プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ビートルズの映画


昨日は息子と一緒になんばまでビートルズの映画を観てきました。
「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督によるドキュメンタリー映画、
「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」。

 



なにしろ「レット・イット・ビー」以来の公式映画、
ビートルズに会いに映画館に行ける機会がきたなんて、
これは気合いが入ります。


でも音楽ドキュメンタリーっていうのは、
けっこうハズレも多いんですよ。
演奏や音楽の肝心なところで「誰やねん!」というインタビューが入りがち。
ドキュメンタリーだから仕方がないけど、
このタイミングのセンスで作品の良し悪しが決まる。
しかも「ビートルズもの」ですからコチラは内容もよく知ってるわけで、
今までのドキュメンタリーと同じなら映画館に行く必要もないよな、
という不安もありました。


ところがどっこい。
インタビューもそれぞれ興味深い内容だったり、
「よう分かるで!」と共感するものもあり、
個人的にはウーピーさんの回想にウルっときました。


しかも貴重な映像の数々を見るにつけ、
やはりビートルズはアイドル性、カリスマ性ともに、
今もなおナンバーワンだと再認識。


そして何より言いたいのは、
高音質、大画面で見るビートルズの演奏。
これはホンマにむっちゃカッコいいです。
リンゴのドラミングなんて最高です。


内容の濃い本編のあとは、
伝説のシェイ・スタジアム(長年ずっとシェアと読んでました)のライブ。
こりゃすごい。
ロクなPAもない時のこのパフォーマンスは必見です。
こんなん信じられへん!
ビートルズのライブパフォーマーとしての強靭な自力を堪能できます。


この映画は音楽好きなら絶対観たほうがいいです。
で、願わくば続編希望です。


ちなみにうちの息子、胎教がビートルズですねん。
音楽流したら野菜もよく育つという話から、
小さなラジカセを買ってきて、
嫁のおなかに近づけてビートルズを流してました。
産まれてからもコトバも理解しない乳幼児に、
「どや?この曲カッコええやろ?」なんて話しかけたり子守唄がわりに。


昨日の映画のチケットはそんな息子が買ってくれました。

 

| 音楽のこと | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS