プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ザ・タイマーズのスペシャルエディション

11月23日、つ、ついにこれがリリースされる!
1989年に発売された名盤中の名盤「THE TIMERS」。


「ザ・タイガース」ではなく「ザ・タイマーズ」。
メンバーはゼリー、トッピ、ボビー、パーの4人。
とにかく風貌や楽曲、言動がショッキングで放送禁止続出、
挙句にフジテレビの「ヒットスタジオ」で大事件をやらかし、
関係各位に大迷惑をかけましたが、
当人たちはヘラヘラしてるというカッコよさ。


当時、僕はすごく影響を受けましたね。
こういうブルースのアプローチもあるのかと、
目の前がぐっと明るくなりました。
ジャカジャカとギターをかき鳴らしたくなる作品で、
いまなお、元気をもらってる一枚です。


震災以降のジュリーの作品たちって、
そんなタイマーズに通じるものがあって、
ロックはやっぱり反体制であるべきだと思うんですよね。
「こっちの水苦いぞ」を聴いたときにそう確信しました。


95年にはより過激度の高い「復活!! The Timers」と
「不死身のタイマーズ」もリリースされていますが、
まずはファーストアルバムの「THE TIMERS」は必聴です。
その前年のRCサクセション「COVERS」を先に聴くべきですが、
ゼリーは「チャラチャラしたRCサクセションと一緒にされたら困る」
とも述べていますから、まあいいか。


ザ・タイマーズの楽曲は、今もテレビのCMでよく耳にしています。
モンキーズのカバー「デイ・ドリーム・ビリーバー」。
忌野清志郎さんの亡くなった実母に向けて書かれた歌詞なんだけど、
その辺はコンビニも、その前のビール会社も、
そのまた前のインスタントラーメン会社も、
もちろんお茶の間の皆さまも
単なるラブソングと解釈しているのでしょう。


今回のスペシャルエディションは、
本編の最新リマスターと、蔵出し音源、そして蔵出し映像DVD。
そして12月にはアナログ盤もリリースされるそうで、
今頃になって再びタイマーズで熱くなれるなんてうれしい!


ザ・タイマーズって何?と思う方は
Youtubeで動画もいっぱいありますから、
ぜひご覧になってください。


 

 

 

 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS