プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

来年もよろしくお願いします

早いもので今年ももう終わりです。
2016年は皆さまにとってどんな「ジュリーな一年」でしたか?


僕はおかげさまで、大阪のライブはすべて観に行くことができ、
またGRACEさんや泰輝さんのイベントにも参加させていただきました。


そして私事ながら、秋には弾き語りライブで、
アマチュアパフォーマーとしての活動も再開しました。


ここのところ、ゆっくりブログを書く時間と集中力がなくて、
当ブログにお越しいただく皆さまには不義理しっぱなしで、
大変申し訳なく思っています。


そんな中、皆さまのご厚意によって、
アマゾンのリンクで得たお金は、
(報酬が5,000円になると振り込まれるんです、半年に一回くらい)
震災復興の募金をさせていただいております。
いつもご協力ありがとうございます。


どんなに忙しくても、
タイトルどおり「ジュリーな毎日」を過ごしておりまして、
facebook等ではあれこれ呟いていたりしますので、
よろしければ僕の名前で検索してみてください。


来年はまたいろいろと楽しみがありますね。
(ラッキーなことに、さっそく正月ライブは「お年玉席」をゲットしました)
2017年はきっと「筋金入りのただのジュリーファン」として、
「物申す」機会も増える予感がしております。
皆さま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。



 

| その他諸々 | comments(8) | ブログトップ |
沢田研二氏も今年69歳。
60超えてから九条、反原発。
あと5年続けるつもりですか?

昼から酒のんで、晩酌は毎晩5合。
酒太りで声も正直出てません。
 
自然に抗わず、好きな仕事だけやる。
男の美学なんて無用。

いつもファンを裏切っていたい。
イメージを掴まれるな。

毎年、新しい曲だし、ツアー。
懐メロでなく現役。

これから、何処に向かうのですか?
ファンはついていくでしょう。

それで満足なんですか?

yoshimotoさん、代弁してくだい。



Posted by: KOKO |at: 2017/01/05 11:19 AM
代弁なんておこがましくて恐縮で、
あくまで僕の意見を述べさせていただきます。
 
体制や価値観、しがらみに媚びず、
ラブ&ピースな願いをこめて、
歌いたいことをうたう。
美学だなぁ、ロックだなぁと思います。
僕はリスペクトしていますよ。
  
KOKOさんはライブでご覧になられましたか?
ご覧になったうえでのご批判なら、たぶん僕とは水掛け論になると思います。
 
というのは、僕は音楽、とりわけロックやブルース、ソウルが好きなので、
ひょっとしたら多数派が求めるものとはちょっと観点が違うんだろうけど、
僕の音楽仲間(息子やその友人も含む)たちとは、今のジュリーの凄さを共有できているんですよね。

ライブでは、あの年齢で昔の曲も原曲のキーのまま歌っている凄さ、しかもモニターなしであれだけのパフォーマンスができるなんて超人的です。
 
新曲も僕は常に渇望しているんですが、このところのCDの出来栄えはデモテープに近いのかもしれません。ベースも戻ったのに、聴いていて、何か音が足りない。でもそれは、わざとです。
これは僕の邪推かもしれませんが、本編であるライブでオーディエンスとともに完成させていく作品のように感じています。
  
あとお酒は勘弁してやってください。
たぶん年齢とともに量は減ってるだろうし、休肝日も設けられたとか。毎晩5合はKOKOさん、さすがに言い過ぎですよ、きっと(笑)
 
いや、ひょっとしたら頼もしいですよ、
僕、今年の元旦はついに一升空けられませんでしたもの。老いを感じました。
 
ファンがついていくかどうか、
それは人それぞれだと思います。
 
僕は今後も「ジュリーな毎日」を過ごします。この場合の「ジュリー」っていうのは沢田研二さんのことはもちろん、すべての「ジュリー的」なものを差すんですけど。そのくらいの感性は長いファン歴で養われてきたと自負しています。ジュリーのおかげで、人生のときどきは、益々楽しいです。
 
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2017/01/06 11:14 AM
丁寧な、お言葉ありがとうございます。

ライブには1975年から、足運んでます。
バンドも39年続けています。

最近、「水の皮膚」のページ捲り
ACT」のDVDを再生し、「夜のみだらな鳥達」を
聴く毎日です。

沢田氏に何を望むのか?
何も望んでいないのか?

リスペクトゆえの疑問が生じている、
そんな毎日です。

正月コンサートにも参加します。
沢田氏のお陰でいろんな世界知ったのに。
Posted by: KOKO |at: 2017/01/06 7:31 PM
KOKOさん、お返事ありがとうございます。
今年はスペシャルなことが起きそうですよね、ぜひ楽しみましょう!
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2017/01/07 11:08 AM
明けましておめでとうございます。
11月にコメントさせてもらった札幌在住の者です。
沢田さんのスタイルに私も?の気持ちになる時も
ありますが、今年も応援していきます。
毎年楽しみにしています。
Posted by: tip |at: 2017/01/09 7:56 PM
tipさん、新年おめでとうございます。
今年も楽しみましょう!




Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2017/01/10 12:49 AM
今年も宜しくお願い致します。

ブルース好きなyasutomiさんもストーンズの新作は聴かれましたか?
きっとジュリーも聴くのだろうな?と不確かな確信のもとで(笑い)購入しました。 まだ耳が育っていないので、解ったような口はきけませんし、ストーンズの大昔がやはりブルースのコピーだったなんて知らなかったので、比較出来ないのですが、どうですか?
ストーンズのブルースについてのyasutomiさんの感想が聞きたいです。

わたしは、格好いいなぁって思うだけです。
Posted by: Mariko.K |at: 2017/01/10 10:16 PM
Mariko.Kさん、今年もよろしくお願いします。

ローリング師匠(と僕は呼んでます)のアルバム、もちろん買いました。
ブルースにもジャンルがあるんですが、今回のはまさに「シカゴブルース」。バンドスタイルとアンプリファイドされたブルースハープ。

攻撃的なリトル・ウォルターの比率が高いですが、僕は大好きなオーティス・ラッシュやマジック・サムの曲をカバーしてくれたのが嬉しい!

まさに原点回帰。自分たちが若い頃から一番好きな音楽を、ニヤニヤしながら演奏しているかのような、そしてどこを切ってもローリング・ストーンズのサウンドになっているのはさすが。

故ブライアン・ジョーンズの魂もレコーディングに参加してるような気がしました。カッコいいジジイたちです。
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2017/01/11 11:04 AM









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS