プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

猫のはなし

昨年の夏くらいから、我が家のリビングの窓に、
一匹のノラ猫が顔を覗かせるようになった。

元々、日陰で寝そべっているそいつが、
ガリガリに痩せて気の毒だったので、
早朝に息子と釣ってきた小アジをポンと投げてやったら、
黙ってそれをくわえて去っていった。

今までさんざん口ずさんだり耳にしてきた「♪お魚くわえたドラ猫」だが、
現実に見るのははじめてだったので、ちょっと得した気分になった。

しばらく時間が経って、窓の外を眺めると、
そいつがこちらを見上げているのと目が合った。
それでお酒のアテとして買っておいたチーカマを投げてやったら、
ふたたび黙ってそれをくわえて去っていった。

その日以来、窓の外を見ると、たいていそいつがこっちを見ている。
でも人が食べる加工食品を猫に与えるのはよくないという知識もあり、
それなら、と釣ってきた魚を干物にしてやるようになったのだが、
気がつけばその夏は、猫のために魚釣りに行っていたようなものだ。

しかし非情にも季節は移りゆくもの。
秋が深まって夜釣りも寒くなり、苦痛を伴うようになれば、
海に行くのも億劫になってしまい、
とうとうストックの猫用干物も底をついてしまったため、
仕方なくペットショップでキャットフードを購入することにした。

本来、そこまでしてやる義理はない。
というのも、これだけしてやっても懐く気配がまったくない。
せめて「ニヤァ」とでも鳴けば愛着がわくものだが、
エサをもらう立場でこちらをすごく警戒している。
「最初はガリガリに痩せていたのにすっかり見違えるようになった」という、
こちらの自己満足に過ぎない。

ペットフードは袋に小分けされているものを買った。
それをリビングの窓から身を乗り出して、
植木鉢の受け皿に入れてやっている。
警戒心の強い猫は、その間、後ろに非難している。
僕が窓を閉めると、背伸びなんかしながら白々しく近づいてきて、
「たまたまそこにあったエサ」として食う。
自らリビングの窓を覗き込んできて、
僕とはっきり目が合ったとしてもだ。

キャットフード購入の際、ネコ用のおやつにも興味がわいた。
これを手から直接食べるようになったら、
ひょっとしたら癒された気分になるかもと思い、
ジャーキーのようなものを買ってみた。

おやつを奪い取ろうと引っ張ってきたけど、
人の握力に勝てるものか!と僕も抵抗する。
「出た!これがネコパンチか!」と少し癒されかけたかと思った次の瞬間、
そいつは僕に向かって「シャー」と凄みをきかせたと思ったら、
手を思い切り引っ掻かれた。

翌日から割り箸で挟んであげるようになった。
毎回、巧みにそれを奪い取られる。
スキンシップなんてあったものではない。
人間嫌いなワイルドな食欲があるのみ。

でもこの間のクリスマス、ちょっとした出来事があった。
CMでもよく流れているチャオチュール(まぐろ味)というペースト状のエサはすごかった。
あれはネコにとって何だろう、奪い取ることも忘れて、
懸命に舐めとろうとする。
はじめて僕の手から食った!
さらに絞り出してやろうと一旦引っ込めたら「シャー」と怒る。
「アカン、全然癒されへん!」と
こちらの手がつりそうになるのをこらえながら、
一本完食させることに成功した。

でも翌日から普通のキャットフードに対する反応が悪くなった。
チャオチュールは特別な日にあげることにした。

 

ベッピンさんなネコでしょ

| その他諸々 | comments(2) | ブログトップ |
チャオチュールはおやつなのでは? いつもは媚びる事のない子達が我と理性??を忘れ舐めまくる姿は、麻薬的で気味が悪い(猫は好きなんですがね)
ふっ、yasutomiさん、すっかりしてやられてますね。(⌒‐⌒)
Posted by: Mariko.K |at: 2018/02/07 12:32 AM
チャオチュールのとき以外は、全然懐かないんですけど、それがツンデレっぽくて、心をくすぐられます。
願わくば、野良猫のプライドにかけて、他の人間にも懐かないように。

ちょっとムカつくのは、ふつうのドライフードをやるときは、とてもしょーもなさそうな顔をすることです。
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2018/02/07 2:23 AM









 
ギフト

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS