プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

ストーンズのLP BOX

6月15日にストーンズのLP BOXが発売されるそうです。

ザ・スタジオ・アルバムズ・ヴィニール・コレクション1971-2016



オリジナル・マスター・テープからの音源がリマスタリングされ、

れぞれのアルバムはオリジナル・パッケージを忠実に再現。

全てのアルバムがダウンロード・カード付で高音質の音源がダウンロード可能。

オラ、ワクワクすっぞ!


・スティッキー・フィンガーズ(1971)

・メイン・ストリートのならず者 (1972)

・山羊の頭のスープ(1973)

・イッツ・オンリー・ロックン・ロール(1974)

・ブラック・アンド・ブルー(1976)

・女たち(1978)

・エモーショナル・レスキュー(1980)

・刺青の男(1981)

・アンダーカヴァー(1983)

・ダーティ・ワーク(1986)

・スティール・ホイールズ(1989)

・ヴードゥー・ラウンジ(1994)

・ブリッジズ・トゥ・バビロン (1997)

・ア・ビガー・バン(2005)

・ブルー&ロンサム(2016)



さて、僕がストーンズを聴くようになったのは、

もちろんジュリーの影響です。

タイガース同窓会のタイミングですね。

でもビートルズはキャッチーなのですぐに受け入れられたけど、

正直言うと12〜13歳の子供の分際で、

当初はストーンズに関してはピンとこなかった。



はじめで買ったのが「スティル・ライフ」というライブ盤だったのもありますが、

なんかザワザワしたバンドという印象で、

「不良の音楽はこうなんだろうけど、

それだったらピストルズのほうがいいな」なんて内心で思いながら、

オフコースとか聴いてる女子の前で、

「男はやっぱりストーンズやで!」なんて気取っていました。

今も昔も、やっぱりアホですね、僕。



しかし、ストーンズ病は突然やってきました。

15歳の塾帰り、まっすぐ帰宅するのがイヤで、

(たぶん家に帰ったら親に説教される予定だったか何かで)

深夜のバス停のベンチで、ぼーっとウォークマンを聴いていると、

突然、ミック・ジャガーに呼びかけられました(笑)



聴いていたのは「刺青の男」のA面一曲目。

「Yasutomiよ!」と確かにミックは僕の名を呼んだ。

変な話ですけど、そこからですね。

ストーンズに親近感を愛着を感じで聴くようになったのは。

まるで「俺たちの音楽をしっかり聴け!」といわれたようで、

そこからは中毒者のようにストーンズのサウンドを欲するようになり、

I can't get no satisfactionな
ブルース人生がはじまったのです。



今度はストーンズがカバーした曲の原曲も聴きたくなる。

バンド名の由来になった曲を歌うブルースマンや、

「Love in Vain」のあのブルースマンの伝説にのめり込む。



ギターのオープンチューニングやスライドギターをストーンズから学び、

今や僕にとってザ・ローリング・ストーンズは、

伝統芸能「ザ・ローリング師匠の皆さま」になっています。



しかし聴けば聴くほど、ジュリーの楽曲のいくつかは、

ストーンズの影響が色濃いなぁと思うんです。

僕がストーンズにハマりだした頃の作品、

たとえば「おまえにチェックイン」や「晴れのちBLUE BOY」は、

僕の脳内では、ジュリー版のストーンズなんです。

近年の作品でいえば、

「こっちの水苦いぞ」がそうですね。

まあ、こういうテーマは話し出したら長くなるので、
また別の機会に。



とにかく、LP BOX発売が待ち遠しいです。


| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
ブルース・スプリングスティーン「明日なき暴走」

数あるエレキギターの形状の中でも
テレキャスターが好きだ。

余計な無駄をはぶいた元祖ソリッド・ボディは、
無骨な職人ギターだ。
コシの強い音色は、
ソウルやブルース、ロックンロールを弾くのに最適。

僕が最初にこのギターに惚れたのは、
中学生の頃、夜中にたまたまテレビに映った
若きブルース・スプリングスティーンの、
「明日なき暴走」の映像をみて。

ずばりコレだ!


それまでテレキャスに抱いていたイメージって、
ボーカリストが歌うときのお供っていうか、
あれ?ぜんぜん弾いてへんやん!というような、
ちょっと情けない印象をもっていました。
若かったからね〜。

でもテレキャスをかき鳴らすスプリングスティーンをみて、
「カッコええ〜!」と大興奮。
この手の楽曲って歌詞の内容が理解できないと、
なかなか良さに気づかなかったりするうえに、
攘夷志士くらい英語の授業が嫌いだった僕ですが、
あの鬼気迫るパワーに圧倒されてしまいました。
「ベイベー、この街はおまえを骨抜きにしちまうぜ!」
歌詞の疾走感にも共感できました。

ちなみに「JULIE SONG CALENDAR」の「Free Free Night」、
モロに「明日なき暴走」っぽくって微笑ましいです。
  

でもその頃のギターキッズたちの興味の対象はハードロック。
「オレ、テレキャス欲しいねん!」という雰囲気ではなく、
フェンダーだと思い込んで手に入れた19,800円のフォウンダーの次に、
さてアンプをどうするか、と思案していた僕には、
テレキャスターなんて高嶺の花。

ところが高校になって、次々に好きになっていく音楽たちの、
あまりのテレキャス率の高さは、
もはや無視できない状況になりました。

ストーンズ、
ドクター・フィールグッド、
ビリー・スクワイヤー、
プリンス、
そしてスティーブ・クロッパー、
マディ・ウォーターズ、
アルバート・コリンズ・・・。

また尾崎豊とかBOØWYとか、
テレキャスターの形状も仲間内でも認知されるようになり、
ついに安物のテレキャスをゲット。
ところがハードロック主体の同年代バンド仲間からはウケが悪く、
仕方なく僕は某楽器店の掲示板で、
ローリング・ストーンズのコピーバンドのメンバー募集をすることに。
その顛末に関しては、一部の間で名作と呼声も高い、
僕の「キースさん」シリーズをご覧ください。
 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
ロリー・ギャラガー「Bad Penny」

数あるエレキギターの形状の中でも、
ストラトキャスターが好きだ。

何かのはずみで人生がリセットされて、
僕がまだギターを持っていない状況になっても、
最初の一本はストラトキャスターを選ぶだろうし、
数年間はそいつを弾きこむだろう。

ストラトキャスターのどこに惚れ込んでいるのかといえば、
まずあの美しさと弾きやすさだ。
カラダに馴染むコンタード・ボディにダブルカッタウェイ。
プレイに忠実なアッシュ材。

さらにシングルコイルピックアップによる、
リア側のトレブリーな音、
フロントの太くて甘い音、
そしてハーフトーンのエロさ、
何よりストラトといえば枯れたサウンド、
アンプやエフェクターの組み合わせで無限のサウンドメイクができる。

とまあ、ちょっと専門的なことをいいましたが、
弾きやすさやサウンドへのこだわり以上に、
「ストラトキャスター使い」の皆さんが好きというが大きい。
要はカッコいいからです。

ストラトキャスター使いといえば、
バディ・ホリーにはじまり、
ジミヘン、クラプトン、ジェフ・ベック、レイ・ヴォーン、
マジック・サム、オーティス・ラッシュ、バディ・ガイ、
ピート・タウンゼンド、
ミック・ロンソン、
ジョン・メイヤー、
アンディ・サマーズ、
ナイル・ロジャースなどなど数え上げたらキリがない。

何よりオールウェイズ〜エキゾティクス時代の柴山さんが、
一番大きな理由なんですけどね。

そして今日はロリー・ギャラガーについて語ろうと思います。

上記にあげたギタリストと比べたら、
我が国ではあまり知られていない感じですけど、
知ってるもんはよう知ってる。
好きな人はとことん好き。

ジョン・レノン、ジミヘンも大絶賛、
クイーンのブライアン・メイにも多大な影響を与え、
ストーンズのミック・テイラーの後任候補、
ディープ・パープルのリッチーの後任候補、
マディの「ロンドン・セッションズ」をはじめ、
数々の大物とのセッション、
第二のクリーム、一人レッドツェッペリンなど、
数々の異名をもつプレイヤー。

愛用の1961年製ストラトキャスターが有名ですが、
それが汚いのなんの!
塗装が剥げまくってボロボロ・・・。

盗難にあった挙句、
どこかの公園で雨ざらしになって放置されていたそうで、
塗装はそのダメージによるものとされているんだけど、
亡くなるまで塗り直すこともなく、
それをそのままずっと愛用していました。

白人ブルースギタリストとして、
ズバ抜けた派手さはないんだけど、
そこがふつうにカッコいい。
奇をてらわず当たり前に弾く姿が聴く者の心を揺さぶる。

ぜひジュリーファンの皆さまにも好きになってもらいたくて、
「感じすぎビンビン」なこの曲を聴いて下さい。


8枚目の「Top Priority」というアルバムに入っています。
コテコテのブルースアルバムでなく、
ちょっとハードな作品だけど、
僕はこれを聴いてると背筋がピンと伸びます。
       

 

| オススメのアルバム | comments(2) | ブログトップ |
ストレイキャッツ「涙のラナウェイ・ボーイ」

昨日の「猫のはなし」に続き、
今日は「はぐれ猫のはなし」をします。


59年製のGRETSCH6120、
アップライトのベース、
スタンディング・ドラムのトリオ編成、
ネオロカビリーの創始者、ストレイ・キャッツだ。


中でも1981年の「涙のラナウェイ・ボーイ」は名盤中の名盤。
「ロック・タウンは恋の街(Rock This Town)」は、
今も僕の「お気に入りギター洋楽」のひとつで、
ときどきウォーミングアップで弾いています。


中学生になった僕が本格的に洋楽デビューした頃なので、
鮮烈に印象に残っているんです。
とにかく片っ端からFM番組を録音して、
洋楽を渇望していた僕でしたが、
そこに飛び込んできた懐かしくて新しいサウンド。
とにかくカッコいいんです。


何より「S/T/R/I/P/P/E/R」の年ですからね。
ストレイ・キャッツに飛びつくことは必至。
「S/T/R/I/P/P/E/R」にはロックパイルのビリー・ブレムナーが参加、
そして「涙のラナウェイ・ボーイ」は、
同じくロックパイルのデイヴ・エドモンズがプロデュース。
「ランブル・イン・ブライトン」と「ストリッパー」が似てるとか、
いろいろ妄想をふくらまして聴きました。


ストレイ・キャッツはアメリカのバンドなんだけど、
アメリカはその頃ディスコ全盛で、
こりゃ受け入れられそうにないなと、
英国に渡って活動をはじめました。
若さゆえの原動力ですね。
「Coolかそうでないか」で物事を判断してた、と、
ドラムのスリム・ジム・ファントムは語っています。


英国はパブロック〜パンクの流れで、
エルヴィス・コステロの前座をやったりして、
噂はたちまち広がった。
ストーンズの面々やジェフ・ベックなんかも、
彼らの演奏を観に来たんだって。
特にキースはジーン・ビンセントやエディ・コクランが好きですからね。
50’s、ロカビリーの王道+パンクロックの勢い、
英国の空気がばっちりハマったんでしょう。


そして前述のデイヴ・エドモンズの目に止まり、
レコード作ることになったんですけど、
デイヴ・エドモンズのすごいところは、
ロカビリーという古めかしいサウンドを、
最新の機器を駆使してレコーディングしたことです。
これが「ストレイ・キャッツ」の音になった。


疾走感やパワーは申し分ないけど、
繊細な部分はより繊細。
ギター弾きにとったらテクニックの宝庫ですけど、
歪みを使ってないから完コピの難易度はかなり高め。
しかも歌もうまい。
僕は高3の文化祭でストレイ・キャッツを演奏したけど、
無謀だったと反省しています。


「ロック・タウンは恋の街」のエンディング、
ドラムのリムショットのミスで1発スネアが叩けてない。
1発だけ「タン!」ではなく「カッ!」と鳴っているんだけど、
そのアクシデントもカッコよさのうち。
ちなみにジュリーの「ストリッパー」にも同じような部分があるけど、
あれはスティックでしょうか。


また「気取りやキャット(Stray Cat Strut)」の
鋭いギターの切り込み方には、今も鳥肌モノです。


ジョン・レノンが凶弾に倒れた翌年に、
「涙のラナウェイ・ボーイ」はやってきた。
音楽の流行なんていうのも「時代はめぐる」んだけど、
それはらせん状に未来に向かっているという手ごたえ。
ストレイ・キャッツを聴くたび、そう思います。





 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
MANIJU
佐野元春のニューアルバム「MANIJU」。


僕と息子はこのアルバムを聴いて、
「ジュリーマニア」を略して「マニジュ」だなのではないかと、まあ、勝手な解釈なんですけどね。

ジュリーも佐野さんも大好きだから、
理由もなく、ふとそういうものを感じる。
もし、このアルバム「MANIJU」を聴いて、なんとなく僕の云わんとしていることが分かりそうな方は、ハイタッチでもしたいものですね。




| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
佐野元春& THE COYOTE GRAND ROCKESTRA
5月に発売された佐野さんの2枚組のライブ盤「佐野元春& THE COYOTE GRAND ROCKESTRA」。
今年3月に東京国際フォーラムで行われたライブの音源だ。

佐野さんほど、ロックをスタイリッシュにカッコよく表現できるアーティストはいるだろうか。

もちろんロックの表現も千差万別あって、髪を乱し拳を振り上げたり、体制にツバを吐きかけるのもロックだ。
ゆえにロックには、コアでカルトでマニアなパフォーマンスを求められるケースもある。

ときにそんな排他的な間口の狭さこそが、ロックだというケースもある。皮肉にもそれは不自由だけど。

しかし佐野さんのように、オーディエンスが3世代に渡るようなキャリアになると、いわゆる「いかにもロック(ファッションも含む)」のカタにハマらず、どの世代、どの立場の人でもシェアできる自由な「音楽愛」を感じる。

別に不良でなくても、学生だろうが主婦だろうが、労働者でも経営者でも、あるいは失業中の身の上だろうが、老若男女、すべての人がもつ自由で平等な「魂」を、佐野元春は、パワフルなビートとソリッドなサウンドにのせて表現する。

僕自身、小6で佐野元春と出会ってから、「アンジェリーナ」や「ガラスのジェネレーション」、「SOMEDAY」とともに、10代を過ごした。

またそんな多感な年頃に、サウンドストリートという佐野さんのラジオ番組を通じて、数々のシビレる音楽たちと出会った。

そんな僕もやがて48歳になり、外見も体力もいい加減衰えを感じる中年男になったのに、まだ「SOMEDAY」に力を感じる。それは「当時の気持ちがよみがえる」というのではなく、このくたびれたおっさんが奮い立つ「SOMEDAY」だ。

2枚組のうち1枚目は、近年の新しい楽曲がしめている。
2枚目はお馴染みのナンバー。

佐野さんのライブ盤はHEARTLAND時代に2作品出ていて、集大成といえる「THE GOLDEN RING」が圧巻だけど、今作品もまたライブのベスト盤だ。

「佐野元春ってどんな人?」という初心者、「若い頃、佐野元春をよく聴いた」というOB、そしてもちろん、ずっと佐野元春を聞き続けている人にとっても、胸躍る内容だ。

しかもこのライブ盤、素晴らしく音がいい。
ボーカルはもちろん、各パートの音が鮮明に聞き取れる。楽器をやる人にもぜひ聴いてもらいたい。

新旧、内外のロックを熟知している佐野さんだから、「ロックはこうやるとカッコいい」みたいなツボを、熟練の手つきで無駄なくぐいぐい突いてくる。

バンドのグルーヴもいい感じだし、ミキシングの職人技に惚れぼれする。
ついつい無意識にステレオのボリュームを上げてしまうようなこのライブ盤。

さらに今月にはニューアルバムもリリース。楽しみは尽きない。

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
ロックパイルのライブ盤が出るのだ

8月25日に、こういう音源がリリースされる。
ロックパイルの「ライヴ・アット・ザ・パラディアム 1979」。


うひょー!
これは無条件でたまりません。
一日千秋の思いで待ち焦がれます。


ロックパイル
デイヴ・エドモンズ(g、vo)
ニック・ロウ(b、vo)
ビリー・ブレムナー(g、vo)
テリー・ウィリアムス(dr、vo)


僕は英国ロックが大好物です。
リバプール・サウンド、
マージービート、
モッズ・サウンド、
サイケデリック、
ブルース、
パンク・ロック、
プログレ、
ハード・ロック、
そしてパブ・ロック。
行ったことはないけど、日本より寒い国だから、
ブリティッシュ・ビートは行楽のお供には向かない。
ステレオの前でマジ聴きしてしまう。


さて、この「パブ・ロック」ですが、
「パブ」とは英国でいう「酒場」のこと。
米国では「バー」なんでしょうね。
いわば「酒場でDabada」なロック。


70年代から80年代にかけて、
ミュージシャンのライブはどんどん規模がデカくなり、
今ではモンスター級がごまんといるわけですが、
酒場クラスの小さなステージで、
熱気ムンムンのパフォーマンスを繰り広げる演者たちを相して、
「パブロック」と呼ばれるようになりました。


たとえばブルースなんかもそうなんですが、
やはりオーディエンスの喧噪なんかも含めて、
「味」なんですよね。
散らばった酒ビン、タバコの煙り、
汗や体臭、商売女の香水の匂い、
ケンカ、ヤジ・・・。
そんな雑多なものたちとサウンドがごちゃまぜになって、
ロックが生まれたんだと思います。
テクニカルな演奏より、
荒削りでパワフルで、それでいて「味」のあるサウンド。


その代表格がロックパイルであり、
ドクター・フィールグッドであり、
イアン・デューリー、
若きエルヴィス・コステロ、
ザ・ワンオーワナーズなど。


中でもロックパイルのメンバーは、
それぞれがパブロックを語るうえで欠かせない重鎮たち。


「ワタシはジュリーファンやから関係あらへんわ」と思う方、
残念!
僕がこれと出会わなかったら、
ここまでジュリーファンにはなっていなかっただろうという、
僕の中で史上最高のロックアルバム「S/T/R/I/P/P/E/R」の、
「BYE BYE HANDY LOVE」、
「DIRTY WORK」、
「バイバイジェラシー」、
「想い出のアニー・ローリー」
この4曲のギターソロはロックパイルのビリー・ブレムナー。
「DIRTY WORK」、
「想い出のアニー・ローリー」、
「FOXY FOX」、
「テレフォン」では、
スクィーズのポール・キャラックとともにコーラスで参加しています。


ロックパイルの「ハート」という曲を聴いてみてください。
モロに「バイバイジェラシー」ですから。


ただ僕は「S/T/R/I/P/P/E/R」つながりで
ロックパイルが好きなわけじゃなく、
どちらかというと佐野さんの「ガラスのジェネレーション」かなぁ。
ニック・ロウの「恋するふたり」が気に入って、
そこからのファン。


とはいえロックパイル名義のオリジナルアルバムは、
「ロンドンの街角」(Seconds of Pleasure)の一枚のみ。
コンプリートしやすいでしょ!
このアルバムのすごいところは、
シンプルなのに贅沢な楽曲たち。
CDで聴いていると「この曲は飛ばそう」なんてことはよくあるけど、
このアルバムはそれがない!
退屈しないんです。
いまどき使わないコトバだけど、
「ゴキゲンなアルバム」というのが一番ふさわしい。


で、8月に出る「ライヴ・アット・ザ・パラディアム 1979」ですよ。
これまで「ライヴ・アット・ロックパラスト」というCDが、
彼らのベストパフォーマンス音源とされてきました。
あとモントルー・ジャズ・フェスティヴァルのと。
どちらも演奏力の高さやグルーブに興奮の作品ですが、
またこうして彼らのライブ盤が聴けるなんて、
人間、こつこつマジメに生きてるもんですね!

   
 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
ROCKの日

本日は6月9日、語呂合わせで「ROCKの日」であります。

ということで、
個人的にお気に入りなROCKの名盤をご紹介したいと思います。
「おおっ、コレは好き!」というものがありましたら、
気が合いますね〜ってことで、
ひとつよろしくお願いします。


まずは「フーズ・ネクスト」。
各パートがそれぞれ「これでもか!」というくらいROCK。
名優ぞろいの大河ドラマのようです。
ダイナミックな展開。
聴いてて飽きがこないというか、
いまだに「おおっ!」と再発見もあり、
僕の体温を上げてくれる作品です。
 

「エレクトリック・レディランド」
ジミヘンのアルバムで一番好き。
とにかく「ヴードゥー・チャイル」がカッコいいんです。
もちろんバラエティに富んだ楽曲たちすべてが、
「音楽」っていいよな、と思わせてくれる。
このアルバムは「憧れ」ですね。


「ゲット・ザ・ナック」
やったぜナック、ゲット・ザ・ナック!ってことで、
ロック界の一発屋の紹介です。
でもナックって「マイ・シャローナ」だけじゃない、
クールで熱くてスリリングな楽曲の数々。
まさにゴキゲンな作品です。
これぞ古き良き英国ロックの継承かと思いきや、
彼らはロサンゼルスのバンド・・・。


「カフェ・ブリュ」
時代は80年代。
ポール・ウェラーのセンスの良さに脱帽。
この作品、レコードでなくCDで聴いていても、
どの曲も飽きさせない。
個人的にすごく面白いアルバムです。
佐野ファンにもオススメ!


「英雄伝説マイケル・シェンカーアンソロジー」
ここにきてまさかのベスト盤。
本当はUFOやMSGの作品を個別に紹介したいくらいなんですが、
初心者には贅沢なベスト盤なので。
中学の頃からマイケルのギターは大好物でして、
ヤングギターを見ながら必死にコピーしました。
当時は教則的な存在だったんですけど、
他のハードロックギタリストにはない「味」といいますか、
「オンリー・ユー・キャン・ロック・ミー」は、
昔、ジュリーもカバーしていたんですよ!


てなことで、あまり一貫性のないアルバム紹介でした。
本当はストーンズとか、クラプトンとか、
初期のB.スプリングスティーンとか、
はたまたプログレやパンクロックなど、
いろんな切り口もあったんですが、
何も考えずにチョイスしたのが上記5枚でした。


一応、試聴できるようアマゾンのリンクを貼ってますので、
興味があれば聴いてみてください。
    

 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
ザ・タイマーズのスペシャルエディション

11月23日、つ、ついにこれがリリースされる!
1989年に発売された名盤中の名盤「THE TIMERS」。


「ザ・タイガース」ではなく「ザ・タイマーズ」。
メンバーはゼリー、トッピ、ボビー、パーの4人。
とにかく風貌や楽曲、言動がショッキングで放送禁止続出、
挙句にフジテレビの「ヒットスタジオ」で大事件をやらかし、
関係各位に大迷惑をかけましたが、
当人たちはヘラヘラしてるというカッコよさ。


当時、僕はすごく影響を受けましたね。
こういうブルースのアプローチもあるのかと、
目の前がぐっと明るくなりました。
ジャカジャカとギターをかき鳴らしたくなる作品で、
いまなお、元気をもらってる一枚です。


震災以降のジュリーの作品たちって、
そんなタイマーズに通じるものがあって、
ロックはやっぱり反体制であるべきだと思うんですよね。
「こっちの水苦いぞ」を聴いたときにそう確信しました。


95年にはより過激度の高い「復活!! The Timers」と
「不死身のタイマーズ」もリリースされていますが、
まずはファーストアルバムの「THE TIMERS」は必聴です。
その前年のRCサクセション「COVERS」を先に聴くべきですが、
ゼリーは「チャラチャラしたRCサクセションと一緒にされたら困る」
とも述べていますから、まあいいか。


ザ・タイマーズの楽曲は、今もテレビのCMでよく耳にしています。
モンキーズのカバー「デイ・ドリーム・ビリーバー」。
忌野清志郎さんの亡くなった実母に向けて書かれた歌詞なんだけど、
その辺はコンビニも、その前のビール会社も、
そのまた前のインスタントラーメン会社も、
もちろんお茶の間の皆さまも
単なるラブソングと解釈しているのでしょう。


今回のスペシャルエディションは、
本編の最新リマスターと、蔵出し音源、そして蔵出し映像DVD。
そして12月にはアナログ盤もリリースされるそうで、
今頃になって再びタイマーズで熱くなれるなんてうれしい!


ザ・タイマーズって何?と思う方は
Youtubeで動画もいっぱいありますから、
ぜひご覧になってください。


 

 

 

 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
泰輝さんのアルバム

大山泰輝さんのアルバム、
10月5日に発売だそうです。
amazonで予約もできます。

 

 

僕の鍼灸院では、
かなりのローテーションで流しています。
一般のお客さまにも
「このピアノ、いいね」と気に入っていただき、
本日、なぜか僕が注文を頼まれてしまいました。
訊けば、彼女はビリー・ジョエルのファンとのこと。
やはり分かる人はピンとくるんだな。


「ジュリーのバックの人」というメガネを外して、
秋の夜長、泰輝さんのハートのあるピアノ、
うっとりと聴き惚れては?

 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
Page: 1/4   >>

 
Amazon music

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS