プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ポール・マッカートニー・ライブ

  
昨夜、ポール・マッカートニーのライブに行ってきました。
ロック界で一番の大物。
何しろ偉大なるレノン=マッカートニーのひとりなんだから。
 
TPE00117.jpg
 
 
僕は断然、ジョン派だった。
でも、今はもうどちらでもなくなった。
生のポールを観たんだから、
ひたすらに圧倒されるしかない。
  
  
「エイト・デイズ・ウイーク」で幕を開けた怒濤のライブ。
セットリストはニューアルバムの曲もしっかり入っていたし、
(でも盛り上がりに欠けていたのが残念、
ああ、なんて排他的なニッポンのオーディエンスよ・・・)
ウイングス、ソロ、そしてビートルズ・ナンバーと盛りだくさん。
本当に人を楽しませるのが好きなんだな、ポール。
で、ポールもバンド・メンバーも楽しんでやっているのが伝わってくる。
   
  
軽々しく「ポール、ポール」と呼び捨てにしているけど、
いまや教科書に載るほどの音楽家でもある。
しかし敬意を表して「ポールさん」と呼ぶと、
「指ぱっちん」のポールさんとまぎらわしいので、
やっぱりポールはポール。
  
  
とにかくポールは元気。
バンドも最高。ドラム、カッコよすぎ!
まさにブリティッシュ・ロックの総本家。
  
  
あとPAが素晴らしかった。
ドームのライブは反響して脳内が揺すられるものだけど、
ちゃんと音がズバン!と届く。
   
  
なんと言っても、生で聴くビートルズ・ナンバーである。
大型モニターでヘフナーを弾きながら歌う生ポールを見たとき、
(ウインナーじゃないよ)
思わず失神しそうになりました。
セットリストは基本的には全曲レコードに忠実なんだけど、
「サムシング」にはやられてしまいました。
   
   
オーディエンスの僕は、
ポールの演奏にあわせて、ジョンのパートをハモってきました。
英語なんかさっぱり解せない僕だけど、
ビートルズの曲ならほとんど空で歌える。
ああ感動の「ペイパーバック・ライター」。
   
  
それから「オブラディ・オブラダ」と「オール・トゥゲザー・ナウ」、
僕はこの先の人生で、こんなに大声を張り上げて歌うことはないだろう。
「ヘイ・ジュード」は泣きそうになった。
しかも、息子と観に行っていることが、余計胸にじんときた。
これはジュリーの還暦ライブでも感じたことなんだけど。
 
 
僕がビートルズを聴き始めたのは12歳の頃。
それからずっと聴き続け、聴く度に何か発見して、
やがてそんな僕の音楽生活に息子が入ってきて、
昨夜、息子とともに「♪ラ〜ラ〜ラ〜ラララッラ〜」と「ヘイ・ジュード」を、
ポール・マッカートニーのライブで歌えたこと。
しかもチケット代は息子のおごりで。
 
 
僕はいわゆるジョン派だった。
でも、今はもうどちらでもない。
すべてはなすがまま、レット・イット・ビーだ。 
 
 
そしてポール・マッカートニー様、
ありがとうございました。
ビートルズは間に合わなかったけど、
同じ時代に生きられて良かったです。
 
 
これから観に行く人は、新譜もちゃんと聴くように!
(カッコいいから、ぜひ)
 
 

| ライブ | comments(2) | ブログトップ |
近づくタイガース公演を思い眠れなくなって、おじゃまします。
僕もビートルズ入門は1974年、中1からウィングスとかカーペンターズと共に、でした。
今年はポールを遠慮しましたが、やはり良き音楽の下に人間は正直になれますね。
僕は、あちこちへ投稿の度に、名を変え過ぎた反省は有ります。
でも、ジュリーファンサイトへのコメントは、貴ブログが最初でした!
いまでは感謝しております。 
Posted by: rosh |at: 2013/11/29 2:32 AM
roshさん、コメントありがとうございます。
僕は逆にタイガース公演を遠慮、
どうしても仕事の都合で断念しました。
ポールは良かったですよ!
演奏もすごくて、さすがだと思いました。
 
僕はジュリーのライブで、
昔のヒット曲の「お定まりのノリ」みたいな感じに近頃嫌気がさしていたのですが、
ポールがビートルズやウイングスの曲を演奏すると、
鳥肌がたつくらい感動しました。
なので「お定まりのノリ」も致し方ないのかな、と少し反省。
まだまだ未熟ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by: tomi |at: 2013/12/03 11:48 AM









 

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS