プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

キースさん(前編)

悲しい記事が3つも続いてしまいましたから、
ここでちょっとアホらしい記事をアップしておこう。
実はボツネタなんですが、前編、後編があります。

 
「キースさん」(前編)
 
以前にちょっと書いたかもしれないけど、
高校生の僕は、いろんなバンドを組んだり掛け持ちしたりして、
地道な音楽活動をやっていたんだけど、
やっぱりジュリー的なバンドが組みたかった。
  
しかし身近に僕の話に乗る仲間なんて皆無だった。
何しろみんなラウドネスや44マグナム、
アースシェイカーなどのヘビメタに夢中で、
ギタリストは早弾き、ドラムは2バス、ボーカルはハイトーンじゃないと、
まったく話にならなかった。
  
「速い」とか「激しい」ではなく、ロックはまずカッコよくなくちゃ、
スポーツじゃないんだから。
 
一計を案じた僕は、行きつけの楽器屋のメッセージボードに、
「ストーンズのコピーバンドを組みたし」と張り紙をした。
ひょっとしたら大学生のお兄さんくらいだったら、
そんな話に乗ってくれるかもしれない。
アットホームな雰囲気で、ストーンズのコピーをやりながら、
徐々にジュリーに移行するという作戦だった。
  
1週間もたたないうちに、
「張り紙をみたんやけど」と連絡が入った。
ストーンズだけに、年上は覚悟していたんだけど、
連絡をしてきたのは20代の後半だった。
まあ、先方もまさか僕が高校生だとは思っていなかったようですが。
   
「とりあえず一回直接会って話そう」ってことで、
なぜか天王寺で待ち合わせした。
 
やってきたのは、キース・リチャーズだった。
いや、キーズに感化されたルックスというか、
オーラを身にまとった人がやってきた。
 
黒い皮のパンツにデロデロに伸びた赤いTシャツ、
指にはたくさんのスカルリングで、
腕にはじゃらじゃらブレスレット。
天パで、彫りの深い目、長身。
マルボロの煙を燻らせながら、フラフラ歩いてくる。
「この人、シンナーでも吸っているんじゃないか」という感じ。
  
「○○さんですか?」って訊いたら、
何しろ第一声が呂律の回らない口調で、
「キースと呼んでくれ」だもの。
ニッと笑ったら前歯が何本か抜けたり欠けたりしていた。
 
その瞬間、僕の作戦はガラガラと音を立てて崩れた。
このキースさんに、
トッポやタローになってくれ、なんて言えません。
 
ただ、やはり僕としてはこの人物に別な興味が湧いてきた。
「どこまでキースなんだろう」ということ。
20代後半で、楽器屋の張り紙を見て連絡してきた男、
初対面で「キースと呼んでくれ」だもの、
まず気になるのはギターの腕前です。
そして人柄・・・。
 
(後編に続く)
 
 
  
| 親友Tさんのこと | comments(0) | ブログトップ |









 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS