プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

佐野元春& THE COYOTE GRAND ROCKESTRA
5月に発売された佐野さんの2枚組のライブ盤「佐野元春& THE COYOTE GRAND ROCKESTRA」。
今年3月に東京国際フォーラムで行われたライブの音源だ。

佐野さんほど、ロックをスタイリッシュにカッコよく表現できるアーティストはいるだろうか。

もちろんロックの表現も千差万別あって、髪を乱し拳を振り上げたり、体制にツバを吐きかけるのもロックだ。
ゆえにロックには、コアでカルトでマニアなパフォーマンスを求められるケースもある。

ときにそんな排他的な間口の狭さこそが、ロックだというケースもある。皮肉にもそれは不自由だけど。

しかし佐野さんのように、オーディエンスが3世代に渡るようなキャリアになると、いわゆる「いかにもロック(ファッションも含む)」のカタにハマらず、どの世代、どの立場の人でもシェアできる自由な「音楽愛」を感じる。

別に不良でなくても、学生だろうが主婦だろうが、労働者でも経営者でも、あるいは失業中の身の上だろうが、老若男女、すべての人がもつ自由で平等な「魂」を、佐野元春は、パワフルなビートとソリッドなサウンドにのせて表現する。

僕自身、小6で佐野元春と出会ってから、「アンジェリーナ」や「ガラスのジェネレーション」、「SOMEDAY」とともに、10代を過ごした。

またそんな多感な年頃に、サウンドストリートという佐野さんのラジオ番組を通じて、数々のシビレる音楽たちと出会った。

そんな僕もやがて48歳になり、外見も体力もいい加減衰えを感じる中年男になったのに、まだ「SOMEDAY」に力を感じる。それは「当時の気持ちがよみがえる」というのではなく、このくたびれたおっさんが奮い立つ「SOMEDAY」だ。

2枚組のうち1枚目は、近年の新しい楽曲がしめている。
2枚目はお馴染みのナンバー。

佐野さんのライブ盤はHEARTLAND時代に2作品出ていて、集大成といえる「THE GOLDEN RING」が圧巻だけど、今作品もまたライブのベスト盤だ。

「佐野元春ってどんな人?」という初心者、「若い頃、佐野元春をよく聴いた」というOB、そしてもちろん、ずっと佐野元春を聞き続けている人にとっても、胸躍る内容だ。

しかもこのライブ盤、素晴らしく音がいい。
ボーカルはもちろん、各パートの音が鮮明に聞き取れる。楽器をやる人にもぜひ聴いてもらいたい。

新旧、内外のロックを熟知している佐野さんだから、「ロックはこうやるとカッコいい」みたいなツボを、熟練の手つきで無駄なくぐいぐい突いてくる。

バンドのグルーヴもいい感じだし、ミキシングの職人技に惚れぼれする。
ついつい無意識にステレオのボリュームを上げてしまうようなこのライブ盤。

さらに今月にはニューアルバムもリリース。楽しみは尽きない。

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS