プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

都々逸にハマる

最近、ちょっとハマっているのが都々逸(どどいつ)。
七・七・七・五調の音律数で粋な文句に、
チントンシャンとこれまた艶っぽい三味線。


♪三千〜世界のォ〜鴉を殺し ぬしと添い寝が〜してぇみた〜ぁい

♪金のぉ〜屏風に〜墨絵の牡丹〜 中にぃ二ぁ人の〜 狂い獅子


お座敷で芸者さんに聴かせてもらうとか、
そういう贅沢な身分ではありませんが、
なにしろ「情歌」と呼ばれるものですからね、
ニポンゴ、ベリー、ソウルフルネ!


僕の知人でソングライターである艾アツシ氏がいうには、
「ブルースだって12小節A・A・Bの形式のうえに、
ブルーノートスケールという旋律があり、
感情を歌にしているわけで、
都々逸とは赤の他人だとは思えない」とのこと。


たとえば、

あいつは心やさしい女だけれど ひどい仕打ちをしてばかり
あいつは心やさいい女だけれど ひどい仕打ちをしてばかり
おれを殺してみなければ 自分でそれに気がつかない

というような歌詞にA・A・Bの決まりごとがあって、
さらに比喩も多く用いられています。


おれは大釘打ちの名人だ 一本お前に打たせてくれよ×2
俺の名前知ってるやつには おれの釘打ち知れ渡ってる

とか、

彼は私の手つかずのキャベツを茹でて それをすごく煮えたぎらせて×2
それからベーコンを中に入れ 鍋をあふれさせたのよ

などといった感じ。
もっともっとどぎついのもあるけど、ここじゃこの辺でご勘弁。
でも都々逸とブルースの似たような感じ、お分かりいただけたと思います。

 
それに三味線の音色がこれまたいい!
三味線にもさまざまなテクニックがあって、
ブルースギターに通じるようなソウルを感じるんです。
基本的に弾き語り。
三味線の風情のある音や間が素晴らしい。
若い頃はギターをジャンジャカかき鳴らして、大声で熱唱して
「これぞロック!」なんて思っていましたが、
たまにはこういう粋な世界に触れるべきだと思っています。


問題なのは、じゃあ僕がそんな風情のある三味線が弾けるか、
艾アツシ氏も「自分で都々逸を作れるようになりたい」などと言っていますが、
彼にそんな粋な文句を思いつく才能はあるのだろうか。


まだまだ先の長いテーマになりますが、
でも都々逸や小唄にハマって、
また人生が少し楽しくなった気がしています。

(都々逸は1分24秒くらいから)

うめ吉Love!

 

| 音楽のこと | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS