プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

8/1 大阪フェスティバルホール
8月1日、大阪フェスティバルホール。

まずライブ前、会場のSEがSIDE B COLLECTIONかと思いきや、きっちり正規(?)のB面だったので、開場とともに入ってラッキーでした。

オーティスのデビュー曲をバックに、ジュリーの50年の歳月。
いい!もっともっとロングバージョンがあったらいいのに。ずっと見てたいです。

そしてライブ本編、怒涛の50曲は圧巻。
曲順も「次はこうきたか!」と唸らせる、単なるヒット曲の羅列ではなく、魂を奮わせるセットリスト!50年の間、単なるヒット曲を量産してきただけではないと確信しました。新旧を感じないんです。ジュリーの歌声を聴いたら、「同時オレ何歳」なんてどうでも良くて、どの曲も2017年8月1日の音楽でした。

中には驚きのアレンジや、アルバムのギターオーケストレーション・バージョンで聴けた曲もあり、バンドも割増しでリハを繰り返したのではないでしょうか。相変わらず最高の演奏とグルーヴを聴かせてくれました。

ほぼSG一本で、これほどまでの音色を出す柴山さん、「凄い」の一言につきます。
今回もまたアンプの向きが変わってましたけど、飽くなきサウンドの追求が嬉しくなります。

個人的には、久しぶりのあの曲で、オーディエンスがみんな「♪チャッチャッチャ」を覚えてたのが嬉しくて、そこはちょっと鳥肌たちました。

思えば、会場の老若男女の皆さんとともに過ごしたファン歴でもあります。
自分ひとりでマニアックなファンを気取ってきましたが、やはりジュリーはライブが一番!そしてその中で欠かせないのが、心あるオーディエンスの皆さまなんだと、あらためて思いました。
50年、走り続けたジュリーと客席の皆さまに感謝を申し上げます。

ただ3階席の「アレ」はいただけませんよね〜。
この際、ファンによる自浄力で、ルールを決めませんか。
1階席はスタンド、2階席以上は座って観る。手拍子や惜しみない拍手で参加できるのだから。

昨夜のパフォーマンスも、ファンとして誇らしく、またジュリーとバンドの皆さまから日常を頑張るパワーを貰いました。
今回歌われなかった曲たちもいずれ聴かせて欲しいです。

50周年を迎えても、お楽しみはまだまだ。今後もジュリーご自身、そしてスタッフの皆さま、オーディエンス、会場の全員が気分よく「ア・ワンダフルタイム」を共有し続けることができたら素晴らしいですね。

(追記)本当はルールなんかないほうがいいんですけどね。
うちは息子とふたりで並ぶと壁になって、後ろの座席の方に気の毒だから、大抵チケットは別に取っています。
ふだんは僕がスタンドをあきらめて、2階席、3階席に座ることが多いんだけど、毎回「座って〜」という声が聞こえてきて、ときには男性客の怒号まで飛んで、ライブに集中できなくてうんざり。

たとえば「ジャンピング禁止」のホールでは皆さんジャンピングはガマンしたりするわけじゃないですか。

ルールというよりか、もういい大人なんだから、エチケットとして互いに譲り合いましょうよ。「不自由」なことではないんです。本人が「不自由」だと思い込まない限りは。
| 50周年記念 | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS