すといった努力をしてこなかった自業自得のツケが、今回の騒動の原因」

なんじゃそれ?
的外れも甚だしい。
いや、むしろジュリーがゲンダイに気に入られるタイプの人だったら、
僕や僕の同志はファンをやっていないぞ。

こういうことしか書けない人は、
「お気の毒様」というより他はないだろう。
ゲンダイのほうが先細り(全盛期があったかも知りませんけど)であることは確かなんだから。

年齢層、性別、職種、所得、
一体どのようなタイプがゲンダイを愛しているのだろうか。
僕は50歳ですが、身近な同年代にゲンダイの読者はいないし、
下の世代はおそらくさらに皆無だ。
購買層は60歳以上?70?80?90?
若い読者層を増やそうとしてる?
得意気にジュリーを批判してるけど、自業自得なあなたにそっくりお返し(笑)

どちらにせよ、乏しい年金でこんなドブにお金を捨てるような買い物は、
そろそろ誰もしなくなりますよ。
どうせお金を使うんだったら、
もっと博識を深めたり、心が豊かになったり、感動できるツールは世にごまんとあるだろうに・・・。
ネットでタダ見してこの不愉快さ。

ところでゲンダイって100円くらい?
みんなコンビニで買うの?
それなら肉まんでも買ってほっこりしたほうがいいと思う。
精神衛生上、ぜったい肉まんのほうが上だって!肉まんは美味いぞ。
ゲンダイはまずいぞ。陰気な気分にさせられるぞ。

それはさておき、ゲンダイの記事は続く。
今度は芸能プロデューサーの野島茂朗とやらが出てくる。

「沢田さんの影響を受けたと公言するアーティストとコラボをしたり、
一緒にライブをなさったら、盛り上がるでしょうにもったいない」

「若手も仲間も嫌だというのでしたら、もうホールでのツアーは先細りでしょう。それでもやられるのでしたら、カラオケスナックツアーをなさってはいかがでしょうか。沢田さんの都内の事務所の近くには、飲み屋街があり、経営者の高齢化に伴って居抜きのカラオケスナック物件がお得な条件で出ています。カラオケスナック『ジュリー』を出されても、ファンの呼び戻しに絶大な効果があると思いますよ」

さてと、野島茂朗、エラそうなことをいうではないか。
さっそく芸能プロデューサー「野島茂朗」の人物像を検索する。
さて芸能界でどれほどの威厳のある人物なのでしょうか?

調べりゃすぐわかる。
ネットって便利だね。

野島茂朗(ノジマ シゲアキ)
評論家・コメンテーター/ジャーナリスト/歌手・アーティスト/俳優
1970/11/28生まれ
特技;自虐 ハイトーンボーカル
趣味;詐欺メタルキミワル系
代表作品;5時に夢中! (TOKYO MX)
DEEP NIGHT (テレビ東京)
ガキ★ロック (映画)
落とし穴と吉原行きの嬢王 (シングル)

なんじゃ、コイツ?
皆さんも野島茂朗で検索して、自己責任で「人相」をみてやって。
「変なん出てきた!あちゃ〜」と言葉を失くしますよ。
人を外見で判断するのはイヤだけど、
今から中身を叩いてやるから安心しな!
叩かれる覚悟があったうえで、カネもらって発言してんだろうし。

・・・こ、こんなのが世間様に、知った風な口で、物を申すか?
ゲンダイはこんなヤツを使って、一体何をやっているのか。
購買層は野島茂朗がこの程度の小物だと知って、
ゲンダイの記事を読んでいるのか?

プロフィールに並べたこれだけの肩書の羅列で、
ひとつでも世間から認められているものがあるのか?
ご存知の方がいたら教えてくれ。

自身のショボさを棚に上げて、イヤミで締めくくる人間性。
心根というやつだ。彼には愛や情熱のある批評はできないとみた。
覚悟も責任も感じられない。
このくだらないコメントでいくらのギャラになるんだろうね。
こいつもいいように利用されているだけって気もするが。

ジュリーの音楽性もファンとの絆も、
低能で無責任な芸能界と距離を置いていること、
自分が生きている間は、自分の曲は他人に歌われたくないという、
ジュリーとファンが共有している楽曲への愛情等々、
野島茂朗は一切知らない。

いや野島茂朗に百回説明してもきっと理解できんだろう。
得意げにファンにケンカ売っているけど、
「野島茂朗vs我ら同志」で勝てる見込みがひとつでもある?
そもそもオマエがジュリーの音楽活動に指図できることなんてある?
ジャーナリストと名乗っているけど、ちゃんと取材した?
ネット掲示板の書き込みがネタ元なのが、丸わかり。

ゲンダイは、
かつてのスターのプライドだけが体形と同じく肥大化したジュリー。
「あと10年やる」と80歳まで現役で歌い続ける決意を語っていたが、
ドタキャンを食らったファンの心境はまさに「勝手にしやがれ」ではないか。
と締めくくる。

最後にうまいこと言ったつもりか、
そのセンス、最低。三流芸人以下。
「よく言った!」とウシャウシャ喜ぶ人がいると想像するゲンダイの心理が怖い。

ゲンダイさん、野島さん、ホントにもう余計なお世話です。
ファンの心境を代弁するような得手勝手な意見も、
カラオケスナック『ジュリー』も、
本当に必要ありません。
もう関わらないで!こっち見んな!
わざわざファンを不愉快にするエネルギーがあるなら、
もう少しマシなほうに使いませんか?
無理ですか?ああ、そうだろうね。
その程度だろうね。限界ギリギリなんだろうね。

まあ所詮マスコミってそんなもの。
僕もSAYAKAホールの前で、TBSと朝日放送からインタビュー受けたんですけどね、
朝日のほうは30分くらいマスコミ批判してやった。
相手はネガティブな話を聞きだそうと、
「しつこくてすみませんが・・・」と、
うんざりするくらい執拗に何度も引き下がったけど、
そもそも価値観のベクトルが違うから平行線。
先方は理解できない。

結局、無報酬であんだけ喋ってやったのに
放送されへんかったやんけ!
でもそれは、僕が連中が望んでいることを喋らなかったから。
お茶の間でヨダレたらして待っている、
忠実なドレイたちの好むエサをポトリと落とさなかったから。
あいつらの煽動や支配に従わないから。
でもそれがマスコミ。
ジャーナリズムとやら。

今回の件で分かったことは、
テレビやマスコミが押しつける正義や道徳には裏がある、
けっして鵜呑みにしてはいけないこと。
そこんとこは、肝に銘じなければならない。
「一般大衆の抱くイメージ」なんていうのも、彼らによって作られたもの。
もう騙されません。

 

| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |









 
Amazon music

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS