プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ザ・ローリング・ストーンズ来日公演

いよいよですね、ザ・ローリング・ストーンズ。
残念なことに僕は行けないんですけどね、
東京には行きたくないから。


僕とストーンズとの出会いは、
1982年のザ・タイガースの同窓会の頃。
タイガースのLPを聴いて、原曲に興味をもち、
「スティル・ライフ」というライブ盤を聴きました。


でも正直、いまいちピンとこなかった。
未熟な中学生だったし、
なんか演奏がルーズな感じがして、
そのカッコよさがまだ分からなかった。


でもある冬の夜、偶然ラジオから流れた「サティスファクション」。
全身の血が沸き立つというか、叫びだしたい衝動に駆られました。
勉強机で、友達から借りた「映画の友」だったか「近代映画」か、
寺島まゆみさんのページを眺めていたことだけは覚えています。
なので僕の中では、「隠微なフラストレーションの起爆剤」とでもいうか、
「ストーンズとエロ」は、すごく直結しています。


そう、ストーンズは耳で聴く音楽にあらず、ハートで聴くべし!
僕にブルース魂を与えてくれたのは、
まぎれもなくザ・ローリング・ストーンズだ。
あるいは「かき鳴らすオープンチューニング」と、
「鳴らしていないギター」のカッコよさを教えてくれた。


リアルタイムでは「アンダー・カバー」からのファンなので、
恵まれた世代ではないんですけど、
おかげでどっぷりと「ストーンズ伝説をさかのぼる旅」もできたし、
道中、マディ・ウォーターズやハウリン・ウルフ、ジミー・リード、
ロバート・ジョンソンとの出会いもあった。


「ストーンズ来日公演」といえば映画「太陽を盗んだ男」が浮かぶけど、
90年、95年、98年、03年、06年、そして今年で6回目の来日だ。
生で観ておきたいバンド、ナンバーワンなんだけど、いまだに実現できず、
今年も来日公演中、嫉妬心に苛まれつつ、
家でお酒を飲みながら、レコードを聴くしかない。





 
| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS