プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ウィルコ・ジョンソン
 
通勤中のカーラジオで知ったのだけど、
10月にMr.マシンガン・ギター、ウィルコ・ジョンソンが来日する。
ジャパンツアーだ!!
渋谷10/2、名古屋10/3ときて大阪は10/4。
観に行きたい〜!!
  
  
ウィルコ・ジョンソン、大好きなギタリストのひとり。
トレードマークの黒いテレキャスターをクレイジーに弾きまくる。
ドクター・フィールグッドでの、
「狂気を伴った」といわれるあの動き、ギタープレイ、
カッコいいんですよね〜。
  
   
他のギタリストはギターを恋人のように扱っているけど、
この人にとって愛器は「武器化」している!?
次元大介のマグナムとか、
ギャング映画でマフィアが使うトミーガンとか、
映画「ダイ・ハード」でジョン・マクレーンが使うベレッタM92とか、
なんかそんな感じですね。
ウィルコのギターが好きなファンには、
きっと「撃ち抜かれた」っていうコトバが相応しいかもしれない。
 
 
ピックもサムピックも使わずに、ワイルドに指で弾くんですよね、
攻撃的なカッティングも、もっと攻撃的なソロも!
で、そこにリー・ブリローの「酔いどれハープ」が絡むと、
これぞパブ・ロック。
すごくカッコいい。 
  
  
ウィルコのギター、元々は自分でピックガードを赤く塗ったそうですが、
長らく日本の楽器店がフェンダーのTL62-70をカスタマイズした、
「ウィルコ・ジョンソン・モデル」というのを使用。
  
  
昨年はドクター・フィールグッド結成から40周年、
だけど金欠病の僕は、
映画「オイル・シティ・コンフィデンシャル」も見ていないし、
ボックスセットの「オール・スルー・ザ・シティ」もまだ買ってない。
↓ このふたつ。
 
  
   
 
正直いって、ウィルコ・ジョンソンの音源は、
僕はドクター・フィールグッドの、
「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」
「不正療法」
「殺人病棟」
しか持っていない。
あ、それとゲストで参加したM-BANDの「バック・ストリート」も、
家の中を探せば出てくるはず。
  
  
でも、それだけでもインパクトは十分。
あとは「ゴーイング・バック・ホーム」というライブDVDを観れば、
ウィルコ・ジョンソン、ドクター・フィールグッドのカッコよさは、
僕と同じ状態で、バッチリ伝わるはず。
興味がある方は、一回ハマってみませんか?
 
  
 
 
 
 
残念なことに、僕には「生ウィルコ」の経験がないんです。
だからせっかくの来日、ライブ観たい〜。
なのに仕事で、今回も観に行けません。
でも、お父ちゃんは仕事頑張るよ!
  
 
| オススメのアルバム | comments(6) | ブログトップ |
「殺人病棟」最近ヤフオクで購入しました。
昔バンドをやっていて、フイールグッズ大好きで英国までライブを観に行った事のある、47歳の男性の紹介で聴いてみました。 懐かしいR&Bで親しみ易く感じたのはわたしの年齢のせいかしら?
ピックなしでの演奏だとか、ベースのいるバンドにも関わらず、親指でベースを弾きながらギターパートを掻き鳴らしているとか、しろうとのわたしにはてんで判りませんが、ご飯支度しながら、あるいはちょっと勉強しながら流すには凄くいい!と気にいっている一枚てす。

因みに、教えてくれたそのひとは、真似して弾いたら、指が血だらけになったそうです。
まさか、tomiさんは…そんなことないですよね?
Posted by: Mariko.K |at: 2015/10/12 10:29 PM
レスが遅れて申し訳ありません!
このアルバムも名盤ですよね。

僕は職業柄、なるべく爪や指を痛めないようピック弾きオンリーです。
ピックも硬さや材質でタッチや音色が変わり、奥深い楽器です。

Posted by: tomi |at: 2015/10/20 9:25 AM
Going back home 買ってしまい、若き日の Wilko.Jから目が離せなくなってしまい、(格好いいのなんの、面白いのなんのって、)All through the city 到着待ちです。
ああ、素直なわたしは三年前のtomiさんの記事のお陰でハマりつつあります。
素人目にもあのテクニックとキレキレの動き、開脚ジャンプには常人離れし
た技を感じますね。て、やはり 音色が違うのは生指と言う材質で奏でるためなのかしら、音質が柔らかい気がします。
Wilko.Jのリードボーカルが一曲しか入っていないのが残念です。
(20 Yards behind)

そのうちに、ちょっと強面おじさまになったWilko.Jも聴いてみたいと思います。
Posted by: Mariko.K |at: 2015/10/26 8:19 PM
ギターサウンドにハマっていただけて何よりです。
ウィルコ、老いてしかも病んでなお迫力ありますよ!すごいです。
僕もぜひ生で観たいと思っています。

それにしても、英国ロック、パブロックは最高ですね。
で、その延長線でいけば、今度はシカゴ系のブルースなんかもおススメですよ!

Posted by: tomi |at: 2015/10/27 1:27 AM
tomiさん、All through the city
お財布事情で輸入盤購入しましたが、横文字に苦労すること以外は、文句なしですね、もう、かっこいい!
ロックって、音だけじゃないのね、と認識新ですよ(笑い)
CD三枚も、特にウィルコとミックグリーン共演が収録されている盤が(desk3)が逸品ですねー ウィルコの力の抜け感が、たまらない?
とにかく、暫く楽しめそうで嬉しいです。
この記事、有り難うございます。

以前エルモア・J 購入して聞いていましたが、如何せん、まだ自分の耳と感性がその方向に育っていなかったせいか、もう少しでした。
また、チャレンジします!
Posted by: Mariko.K |at: 2015/11/11 9:50 AM
Mariko.Kさん、ブルース初心者にとってエルモア・ジェイムスは刺激が強いかもしれません。僕は大好きですけど。

Dr.feelgoodをはじめとする英国ロックはブルースの影響が色濃いです。
このフィーリング、音使いなど、ロック好きには避けて通れないジャンル。

YouTubeなどでもいろんなブルースがアップされていますから、ぜひお好みのブルースマンを見つけてください。
ちなみに僕のブルースのアイドルはマジック・サムという人です。
Posted by: tomi |at: 2015/11/11 3:34 PM









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS