プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

1976年(昭和51年)

1976年は、
ロッキード事件、
植村直己の北極圏犬ゾリ横断達成、
アントニオ猪木対モハメド・アリの異種格闘技戦、
ピンク・レディーのレコードデビュー、
そして週刊少年ジャンプで「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(こち亀)の連載が開始された年です。
 
 
ヤマザキナビスコ「チップスター」
日清食品「日清焼そばU.F.O.」
日清食品「どん兵衛きつねうどん
花王石鹸「ケープ」
石屋製菓「北海道銘菓 白い恋人」などが新発売。
 
 
アップルコンピュータ(現:アップル)が設立された年でもあるんですね。
僕のほうはロボコンの超合金と、ミクロマン集めに熱中していた頃、
映画ではデ・ニーロの「タクシードライバー」や、
邦画は「犬神家の一族」など。
ジュリーの「パリの哀愁」が公開されたのもこの年ですね。
 
 
テレビ番組はバラエティーが充実ですね。
・徹子の部屋、
・欽ちゃんのどこまでやるの!?
・みごろ!たべごろ!笑いごろ!
・クイズダービー
・スターどっきり(秘)報告
・お笑いマンガ道場
などがスタートしています。
 
 
子供向けでは、
・超神ビビューン
・宇宙鉄人キョーダイン
・忍者キャプター
・プロレスの星 アステカイザー
・恐竜探険隊ボーンフリー

・まんが日本昔ばなし
・母をたずねて三千里
・大空魔竜ガイキング
・マシンハヤブサ
・UFO戦士ダイアポロン
・超電磁ロボ コン・バトラーV
・マグネロボ ガ・キーン
・キャンディ・キャンディ
・ポールのミラクル大作戦
・ドカベン
・ろぼっ子ビートン
など。
 
 
中でも僕は「忍者キャプター」が好きでした。
「マシンハヤブサ」の最終回は圧巻、
「コン・バトラーV」は身長57メートル、体重550t!
 
 
さてこの年にリリースされたシングルは以下の3曲。
・立ちどまるなふりむくな
・ウィンクでさよなら
・コバルトの季節の中で
「ELLE」のフランス発売もあります。
 
 
6月にちょっと問題を起こして謹慎なんて事件もありましたが、
その翌年に出演した「トップスターショー」で
田宮二郎さん相手のトークでこのことに触れ、
結果、1977年の怒涛の快進撃につながるわけです。
もしよろしければ、この記事もご覧ください。
http://ariga-to-ne.jugem.jp/?eid=589 
  
 
「立ちどまるなふりむくな」1976/1/21
tachidomarunafurimukuna.png 
フォークっぽさが時代を感じます
 
 
「ウィンクでさよなら」1976/9/10
winkdesayonara.png 
こ、この髪型は!?
意外とクリーンなカッティングギターのプレイがツボです。
ユーミン作詞、加瀬さん作曲。

 
 
「コバルトの季節の中で」1976/9/10
kobarutonokisetsunonakade.png
名曲ですね。
このギターの音が出んのよ、なかなか。
作詞;小谷夏(久世光彦)、作曲;沢田研二
 

 
 

| 50周年記念 | comments(2) | ブログトップ |
衝撃的なサイババヘア! あとひとつ似合わないな、と思ったのが角刈りのようなテクノのような短髪がありましたよね、皆さんはどうだったのかな。
若い人のジュリーは本当に長髪がよく似合うひとでした。
Posted by: Mariko.K |at: 2017/02/14 8:50 AM
今年の音楽劇では、もっとすごい髪型になるともっぱらの噂ですよ!
80年代のショートヘアは、真似させていただきました。ちょうど中3の終わり。でも土台が違うのでやたらと体育会系になってしまい、そのせいか高校で柔道部に入部してしまいました。
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2017/02/14 10:10 AM









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS