プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

避暑アルバム

暑い!

「愛があふれすぎている部屋」は温かすぎるけど、
外出から帰った我が家のリビングは、
まるでデンジャラスゾーン!
 
アツがナツいのは当然ですが、ここまでナツかったかね?
アスファルトの照り返し、
あちこちの室外機から吐き出される温風。
日中は蚊すら見かけない。日陰で待機しているんでしょう。
 
「暑さ対策」として、さまざまなグッズもあるけど、
まさに焼け石に水。
頭の皿が乾かないよう、しっかり水分補給をしながら、
せめて耳だけはクールな気分でいたいものです。
 
そんな避暑に最適なアルバムといえば、
「A WONDERFUL TIME」でしょう。
シティポップで、トロピカルで、
どことなく涼しげなサウンド。
伊藤銀次さん、後藤次利さん、そして建さん、
編曲者がいい仕事していますよね!
ジュリーのアルバムの中で一番季節感があります。

↑ワンダフル!
 
お盆休みはキリっと冷えたジンベースのお酒を飲みつつ、
ゴロゴロしながら聴きたい。
 
という願望はあるのですが、レコードをかけたらかけたで、
どうせいつものようにギターに手が伸びる。
「WHY OH WHY」のギターソロ、大好きなんですよ。
あとベースプレイも。
 
このアルバムをひとしきり堪能したら、
さて次は何をかけようか。


| 沢田研二さんのこと | comments(4) | ブログトップ |
デジテックのDROP

柴山さんに倣ってデジテックのDROPというエフェクターを購入した。
このペダルを使うことで、通常のポジションを弾きながら、
キーを下げることができるという夢の機材だ。



例えば、G♯の「根腐れpolitician」だって、
このDROPで半音下げながら、Aで弾くとイントロがずいぶん楽だし、
開放弦を使ってパワフルに弾ける。
 
「SHOUT!」もDROPで半音下げて、2フレットにカポタストをはめれば、
Aのローコードを力強く弾くことができる。
 
さらに「ストリッパー」でDROPを使うと、すごく歌いやすいです。
 
これは自分の弾き語りライブでもかなり使える機材だし、
ジュリーの楽曲以外でも、ジミヘンやレイヴォーン、
その他数々のハードロックも半音下げチューニングの楽曲が多く、
聴きながらコピーするのにとても役立つ!
 
と、思ったのも束の間。
アンプから出てくる半音下げの音と、
手元で実際に鳴っている生音のハーモニーが、とても気持ち悪い!
不協音だ。
 
まあ、これはライブやスタジオで、
アンプの音量が大きくなれば気にならないのだろう。
家で弾くには、やはり隣近所のことも考え、
アンプのボリュームは常識の範囲内に留めねばならず、
したがってレコードを流しながらのコピーは難しい。
 
結局、購入してから数時間、不協音に耐えながら弾いてみたけど、
家弾きではあまり使える一台ではない。
ライブやスタジオでしか本領が発揮できない機材だ。
 

| 柴山和彦さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
7/18 ラブリーホール

昨日はラブリーホールに行ってきました。

河内長野は懐かしきマイホームタウン。
小学3年の夏から高3の夏まで過ごしました。
少年時代の僕はこの地で音楽に目覚め、
何より熱烈なジュリーファンとして、
自分をカタチづけた町なんです。

だからジュリーがここでライブをやってくれるのは、
感慨もひとしお。
ホールのすぐそばにある中学校はわが母校。
あんなに雨が降っても、それはそれで、
また様々な思い出がよみがえって、
ふだんとは一味違うテンションで、
ライブを観に行きました。

とはいえ、先月の波切ホールも雨、
息子の友人の加藤君をライブに連れて行くといつも雨。
「コイツ=雨」はもはやジンクスになってきましたが、
若者がジュリーのライブで感動する姿を見ると、
無性に嬉しくなります。
前の方の座席ではイカしたポロシャツを着せてもらった小学生が、
お母さんとノリノリで楽しんでいて、
なんか胸がちょっと熱くなりました。
それだけ自分がおっさんになったということか。

でもロックを聴くときに年齢なんか関係ない!
惰性的にカタチだけ楽しんだフリをするなんて最低だ。
ジュリーの音楽と向き合うときに一番大事なのは、
ピュアな気持ちになれるかどうか。
家で寝転んでテレビを見てるんじゃないんだから。

さてライブのほうですが、
ひと月ぶりに聴いたら、
さらにギターのアレンジが進化していました。

ひょっとしたら浪切はカリカリしていたので、
気づかなかっただけかもしれませんが、
よりソリッドかつダイナミックになったような気がしました。
ダウン・ストローク、セブンスコード、ハーモニクス・・・。
ありとあらゆる業が駆使されて、
ギター好きにはたまらんプレイ。
しかもすごくいい音なんです。
あ〜機材のセッティングが知りたい!

そして伸びやかに心に徹るジュリーの歌。
気持ちよさそう&気持ちいい、
それはステージと客席の最高の摩擦だ。
演奏を聴かないでベチャクチャ喋るババアの汚い声が
やたらと耳障りだったとしても、
それがまったく聞こえなくなる瞬間がある。
コチラのハートがジュリーの音楽と一体になったときだ。
僕にとってそれが浪切ホールの何倍もたくさんやってきた。

またアンコールでは音楽劇「悪名」以来の河内音頭。
それも一節だけでなくガッツリ。
ジュリーの声にシビれつつ、
遠い日の盆踊りの記憶が脳裏によぎりました。
僕が盆踊りで踊ったのは「オバQ音頭」だけですが、
ムッとした夏の宵、小山田荘園の中央公園、
バクチクの火薬の匂い、夜店の裸電球、
悪だくみをする友人の顔、
くびに天花粉をはたいた浴衣姿のあの子、
そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれた、
ジュリーとラブリーホールに感謝。

僕の母校、長野北高校は来年廃校になります。
また河内長野ラブリーホールに来たいです。
もちろん、ジュリーのライブで。
 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
♪ハッピー・バァァスデイ・トゥー・ユー
あなたの音楽に魅了され、
あなたの言葉に感銘を受け、
あなたの仕事を手本に生きています。
 
もちろんあなたは遥か雲の上の人で、
尊敬と憧れの人ですが、
あなたと僕の関係が永久に続きますように。

お誕生日、おめでとうございます。
| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
性懲りもなくライブ計画中

ただいまライブを計画中です。
たぶん8月か9月頃の日曜になると思いますが、
来ていただいた皆さまと一緒に盛り上がれるような、
楽しいライブにしたいと思っています。

日程も決めなければならないけど、
セットリストも考えて、しっかり練習しなければ。

またそれまでに対バン形式のライブに出て、
こっそり武者修行も考えています。

実は先日、息子と一緒にそんなライブに急遽出演しまして、
ほぼぶっつけ本番で数曲やってきました。
探偵ナイトスクープでおなじみの(?)親子共演です。

完コピとはいえない「なんちゃって」ではあるんですが、
一応、それまでにフェスティバルホール×2回と、
あましんアルカイックホール1回を観たので、
たしかこんな感じだったような・・・という雰囲気だけで、
今回のセットリストの中から数曲ギターを弾いてきました。
息子が自分のYoutubeに動画を上げているはずなので、
よろしければご覧になってください。

今回計画中のライブ、タイトルだけは決まっています。
「SHOUT!」ならぬ「ちゃうど!」です。
何日だったら行けるで、とか、
この曲演奏してや!とか、
ワシにも歌わせぇ!などなど、
素敵なご要望等がございましたら、
お気軽にメールください。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

| ライブ | comments(0) | ブログトップ |
2曲目って
先ほどは不快な記事をアップしてしまい、ファンの皆さまに申し訳なく思います。

お口直しと言っちゃなんですが、前回に引き続き今回のセットリストの2曲目は、佐野元春さんの楽曲。あるいはアルバム「G.S.I LOVE YOU」からのチョイス。
 
気が早いですが、来年のライブの2曲目も気になります。

伊藤銀次さんの自叙伝とブログで、ワクワクするような「G.S.I LOVE YOU」のレコーディング回顧録も読みましたし、僕も思い出深い大好きなアルバム。
なにしろこのアルバムで佐野元春の名前を知り、お年玉を佐野さんのレコード購入に費やしました。
 
つまりこのアルバムが僕の音楽愛への扉を開いてくれたんです。

ジュリーの「彼女はデリケート」は、オーティス・レディングのオマージュが強く、佐野さんのバージョンはツイスト&シャウト。

アンダーマイサムを彷彿させるジュリーの黒っぽい「THE VANITY FACTORY」、佐野さんのバージョンはフォークロック色が強いうえに、ハイトーンのジュリーのコーラスが聴ける。
ちなみに佐野さんは以前、アルバム「SOMEDAY」の完全再現ライブをやりましたが、この曲のコーラスパートだけはジュリーの音源をそのまま使っていました。
きっと今もお互いに刺激的な存在なんでしょうね。

そんな感じで、楽曲の聞き比べもすごく楽しいんです。
中学生の僕が、もっともっと音楽に詳しくなりたいと思った作品たちです。

で、鬼が笑うかもしれませんが、来年の2曲目は「I'm in Blue」では、と予想してみる。
さて、どうでしょう。
| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
浪切ホールのひどい観客
6月14日は浪切ホールでライブを見てきました。

演奏は申し分なく、素晴らしかったんだけど、いきなり後ろの座席のババア集団に「座れ」と肩をトントンされ、一階席にいながら、はじめてずっと座ったままのライブになりました。そのためジュリーや柴山さんの姿はほとんど見えませんでした。でも音楽さえ楽しめたらいいやと自分と息子と息子の友人に言い聞かせて。

その不自由さの中で、はじめて気がついたこともあります。
僕の前には車椅子の方。つまり僕とその方とは、ほぼ同じ目線だったんですが、前を向いても観客の後ろ姿しか見えない。

それでも車椅子の方は懸命に手拍子をうち、ジュリーに声援を送っていました。ジュリーの「アリガトー、サンキュー、アリガトーネ!」に応えるように「ジュリー、ありがとう!」って。
正直、感動したんです。今まで他のファンのことなんか気にしたこともなかったから、僕、心の中でその方に「ありがとう」って思いました。
 
僕の座席の不幸って、おそらく今回だけだろうけど、「車椅子の方も他のオーディエンスと同じようにライブが見れたらいいのに」って、ちょっと切なくなったんですよね。音楽の前ではみんな平等なはずなのに。でもどうなんだろう、他のホールでは、もっと気配りしてるのでは?
 
さてさてムカつき話は続きます。
以下は読んだら気分悪くなるかもしれませんよ。

僕たちに「座れ」と言ってきた後ろのババア集団、演奏もロクに聴かず、始終ベチャクチャ喋りどおし。家でテレビでも流している感覚なんでしょう。

しかもライブ中、会場スタッフを呼びつけて、前の方で立っているファンを全員座らせろとしつこくわめいていました。大阪弁でいうところのヤカラ、イチャモンつけです。
そこそこの大声なので、演奏に集中できない。耳障りったらありゃしない。

「君をのせて」の最後のタメの静寂も、「ワタシには合わんわ!」というババアのよく通る私語で汚されました。
 
またアンコールの後、息子が拍手をするために立ち上がると、ババアの相方に座席をガンと蹴飛ばされました。
 
よほど振り返って、そいつが泣くまでこんこんと説教してやろうかと思いましたけど、他人の迷惑や人のいうことを理解できずに今までやってきた生物でしょうし、そんなのに口をきくのもアホらしいのでガマンしました。
「土地柄」なんだろうと。

どうせ「前のイスを蹴飛ばしてやった」と、岸和田少年愚連隊のカオルちゃん気取りで、ガラの悪さやケンカっ早い勝ち気な性格を誇るんでしょうよ。
実は僕は昔からそういうタイプを凹ますのって、もっとも得意としてきたんですけど、さすがに大人になったということか(笑)

とにかく手拍子はおろか、拍手すらしない。周囲の迷惑など考えず、延々と大声で喋りまくり集団。

主催者の方には、ぜひこの記事に目を通して欲しいなぁ。座席埋める前に、他に気を使うべきことがあるでしょうに。

客席に思いやりや自浄作用がはたらけばいいんだけど、やはり観客としての欲求が優先するものですから、譲り合いなんてファンに求めるのは、なかなか難しいかも。

だから少なくともトンデモない集団だけは「招待」するのはやめて欲しい。

座席埋まればそれで満足?
ミッション・コンプリート?
でもそれはジュリー的ではないと思うんだけどな、僕は。

今回は視界ゼロだったので、演奏に全神経を集中させようと思ったのに、1階18列目の特殊な集団にぶち壊された夜でした。
息子たち20代の若者は「マナーがひど過ぎる」と連中を蔑み、僕は連中によって愛する音楽が汚された気がしました。僕はそれが許せない。
芳しく極上の料理を食べるときに、汚臭が漂ってきた腹立ちに近い。

 
| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
5/13、14 フェスティバルホール

5月13、14日と2日続けてフェスティバルホールに行ってきました。
2日続けてのライブは、仕事を持つ身ではなかなか難しいんですが、
勤勉かつ様々な現実問題を抱える日本国民と社会にとって、
「誰が決めたんや狂気の10連休」も、
必要とされている者として反骨精神で休まず働いたので、
大手を振って出かけました。
 
今回のライブ、ギター1本のパフォーマンスに磨きがかかっていました。
前回はバンド編成でない違和感というか、
広いステージに、ぽつんとおふたりきりの姿に、
一抹の寂しさや物足りなさも感じたのですが、
今回はそんな素人の心配もゼロで、
まさに「圧巻」というコトバがふさわしいライブでした。

下世話なことに、ふだんから僕はCDを聴きながら、
どの曲がこの編成にふさわしいだろうかなんて、
いろいろと妄想しているんだけど、
「まさかこの曲が」って選曲もあって驚きました。
もはやジュリー&柴山さんに不可能はないのではと思います。

フリーの「オール・ライト・ナウ」を彷彿させるアレンジや、
繊細なピアノや管弦の音を忠実に弾いたり、
タテにヨコにレンジが広いギタープレイ。

そして何よりジュリーの歌。
最近はうちのバンドのメンバーも、
ライブに連れて行ってるんですが、
沢田研二というシンガーに出会わせてやったことに、
大いに感謝されている僕。

本当はセットリストを一曲ずつ解説しようと思ったんですけど、
感じ方はそれぞれなので、やめました。
それより、とにかく皆さま、ライブに行ってください。
「むっちゃ楽しませてくれます!」
それが僕の最上級の評価だ。

さて、今後、アンコールでの柴山さんの姿はどうなっていくのかニャー。
それが今から楽しみだニャー。

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
輝くフェスティバルホール
大阪フェスティバルホール、
光っとるなあ〜。
ホールも喜んでいるんだね。

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
令和もよろしく
いよいよ明日からライブがはじまります。
ワクワクしますね。
 
僕たちは、 
昭和のジュリー
平成のジュリー
をみてきて、
そして
令和のジュリーと出会える喜び。
こんなラッキーなことはない。  

これからどんなことが起きるのか、
ジュリーが何を歌い、語りかけてくれるのか。
 
昭和、平成と、
僕はジュリーからずいぶんパワーをもらいました。
ほとんどジュリー熱で構成されているこのカラダ。
 
令和ももちろんジュリーの音楽を糧に生きますけど、
僭越ながら令和は「イケてるオーディエンス」として、
ステージにむけて惜しみなく
愛情と感謝の気を送り続けたいと思います。
  
昔の映像なら保存版がありネットには動画もある。
でもライブに行かなきゃ、
ジュリー&柴山さんによる、
「いま」の熱いロック魂は共有できない。
  
過去に生きるのか、
ジュリーとともに令和に踏み出すのか、
僕たち親子はフェスティバルホールからの参戦です。

そして令和もこの「ジュリーな毎日」をよろしくお願いいたします。

さあ皆さま、Let's Rock !!
 
| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
Page: 1/73   >>

 

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS