プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

'Smoke & Blue'
 
ビルボード大阪で行われた佐野元春さんのライブ、
「'Smoke & Blue'」、昨夜行ってきました。
21時30分開演の2nd.Show。
仕事は早上がりさせてもらいました。
 

 

 
ただし僕はビルボードのライブはあまり好きじゃないんです。
ジョン・レノンのいうところの
「宝石をジャラジャラ鳴らす」オーディエンスというか、
ジュリーファンとしては、
メシをくっちゃくっちゃ食っているオーディエンスや、
ライブ中の食べ物の匂いなんて、
ちょっと趣味が悪いと思っているし、
会員と非会員でいえば、
入場に際して身分の差がある。
 
息子と二人ぶん、18,000円で入場するにしては、
気が遠くなるほど待たされすぎ。
会員さんはすっすと中に入っていく。
 
酔っ払いグループの近くで行儀よく整列して、
長々と待たされてようやく中へ。
 
別途のドリンク注文。
べらぼうに高い。
とりあえずビール。
しかも届くの遅い。
ライブはじまってから届く。
あと、ひとり「困ったちゃん」がいた。
おそらくはその「困ったちゃん」のせいで、
僕たちの隣席の老夫婦はライブの途中で帰っていったくらい。
スタッフ、何とかしてよ〜。
  
なんだかなぁと思いつつも、
佐野さんとバンド登場。
 
 
いきなり「Please Don't Tell Me A Lie」 
「IT'S ALRIGHT」、
「マンハッタンブリッジにたたずんで」と、
興奮のライブがはじまった。
 
立ちたい。
立見席で十分やん。
   
それもかなり間近で観る佐野元春。
目が合った、とか、マイクが通っていない生声や生音、
日本人ばなれしたゼスチャー。
ほとんどの楽曲はこの日のライブのためにアレンジされたバージョン。
それがまたカッコいいんです。
  
今回のライブはギタリスト不在で、
佐野さんがギターを弾き、時々キーボードを弾いた。
  
「今日誕生日の人いる?」って歌った「二人のバースディ」。
新曲の「トーキョー・シック」。
「情けない週末」にも感動。
  
最後の曲は「バイバイ・ハンディ・ラブ」。
本当に最高の夜でした。
会場には不満タラタラなんですけど、
佐野さんとバンドの演奏は申し分ない。
 
来月も行きたいです。
 

(店を出るとセットリストが)
  
  
| ライブ | comments(18) | ブログトップ |
少し前のブログですね
佐野元春わたしも好きです きっかけはやはりジュリーですが、初期のアルバムで 提供されていたのを自ら歌った中にジュリーがコーラスに加わっていると知って、声探ししたり、カラオケで元気に歌ってしまいますね
Happy Man 辺りののりが気に入っています が 近頃のは正直難解?なのかな あまり解らないのですね
年のせいかなー
わたしのほうが若い筈だけど(余り関係ないか)
だけど、来たら行ってしまうかも
Posted by: Mariko.K |at: 2015/03/31 11:27 PM
ジュリーがコーラスに参加したのは、アルバム「SOMEDAY」収録の「The Vanity Factory」ですね。
ハイトーンのコーラスが聴けるどころか、ジュリー節満載といった感じです。

佐野さんからはサウンドストリートというラジオを通じて、たくさんの洋楽を教えてもらいましたし、佐野さんの楽曲のセンスの良さは、僕をいつでも中学生の気分に戻してくれます。
 
近年のアルバムの楽曲もとても良く、ロックンロールはカッコいい!と主張しています。オススメは「THE SUN」というアルバムで、僕にとってこのタイトル曲は「SOMEDAY」に匹敵するアンセム・ソングです。
Posted by: tomi |at: 2015/04/01 10:47 AM
そうですか
田舎のTSUTAYAではタイムリーなアルバムが余りに少ないので、探せなかったか ネット動画で見つけて見ようかな
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/01 12:43 PM
当ブログの画面左に、佐野さんのWebサイトのリンクを貼り付けていますので、もしよろしければご覧になってみてください。
佐野さん、伊藤銀次さんの動向も、僕は要チェックの対象です。
またYoutubeでもライブの動画がたくさんあります。
元「春」なもんで、この季節の佐野さんウォッチ、オススメします!
Posted by: tomi |at: 2015/04/01 6:17 PM
分かりました
自分の青春期は洋楽ばかり聴いていました 好きなアーティストがいて歌詞を書き出して歌ったり、部活でミュージカルの曲を作る為にコード進行パクってピアノ伴奏したりしましたが、何故あの頃、邦楽に目が行かなかったのかわかりませんねー
あっ、でもジュリーは気になってましたよー 安全ピンを制服に複数張り付けたり、メイクや衣装はよく見ていたような記憶です
何より 歌はよく覚えてます
凄い露出度でしたもんね

tomiさんはもうファンだったのですね ジュリーの筋の通した生き方に気づいていたなんて 大したお子さまでしたね
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/01 11:19 PM
シングルレコードを聴きまくって、演奏の各パートまで覚えてしまった僕。
それが、テレビで見るたび毎回アレンジの違う演奏だったので、「この人たちはなんか他の歌手と違うゾ」と、興味を抱いたのがファン歴のきっかけのようなものです。
Posted by: tomi |at: 2015/04/02 10:38 AM
井上バンドの頃ですか?
その頃バックの演奏まで注意していなかったので ジュリーのバンドと「太陽にほえろ」が同じ井上バンドとは思いもよらず、知って、ビックリでした
毎回違うアレンジでとは、遊び心のある拘りですね それが気になる小学生(^-^)vそんなtomiさんだったのですね
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/02 9:48 PM
小学生の僕はドーナツ盤を擦り切れるくらい聴きました。
クチ三味線じゃないけど、元をとるというか、ギター、ベース、ピアノ、ドラムのパートまで覚えました。
それでバックバンドに目覚めて、自分でもギターを弾けるようになりたいと思ったんです。
親にねだって入ったギター教室がクラッシックギター教室だったことも気づかず、小3から中2までマジメに通いました。
Posted by: tomi |at: 2015/04/03 9:46 AM
「禁じられた遊び」ですね(笑い)
六年もナイロン弦で若くから鍛え上げられたのなら、キーワードで文章打ち込んだ位じゃ、指先から出血したりしませんよねぇ
これは別のブログでのネタでした

今、「噂のモニター」聴いてました
大好きですね このギターパートについて暇な時に解説お願いします
弾ければいいのにと思いますね
カッコいいなと、これtomiさん的にはどうですか?
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/03 10:34 PM
アルバム「彼は眠れない」は僕の中では、グラム・ロックだと位置づけています。
70年代のデビッド・ボウイのような英国ロック。
「噂のモニター」は、マーク・ボラン、T.REXの楽曲のような印象を受けます。
3コードのシンプルな楽曲ながら、アコースティックとエレキが融合して、カッコいいですね。
アコギのコードストロークもさることながら、「♪スチャッチャッ、チャチャッチャ」というエレキパートが僕のツボにハマっています。
Posted by: tomi |at: 2015/04/04 11:11 AM
耳も知識も今一つなのか、ギターの音を明確に区別出来ていないと思いましたが、tomiさんの説明でわかりましまた グラムロックをウィキペディアで見たら、沢田研二もそうだとありました
知らずに好きで聴いていた洋楽の多くもそうだったのかも知れません
ハードロックとはかなり違う感じがしますね
ジュリーを聴いた後に時間があれば
色々探して見ます

あありがとうございました
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/06 2:10 AM
受け取り方も人それぞれだと思うので、
あくまで僕の意見だとご理解ください。

僕は古い英国ロックと、米国の古い黒人音楽が大好きで、ほとんどそのゾーン内での解釈しかできませんが、そんな自分の好みも、ザ、タイガース時代からPYG、ソロ以降と、ジュリーがカバーした洋楽の影響が大きいです。
Posted by: tomi |at: 2015/04/06 11:13 AM
PYGの存在はずっと知らなくて、タイガースにも関心はなく、しかしジュリーを理解するには避けては通れない時期だと知り、1枚ずつCDがあるだけですがPYGはいいですね こんなバンドあの頃の日本に存在していたのが不思議 ジュリーの歌というよりメンバーのハーモニーが胸に来る
正直ワタシなどはバンドマンの力量なんかよく分からなくて、もう感性に訴えてもらうしかない(笑い)



その頃のグループサウンズってどの程度の実力だったのですか?

いもバンドと言われていたベイシティローラーズ?凄い人気ありましたが、あれくらいでしょうか?

意味の薄い質問ですねー
わたしは下手だと思ってましたが
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/07 11:34 PM
元グループサウンズで、その後のジャパニーズロックを支えた実力派っていっぱいいます。

結局、大人たちのアイドル・ビジネスにセンスがなかったのかもしれません。
(それは現在も変わってないけど)

当時の風潮を皮肉った「G.S.ワンダーランド」という邦画がありますので、機会があればぜひご参考になさってください。

ザ・タイガース、PYG、初期井上バンドでいえばサリーさんのベースは凄いです。まぎれもなくロック伝説のひとりだと思います。
Posted by: tomi |at: 2015/04/08 12:44 AM
岸部さんのベースは上手い、とは聞きますね ベース音を追っかけて今日は家の事をやりましょう
時間が押してきたら「G.S.I LOVE YOU」へ行って、一気に15年程飛ばして、40半ばからのあの歌声に酔いしれたいです
tomiさんは職場ではBGMはかけていますか? もしやロックですか?
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/08 8:31 AM
ジュリーファンのお客さまが来れば、
レア音源も全開ですけど、
基本的にはジャズやボサノバです。
個人的にはDiana Krallが気に入ってます。
Posted by: tomi |at: 2015/04/08 11:22 AM
美人(笑い)
あ、いえいえ、あまり知りませんが、ボーカル、あの声は強烈な印象ですね
一瞬、女性なのねって
ルックスとのギャップが素敵ですね
Posted by: Mariko.K |at: 2015/04/08 9:54 PM
施術中、まったりと落ち着いた雰囲気を演出したいのですが、根が音楽好きなため、BGM選びはすごくこだわってしまいます。
ちなみに今週の当院は、カーペンターズ・ウイークです。
Posted by: tomi |at: 2015/04/09 5:50 PM









 

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS