プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

OLD GUYS ROCK

OLD GUYS ROCKを聴きだして
そろそろ一週間が経とうとしています。

ジュリーと柴山さんによる作品。
つまり楽器はギターのみ。

なのにこのパワーは何だろうか。
ギターの伴奏といっても、
ジャンジャカのコード弾きでもアルペジオでもない。

圧巻の存在感を放つギターのリフは、
まるでジミー・ペイジを彷彿させる70年代の英国ハードロックだ。
パワフルかつブルージーは、僕も大好物だ。

ギターのみとはいえ、サウンドが内耳を通過するころには、
脳のどこかがドラムやベースギターを認識してしまう。
それって僕だけ?

ジュリーにきこえているサウンドを、
僕たちオーディエンスにも体験させてくれているのがこのCDであり、
今年のライブなんだろうと思うんですよね。

ちょっと説明すると、
「un democratic love」を聴いたときに感じたんだけど、
作品としては何か音が足りなくて、正直、不完全な気がしたんだけど、
ところがライブで実際に聴くと「おおっ!」って一気に鳥肌。

そのとき、ひょっとしたらご本人にしかきこえない音が鳴っていて、
CDはあえて一番シンプルな作りにしたのかもしれないな、
なんて思ったんですけど、
今回の作品で確信しました。

おそらく、さらに聞き込めば聞き込むほど、
もっといろんな音やグルーヴを感じるはずだ。
従来のように曲のタイトルでなく、CDにタイトルがついていますが、
説得力十分のまさにOLD GUYS ROCK。
達人の領域ですね。

なんて、知った風なことを書きましたが、
聴き方、受け取り方は、
やはりそれぞれ個々に感じていただかないといけません!
僕の戯れ言なんて、あまり参考にしないように・・・。

しかし、ホントに古稀ライブ、完全にこの編成なんだろうか?
至上最強のこのコンビが、武道館や城ホールにROCKをぶちかます。
・・・おいおい、想像するだけで鼻血もんです。

さて、ギタープレイなんですが、
曲によってけっこう歪み系エフェクターを使い分けていたり、
ソロ終わりの一小節だけフランジャーとか、
コピーしていて、気の置けない凝り方をされているなという印象です。

僕は今のところ、ディストートロンONのままで、
OCDとリトルビッグマフを使い分けて、
コーラスやフランジャーはLINE6のM5で音づくりしてます。
ただアンプがパワー不足で、あの音に似せるのは至難の業。
(何より技術不足がそもそもの問題・・・)

CDを聴く限り、レスポールのような気もするんですが、
とりあえずSGを弾いています。

でも日頃からピックや弦を替えたり、アンプの角度とか、
いろいろ涙ぐましい試行錯誤を繰り返しているんですよ。
誰にきかせるわけでもない(せいぜいご近所さんたちから喧しがられているだけだろう) 自己満足を長年続けている僕。
そんな僕にとって、この作品は絶好の教材でもあるのです。
おかげで毎晩、楽しい〜!

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
取り急ぎ
聴きました。
すごい!の一言につきます。
ステレオの前で、
膝がガクガク、ホーホケキョウっす。

さあギター練習しよう。




| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
今年も3月11日に

出る〜!
今年も3月11日に4曲入りシングル
「OLD GUYS ROCK」がリリースされます。




Amazonじゃまだ画像は出ないけど、
オフィシャルのほうでは、
ワクワクする春めいたジャケットとともに!


作曲は柴山さん2曲、白井さん1曲、
そしてジュリーの1曲。
ジュリーの作る曲って、
メロディもコードも、いつもすごくカッコよくて、
楽しみです。


タイトルを見ても、期待度高いですね〜
オールド・カイズ・ロック!
耳の穴と魂をかっぽじって、聴かせてもらおうじゃないか!
取り急ぎのブログアップ。
CDが届いたら、また記事を書きたいと思います。
 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
鉄人バンドは最高最強のバンドです
鉄人バンドの皆さま、
そして依知川さん、
本当にありがとうございました。
 
思えばジュリーの音楽キャリアの中で、
最長期間のパートナーでした。
そして、いつも素晴らしいグルーヴ!
テクニックもさることながら、
息の合ったプレイこそ真骨頂。
客席でたくさんパワーをもらいました。
 
ベースレスや、ドームの80曲など、
いろいろご苦労もされたようですが、
皆さまのハートフルな演奏には、
いつも鳥肌たてていました。

でももうこのバンドの
「さよならを待たせて」や
「Fridays Voice」などが聴けなくなることは、とても残念です。

またうちの息子は、
物心ついてから(小2でライブデビュー、いま26歳)現在にいたるまで、
ほとんどこのメンバーのライブしか観てないし、
親子でずっと夢中だったので、
僕以上にまだ受け入れられないようです。
 
タイガースの1月24日は、
ファンにとって感慨深い記念日ですが、
僕たちにとって、
この1月26日もまた忘れられない日になるでしょう。
 
これからも僕はそれぞれの活動を追いかけるでしょう。
今後のご活躍を楽しみにしております。
 
最高最強の演奏、
本当に、本当にありがとうございました。
 
アカン、マジ泣きそうですわ。
さみしい〜。

| 沢田研二さんのこと | comments(4) | ブログトップ |
ロックジェットVol.71

ロックジェットVol.71

さらに依知川伸一さんのインタビュー、
ご自身のBARAKAについてなんですけど、
こちらも大変興味深く読みました。
こういう方のベースプレイで、今のライブは支えられているんだと、
やはりバンドメンバーの記事は必読ですよね。


メインの特集はBOOWY。
僕にとっては因縁のバンド。
何しろ高校3年間の文化祭出演バンドたち、
1年…ジャパメタバンドばっかり
2年…洋楽やるバンドやフュージョンやるやつも
そして3年…ほとんどBOOWYのコピー
ってどういうことやねん!


僕は体制に逆らって、
メテオズ(パンカビリー)やストレイキャッツで応戦しましたけどね、
ウケるわけなかった。
また、U2とかアラームというバンドが好きだったので、
辻仁成率いるECHOESのコピーバンドもやってましたけど、
とにかくまわりは猫も杓子もBOOWY一色の高校三年生。


高3で堺に引っ越して、生まれてはじめての電車通学がはじまった頃。
マディ・ウォーターズのLPなんかを小脇に抱えつつ、
「フン!BOOWYなんか子供の聴きもの」なんて嘲笑するものの、
実はウォークマンで自分もこっそり聴いてました。

 
前に住んでた河内長野の小山田荘園というところと比べて、
堺東はとっても都会。
なにしろモンペはいたおばぁちゃんが
路肩で立ちしょんべんしていないし、
自転車をこぎながらアハハと談笑している口に
カナブンが飛び込んでくることもない。


澱んだ空の下、
イヤホンから流れる「JUST A HERO」や「BEAT EMOTION」が、
アーバンチックにかぶれる僕の優越感をくすぐりました。
キャーキャーいう人たちとは馴染めなかったけど、
確かに僕の大事な思い出です。

 

| 沢田研二さんのこと | comments(4) | ブログトップ |
アメリカン・バラエティ

ディスコ。
70年代の情熱と官能の坩堝。
ナウなヤングが夜ごとにフィーバー、
それはまるで時代の発情期だ。
とはいえ、その頃の僕にとっての「フィーバー」といえば、
「熱中時代」の主題歌を口ずさむ程度だった。

高校になってミナミの「バンブーハウス」には何度か行きましたけどね、
「フラッシュダンス」や「フットルース」以降じゃ、
アフロでファンキーなノリは体感できないし、
その後のユーロビートは趣味じゃない。
バブルに浮かれていた世代なんて僕は大嫌いだし、
扇子を振って踊る姿なんてむしろ「お気の毒さま」だ。

近頃、僕はCHICのコピーバンドに参加しており、
ナイル・ロジャースのギターをせっせと練習しているのですが、
ある種、修行を思わせるカッティングギターと、
ジャージーなコードのセンスに、ただただ脱帽の日々。

勉強熱心な僕は、CHICのみならず70年代のディスコサウンドなんかも、
聴きたくなるわけなんですが、
あらためて聴くとやっぱりすごいですよね!
もうカラダが自然にもっていかれるというか、
ステレオのボリュームもついつい上げたくなります。

当時のロックはどうだったかといえば、
ストーンズもロッドも、あるいはキッス、はたまたクイーンまで、
やはりそんなディスコサウンドに傾倒してました。
当時の彼らはニューヨークのノリなんですよね。

つまり「ロック→ニューヨーク→ディスコ」という、
安直な僕の連想があるわけです。
そしてそれを日本の音楽シーンにも当てはめてみると、
ヒット曲は見事にそんな感じなんですね。

さて前置きが長くなってしまいましたが、
じゃあ「ジュリーとディスコ」についても考えてみたくなります。
ドンズバな作品としてはやはり78年の
「LOVE〜愛とは不幸をおそれないこと〜」収録の
「アメリカン・バラエティ」が挙げられます。


この作品、実は我が家で再生する頻度が比較的少ないんですよ。
僕のイメージでは「演歌」ですからね。
「♪一人酒、手酌酒〜」という気分に浸りたいときに聴く用みたいな。
ただ、自分よりデカい男がこたつでゴロリと寝転んで、
嫁がうとうと居眠りしている平和な我が家のリビングでは、
なかなかそんなシチュエーションにはなれなくて・・・。

さてこのアルバム、
「思いきり気障な人生」
「今度は、華麗な宴にどうぞ。」
ときてトドメの一撃。
叙情的かつハードボイルドな阿久ワールド全開。

若い頃は「オイラまだ子供だから分からないや」と思ってて、
気がつけばもうこんな年齢になってしまいました。
この3作品の歌詞の世界観に馴染めない自分の未熟さが恥ずかしい。
(といいつつ、ジュリーの声やサウンドは楽しんでいるんですよ)

で、「LOVE〜愛とは不幸をおそれないこと〜」には、
ノリのいいロックチューンが少ないなぁ、さびしいなぁと思っていたら、
いやいやどうして、「TWO」はダイナミックだし、
「アメリカン・バラエティ」なんてまさにフィーバー、
矢島賢さんのギターがロックしてます。この人はすごいギタリストだ!

「アメリカン・バラエティ」のまったく意味のない歌詞。
これぞ僕のイメージする「ロック→ニューヨーク→ディスコ」だ。
ディスコミュージックの歌詞に意味なんていらん。
「勝手にしやがれ」の英語版も、歌詞なんて関係ない!
おもろければOK!関西人はニューヨーカーか?

でもね、ホントそうなんですよ。
CHICのヒット曲の数々だって、
ロッドの「アイム・セクシー」やストーンズの「ミス・ユー」だって、
そんなたいしたことは歌っていません。
クイーンの「地獄に道づれ」はちょっと物騒な歌詞ですけど。

そんな「アメリカン・バラエティ」の歌詞に出てくる、
自由の女神、ミッキーマウス、ポパイ、スーパーマン・・・。
きっと阿久さんはじめ、日本人があこがれていたアメリカのイメージなんでしょうね。
自由の女神がディスコでフィーバー(笑)
僕は1989年の映画「ゴーストバスターズ2」を思い出してしまう。
「Higher and higher」でノリノリ。


ということで、師走にむけて、
「アメリカン・バラエティ」のゴキゲンモードで風邪予防!

 

| 沢田研二さんのこと | comments(8) | ブログトップ |
お誕生日おめでとうございます
本日6月25日はジュリーのお誕生日です。
たくさんのファンの皆さまが、
「オメデトー!」と心の中で祝う日。

今年も僕の晩酌の一杯目は、
感謝とリスペクトと祝福の念をこめて、
横浜の空に向かって
飲み干したいと思います。

沢田研二様、
お誕生日、おめでとうございます!






| 沢田研二さんのこと | comments(3) | ブログトップ |
Happiness of the Katakuris

Amazonでいろいろ検索していたら、
このようなブツたちを発見しました。
「カタクリ家の幸福」のインポート版。

     


ジュリーつながりで、
サウンド・オブ・ミュージックっぽいジャケがイカす。
なかなかいいセンスしてんな、オイ!(笑)

この「キング・オブ・娯楽映画」といえる名作(珍作?)は、
もちろん正規版が断然オススメですが、
インポートもちょっと興味が湧いてきた。
「カタクリ家コレクター」として集めてみようかなぁ。

| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
音楽劇「大悪名」

昨日は梅田芸術劇場で、
音楽劇「大悪名」を観てきました。
豪華キャストによる長年の音楽劇の集大成。


他の音楽劇で歌われたあの曲やこの曲も!
ジュリー音楽劇のファンにはたまらない作品でした。


柴山さんのギターが、すごくいい音で鳴ってるんで、
僕は鳥肌たちっぱなし。


あまり書くとネタバレになりますが、
悪名ファン、朝吉と清次ファンにとっても、
納得&満足いく内容でした。
うるっときたこと数回。
やはり男が男に惚れる(変な意味じゃないよ!)、
そんな美学がひしひしと伝わる演技。


また共演者の芸達者ぶりにも感動、
随所に見どころのあるお芝居でした。
それにしても土田早苗さん、お美しい。

 

daihon.png



ジュリー版悪名に興味のある方は、コチラもぜひ!

 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
諸々

皆さま、3月11日発売の「ISONOMIA/揺るぎない優しさ」は
もう聴かれましたでしょうか?

毎年4曲だったのに、
2曲というのは物足りない気もしますが、
やはり、いいですね。
僕もせっせとギターをコピーして、
だいぶいい感じに弾けるようになってきました。

「Fou!」というジュリーの咆哮が耳に残るのは僕だけでしょうか。

お身内に被災者がいる知人がおりまして、
今年もCDをプレゼントさせていただきましたが、
気に入ってくれたようで、
ファン冥利に尽きるといいますか、
でも、こんなことくらいしかできないもどかしさもあるんですけど。


ギターマガジン4月号はご覧になられましたでしょうか。
見開きで1ページの記事ですが、
他のページでもジュリーのシングルの記事が載っていまして、
中でも29歳の女性ギタリストが、
A面ではなくB面の「若き日の手紙」のことを、
「ジュリーを語る上で避けては通れません」などと、
素敵なことをおっしゃってます。

まあ「井上堯之さん押し」の記事たちなので、
若干の「浅さ」は感じるんですけど、
でも普段こういう内容は取り上げない雑誌だから
よしとするか。

この特集をきっかけに、
若いギタリストのオーディエンスが増えたらいいと思うし、
偶然にもこのブログにたどり着いてくれたら、
おっちゃんもテンション上がるんですけど。




| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
Page: 1/25   >>

 
Amazon music

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS