プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

2010年(平成22年)

2010年といえば、
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還
「ゲゲゲの女房」ブーム。
池上彰さんの「いい質問ですねぇ」、
「食べるラー油」などもブーム。


映画は
・板尾創路の脱獄王
・ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
・ゴールデンスランバー
・パラノーマル・アクティビティ
・ハート・ロッカー
・マイレージ、マイライフ
・月に囚われた男
・第9地区
・シーサイドモーテル
・アウトレイジ
・ザ・ウォーカー
・借りぐらしのアリエッティ
・BECK
・悪人
・十三人の刺客
・大奥
・エクスペンダブルズ
・ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
・ゲゲゲの女房
・武士の家計簿
・キック・アス
などが公開されました。


テレビは、
・龍馬伝
・曲げられない女
・怪物くん
・Q10
・警部補 矢部謙三
・ヤマトナデシコ七変化
・ヤンキー君とメガネちゃん
・闇金ウシジマくん
・モテキ
・まっすぐな男
・不毛地帯
など。やっぱりあんまり知らないや。


この年のジュリーは「新・センセイの鞄」、
そしてJULIE with THE WILD ONES。
この年リリースされたシングルは、
・渚でシャララ(JULIE with THE WILD ONES)
・涙色の空(シングル?アルバム?)


「渚でシャララ」2010/2/10
nagisadesyarara.png
振付も覚えましたよ!
加瀬邦彦プロデュース、CDプロデューサー木崎賢治。
「渚のラブレター」と
「思い出の渚」(ザ・ワイルドワンズ)のオマージュ強し。


「涙色の空」2010/9/1
namidaironosora.png
歌詞、メロディともに素晴らしい。
やっぱり「愛」ですよね!

| 50周年記念 | comments(2) | ブログトップ |
「渚でシャララ」のPV?ですよね、控え室からマスク付きで移動して 歌い?踊り途中で人間に戻るやつ、楽しすぎて何度もみました。 白鷲さんの動きが一番優雅で色っぽく思えたのはやはり贔屓目でしょうかね。 また、共演する姿が見たかったです。
Posted by: Mariko.K |at: 2017/04/12 12:14 AM
加瀬さんが「オーディエンスを元気にしたい」と仰っていましたが、とてもキャッチーな曲で、確かにみんな元気をもらいましたね!

動きのしなやかさや見栄の切り方などは、さすがジュリーといった印象を受けました。ジュリーwithザ・ワイルドワンズは期間限定でなく、定期的に観たかったです。

50周年記念ライブでも、また加瀬さんの存在にも触れたいですね。たぶん僕たちオーディエンスも、きっと感じられるはずだと思います。
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2017/04/12 1:59 AM









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS