プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

トップスターショー

先日ケーブルテレビで、1977年2月に放送された
「トップスターショー、歌ある限り」が放映されました。

1467084521897.jpg
司会は二谷英明さん、そしてアナウンサーの久米宏さん。
 
 
「危険なふたり」で登場のジュリー、
ワンコーラス歌い終えたところで、
「こんばんわ沢田研二です、僕もふと気づいたら十年選手の仲間入りをしていました。
でも、いつまでも新鮮な気持ちで、ちょっとヒネた新人という感じで、
肉体に汗して、常に歌い続けたいと思います」
と自己紹介。
おっと、ちょっと歌詞間違えた。

1467084538050.jpg

 

1467084548587.jpg


他のゲストは森昌子さん、由紀さおりさん(「手紙」カッコいい!)、
そして田宮二郎さん。
1467084557508.jpg

CM明けて、「時の過ぎゆくままに」。
演奏はもちろん井上堯之バンド!

1467084567507.jpg

 
1467084739930.jpg

 

1467084750685.jpg

二谷さん「今、23年生まれと言いましたけど、もう歌手10年目ですって?」
ジュリー「正確には11年目です」
二谷さん「今年、何かやってみようということはありますか?」
ジュリー「そうですね、キャリアがだんだん積み重なっていくと、
わりとマイペースでというような考えを持ちたがらないんですね、僕は(笑)どちらかというと。
今年なんかはとくに全力投球で、直球一本でいきたいという感じです」

由紀さおりさんが田宮さんに
「いつまでもお若い秘訣は何ですか?」
田宮さん「さっきジュリーが言ったの、すごく分かるんです。
10年だけども、マイペースっていうんじゃないぞ、直線でいくって。
僕の場合は直球を投げるかどうか分からないけど、
僕は毎回どの仕事も全部自分でなくちゃ気が済まない。
だから一生懸命やるしかないですね」


次いで由紀さんがジュリー、森田公一さん、田宮さんと順にデュエット。
「いいじゃないの幸せならば」
「♪あのときあなたと口づけをして〜」で、コレ。

1467084622605.jpg
お茶目なジュリー。
田宮さんは由紀さんと見つめ合って歌うのが、男前やなぁ。
1467084639527.jpg

「さよならを言う気もない」のあと、田宮さんとふたり。

1467084647741.jpg

 

1467084657902.jpg
田宮さん「あらためていろいろ話をしましょう」
ジュリー「ハイ!」
田宮さん「これからそうだな、自分の思ってること全部話すし、
ジュリーも僕が言ってることが違ってたら違うって言ってくれればいいし、
ジュリーが思ってること全部話してくれればいいんだけどな」
田宮さん「さっきも話に出たけど、ジュリーがケンカしたんだっけ?(笑)」

(以下会話、長いので要約します)

 
 1467084688598.jpg
 
田宮さんは「ジュリーは疲れてたんだと思うんだよ、
ガマンのしどおしで、ふっと無礼なこと言われて、
自分にもプライドがあるんだって殴ったんじゃないだろうか」
と問いかけたのですが、
ジュリーは、「僕はあんまりガマンできない性質だから、
「バカヤロー」っていうのは常々だし、
その次の段階としてあのときには手が出てしまったということなんだけども、別に僕は疲れてたとか、そういうことを理由にしたくはないし、
不謹慎なのかもしれないけどとるに足らないことだと思う。
理由や根拠がどうあれ、自分の巻き起こしたは責任取らないといけない、
自分としては出来る範囲のことで謹慎をするとか、
賞関係などを辞退させていただくと、
ただ、僕がこれでくじけてしまったら、
今までいろんなことを心配してくれた人、
また面白おかしく言った人たちだって、ホラ、ざまあみろと、
また応援してくれた人は、ああやっぱりねと、僕は思われたくないし、
やっぱりこれは大変ありがたいことなんですけど、
田宮さんとかファンの人たちとかいろんな人たちが僕を心配してくれるということは、まず、いらないことだと思います。
僕自身で解決しなければならない問題だと思うんです。
些細なことでも大変大きな話題になったりとか、騒がせるという結果になるということ、やっぱり自分自身で責任をとらなきゃいかんと僕は思います。
だからそのためにもこれからこそ頑張って、一所懸命仕事をしなきゃと。
ざまあみろといつか言いたいなと思います」
それを受けて田宮さん、
「一つだけ感心することは沈黙を守ったということ。そこは男の生き方です。自分だけのことだと言ったけど、僕はとても好きだ」


田宮さん「もっと話したいね、でも時間ってすぐ経っちゃうんだよな、
だから今度またゆっくり話そうな」
ジュリー「はい」
田宮さん「そのときは時間をかけよう」
ジュリー「ありがとうございます」

でメキシコの作曲家ロベルト・カントラル「時計(EL RELOJ)」という曲を一緒に。
1467084697027.jpg

 

1467084707969.jpg

 

「二大ええ男」の共演。
田宮さんのその後の人生も、
また三十数年後、ジュリーが八尾の朝吉を演じることになるとは、
誰も知らなかった時代の番組。
6月25日のジュリーのお誕生日に、いいもの観ました。

 

それにしても昔の歌番組って、中身が濃いなぁ。

  

 

| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
この頃からすでにガンコな一本気!
正直ですよねぇ、目上の人に中々言えません。「オレの事は心配しないでくれ」
そして、またその率直さを解ってくれる男だったのですね、田宮二郎さんは。

ジュリーが手を抜いた所って見たことないです。 完全主義者と言われる(自称込み)人は沢山いますが、常に全力投球する、と公言するのはかなり大変なはずですね。
それを口数少なく、今日までやり続けているジュリーは、本当にカッコいい男です。
ジュリーファンとして、一番に見倣うべきはここの様な気がします。

Tomiさん、有り難うございました。
Posted by: Mariko.K |at: 2016/06/28 11:10 PM
僕がジュリーファンになったのは、
この少し前くらい。
同時のジュリーは「青年」と呼ばれていますけど、僕にしたら唯一、ウソをつかない大人でした。
歌も、演技も、ドリフとのコントも一生懸命。そしてそれは昔も今も変わりません。
本当に憧れます。

しかも雲の上の人なのに、ある意味いつも等身大で、例えは変なんですけど、僕にはいつもジュリーとウルトラセブンがダブるんです。どちらもヒーローなんですけど、完全無欠ではないところが最も身近に感じるし、カッコいいんです。断然支持します!

だけど、ジュリーに恥じないファンでいるのもけっこうイバラの道。
僕にとっては永遠の目標です。
Posted by: yasutomi yoshimoto |at: 2016/06/29 1:09 AM









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS