プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

1/19 大阪フェスティバルホール

 
昨日は大阪フェスティバルホールの正月ライブでした。
今年一発目の記事はライブレポと決めていたので、
更新が遅くなりましたが。


いや〜素晴らしかった。
昨日も書きましたが、
こういうセットリストのライブを観たいと思っていましたが、
それは想像を絶する、すごいライブでした。
世界に偉大なシンガーは、それこそ数限りなくいますけど、
この規模で、こんなライブができる人って、
やはり沢田研二しかいない!


こんなライブを観れたことは、
ジュリーファンとして深く記憶に留めおくべきだと思います。
ライブ盤の音源、もしくはDVDにならないかなぁ。
「定番」の曲を一切やらず、
「震災復興と脱原発」の曲だけのライブ。
っていうか、そういうカテゴリーでもない、
現在のジュリーの言霊が込められた曲だけのライブ。


これが大手音楽会社の所属だったり、
スポンサーつきのリサイタルだったら、
諸般の事情でできないんだろうな。
RCサクセションの「カバーズ」というアルバムを、
レコード会社がリリースさせなかった経緯もあるし、
あるいは例えば、
もはやサティスファクション抜きのストーンズや、
ビートルズの曲をやらないポールのライブがありえないように、
オーディエンスも納得しないだろうと思います。


でもでもでも、ジュリーはそれをやった。
あらたな伝説ですよ!
ここ5年のジュリーの作品にブータレてる人がいたとしても、
昨日のライブを観たら、もうそんなことは言えないでしょう。
ジュリーの歌声に会場にすすり泣きが聞こえたし、
いや、この48歳のおっさんの頬が涙でグズグズになった。


ジュリーの5年の作品に文句いう人がいる。
思想信条が千差万別なのは理解できます。
・・・できるにはできますが、
そういう人に「音楽」を聴くのは不向きだと思います。
少なくとも歌詞つきの「うた」は。


「うた」には「人の情」が込められていて、
ロックには体制に逆らうパワーがあります。
心を開いて「うた」と向き合えるのか、
心を閉じて「うた」を批判するのか。
ココロ・コーポレーションのリリースする音楽に、
ココロを閉じてどないすんねん!っちゅうハナシですわ。


きっとジョン・レノンが71年に「イマジン」をリリースしたときも、
「ビートルズの曲をやらないジョンなんて!」って、
憤ったグルーピーもいたでしょうね。
今となっては笑っちゃうけど。
もっと遡って、733年頃に山上憶良が「貧窮問答歌」を発表したときも、
「弱者の気持ちを詠むだなんて、野暮でおじゃる!」って、
憤った雅(みやび)な人もいたと思います。笑っちゃうけど。


まあ、そういうこと。
後世に残るものの存在の中で、
批判は「鼻で笑われるもの」でしかない。


で、だ。
ジュリーが一番好きなホール、
大阪フェスティバルホールでの正月ライブ。
圧巻。


セットリストを知ったとき、下山さんのパートはどうすんだ?と、
自分なりにいろいろ予想していたんですが、
そいつはすべて見事に外れました。
やはりベースギターの存在は大きいですね。
「そうきたか!」というアレンジも随所に。
コト細かに「犀か象」のカッティングが変わったとか、
いろいろあるんですけど、
今回はSGとシンラインの使い分けの意味がよく分かりました。
どちらもホント、いい音してました。


去年の「un democratic love」の曲たちは記憶に新しいけど、
それまでの曲たちって、こんなパワフルだったっけ?という、
美味いお酒のように、楽曲の熟成を体現した感じです。
バンドの演奏がいつも以上にダイナミック。


問題はバンドの名称が「オナジミーズ」になるのか、
他の会場での紹介はどうでした?
「鉄人バンド」だって、いつの間にかでしたからね。
かつて「渚のラブレターバンド」が「EXOTICS」になったように、
ジュリーは名付けの名人ですから、
ぜひいいバンド名をつけてあげてください。


アンコールでの新曲2曲、
むっちゃカッコいい。
「ド」がつくほどタイプの「揺るぎない優しさ」は、
まさに英国ロック。
もっといえばTHE WHOを彷彿させるロックナンバー。
そして「ISONOMIA」はこりゃギターのコピーしがいがある。
印象はニール・ヤングですかね・・・。
またCDが手に入り次第、
歌詞も演奏もしっかり聴き込みたいと思います。


兎にも角にも、最高の正月ライブでした。
この一年、頑張るエネルギーをチャージさせてもらいました。


本当は今日20日も行きたかったのですが、
年末年始に休んだ分、父ちゃんはしっかり稼がなければならず、
残念ながら、今日は息子のみライブに出かけます。
昨日に引き続いて、がっつり受け止めてこいよ、若者。
こんなハートのあるロックシンガー、他におらんのやで。
君がこのすごいライブを、ずっと心に刻めばいい。
父はそれで満足だ。
(本当はむっちゃ悔しいけど)

 

 ※イソノミアとは、自由と平等が対立せず、
自由であることがそのまま平等であり、
逆もまた真である、ような政体である。
イソノミアは、アメリカ合衆国の草の根民主主義に近い。
アメリカでは土地を持たない独立自営農民が、その担い手になった。
これは、商工業者を軽蔑する、
アテネの「農民=戦士」的デモクラシーとは異なるものであった。
(Wikipediaより)

 

 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
新年おめでトーネ!


皆さん、新年おめでとうございます。
今年の「ジュリーな毎日」は19日にブログはじめ。
そう、今日は大阪フェスティバルホールです。


今回のセットリストを知って、
のっかからテンションあがりまくり。
「すごい!」の一言に尽きます。
実は「こういうのをやってくれへんかな」と、
ひそかに切望しておりました。


ギタリストがひとりだと大変な曲もあるぞ?
そこをどう演奏するのかも楽しみです。


ライブタイトル「祈り歌LOVESONG特集」。
そうなんです!
この5枚は全部、ラブソングなんです。
全部、ノンフィクションのラブソング。


ライブ会場に足を運んだ人の中には、
「知らん曲ばっかり・・・」と
ブータレる人もいらっしゃるでしょうが、
「知ってる曲だけがいい曲」にあらず。


音楽を向き合うときは、
心をしっかりと開いて欲しいと切に望みます。
セコい心には届きませんからね。


そもそも、こんなライブができるのは、
日本でたったひとりのシンガー。
僕はこの人のファンで良かったって、
本当に誇らしいです。


とりあえず、今夜のライブをみて、
明日以降、感想を述べたいと思います。
本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。

 

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
来年もよろしくお願いします

早いもので今年ももう終わりです。
2016年は皆さまにとってどんな「ジュリーな一年」でしたか?


僕はおかげさまで、大阪のライブはすべて観に行くことができ、
またGRACEさんや泰輝さんのイベントにも参加させていただきました。


そして私事ながら、秋には弾き語りライブで、
アマチュアパフォーマーとしての活動も再開しました。


ここのところ、ゆっくりブログを書く時間と集中力がなくて、
当ブログにお越しいただく皆さまには不義理しっぱなしで、
大変申し訳なく思っています。


そんな中、皆さまのご厚意によって、
アマゾンのリンクで得たお金は、
(報酬が5,000円になると振り込まれるんです、半年に一回くらい)
震災復興の募金をさせていただいております。
いつもご協力ありがとうございます。


どんなに忙しくても、
タイトルどおり「ジュリーな毎日」を過ごしておりまして、
facebook等ではあれこれ呟いていたりしますので、
よろしければ僕の名前で検索してみてください。


来年はまたいろいろと楽しみがありますね。
(ラッキーなことに、さっそく正月ライブは「お年玉席」をゲットしました)
2017年はきっと「筋金入りのただのジュリーファン」として、
「物申す」機会も増える予感がしております。
皆さま、来年もどうぞよろしくお願いいたします。



 

| その他諸々 | comments(8) | ブログトップ |
CHICのコピーバンド

11月18日は東心斎橋の「チョットバーStand Arena」で、
ギターを弾いてきました。


CHICのナイル・ロジャース氏公認の大阪ファンクラブが発足し、
僭越ながら僕もそれに一枚噛んでまして、
せっかくだからナイルの楽曲をコピーしようということに。


実は去年、僕のアコギと人見欣幸氏のドラムで、
CHICの代表曲のひとつ、「Le Freak」を
ほんのおふざけで演奏したことがあるんだけど、
そのときの動画が、ナイルご本人の目に届きまして、
怒られるのかと思いきや、「So Cool!」などと言われてしまい、
調子にのって再びナイルに演奏の動画を送ることになりました。


ただ、少人数でCHICのような楽曲をやるのは、
さすがに難しいということで、
今回はデビット・ボウイの「レッツ・ダンス」一曲に絞りました。


とはいっても、ギター1本と、ドラム、ベースだけでは、
こちらもしんどい。
この曲をご存じの方はお分かりいただけると思いますが、
原曲では、センスのいいナイルのカッテイングギターと、
スティービー・レイ・ヴォーンのブルージーなソロが聴けまして、
未熟なくせに欲張りな僕は、そのどちらもが捨てがたく、
また無理な頑張りをして、「二兎追う者は一兎も追えず」のとおり、
ぐしゃぐしゃにしてしまいました。
今はとても反省しています。


また来年2月頃にセッションする予定なので、
それまでにもう少しなんとかしようと思います。


ということで、当ファンクラブでは、
セッションのメンバーを大募集中です。
CHICというファンク、ディスコバンドのコピーですから、
ちゃんとオーディエンスが踊れる曲を演奏したいのです。


またCHICファンの方がいらっしゃいましたら、
ぜひ一緒に騒ぎにきていただけたら嬉しいです。

10534766_953602258116971_6595414195651749886_n.jpg



 


| バンド活動 | comments(2) | ブログトップ |
りりィさんの訃報
出先からブログアップします。

りりィさんが亡くなったニュース、
信じられません。
Facebook上でお友達になってくださり、
僕のような者のコメントにも
温かいレスをいただきました。

突然の訃報って、
りりィさんらしいですが、
本当に寂しいです。

アルバム「TOKIO」そして、シングル「ロンリーウルフ」のカップリングとして収録されている「アムネジア」は、りりィさんの作詞作曲です。

また女優さんとしても、独特な存在感で、
「エイプリルフールズ」ではびっくりしましたけど、いい年齢の重ね方だと、憧れていました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。



| 音楽のこと | comments(0) | ブログトップ |
弾き語りライブやってきました

10月16日、大阪日本橋の「太陽と月」で
弾き語りライブやってきました。


前日、チケットまで入手したのに、
仕事の都合で横須賀まで行けなかった僕が
ふてくされて、荒れて、非行に走りそうなので、
僕のケースワーカーである
息子がブッキングしてくれたライブです。


人様の前で歌うなんて6年ぶりでして、
はたしてこんなおっさんでウケるのか、
いささか不安だったのですが、
自分の好きなことをやるだけと開き直って、
とにかくしっかり汗をかいて、
思いきり激しくロックでいこうと気合いを入れました。


弾き語りライブといえども、
フォークギター2本でジャカジャカやるのもアレだし、
今回はエピフォンカジノ赤ラベルに、
(先日観たビートルズの映画の影響強し)
ディストートロン、ロジャーメイヤーのブードゥー1と
リバーヴをかませて、
リードギターを弾きながら演奏しました。
(数曲でショートディレイを踏みました)


セットリストは以下のとおり

ポラロイドGIRL
犀か象
福幸よ
アルシオネ
君をのせて
コバルトの季節の中で
ストリッパー
ヤマトより愛をこめて


時間の都合で8曲しか演奏できませんでしたが、
このセットリストで僕のこだわりについて、
ピンときていただければ幸いです。
まんま完コピしたものと、
弾き語り用にアレンジした曲もありますが、
おかげさまで、何とかウケたと思います。


ほとんどのオーディエンスに馴染みのない曲たちも、
違和感なく盛り上がってくれる。
知ってる曲だとさらにテンションアップ。
人前で演奏するのはあらためて楽しい。


なんとなくですが手ごたえを感じましたので、
今後も「筋金入り」を貫いて、
単独でもちょくちょくやっていきたいと思います。


わざわざ足を運んでくださった同志たち、
SNSを通じて応援メッセージをくれた友人たちにも、
深く感謝します。
近いうちにまた来てね!

  

 

 

| バンド活動 | comments(4) | ブログトップ |
ザ・タイマーズのスペシャルエディション

11月23日、つ、ついにこれがリリースされる!
1989年に発売された名盤中の名盤「THE TIMERS」。


「ザ・タイガース」ではなく「ザ・タイマーズ」。
メンバーはゼリー、トッピ、ボビー、パーの4人。
とにかく風貌や楽曲、言動がショッキングで放送禁止続出、
挙句にフジテレビの「ヒットスタジオ」で大事件をやらかし、
関係各位に大迷惑をかけましたが、
当人たちはヘラヘラしてるというカッコよさ。


当時、僕はすごく影響を受けましたね。
こういうブルースのアプローチもあるのかと、
目の前がぐっと明るくなりました。
ジャカジャカとギターをかき鳴らしたくなる作品で、
いまなお、元気をもらってる一枚です。


震災以降のジュリーの作品たちって、
そんなタイマーズに通じるものがあって、
ロックはやっぱり反体制であるべきだと思うんですよね。
「こっちの水苦いぞ」を聴いたときにそう確信しました。


95年にはより過激度の高い「復活!! The Timers」と
「不死身のタイマーズ」もリリースされていますが、
まずはファーストアルバムの「THE TIMERS」は必聴です。
その前年のRCサクセション「COVERS」を先に聴くべきですが、
ゼリーは「チャラチャラしたRCサクセションと一緒にされたら困る」
とも述べていますから、まあいいか。


ザ・タイマーズの楽曲は、今もテレビのCMでよく耳にしています。
モンキーズのカバー「デイ・ドリーム・ビリーバー」。
忌野清志郎さんの亡くなった実母に向けて書かれた歌詞なんだけど、
その辺はコンビニも、その前のビール会社も、
そのまた前のインスタントラーメン会社も、
もちろんお茶の間の皆さまも
単なるラブソングと解釈しているのでしょう。


今回のスペシャルエディションは、
本編の最新リマスターと、蔵出し音源、そして蔵出し映像DVD。
そして12月にはアナログ盤もリリースされるそうで、
今頃になって再びタイマーズで熱くなれるなんてうれしい!


ザ・タイマーズって何?と思う方は
Youtubeで動画もいっぱいありますから、
ぜひご覧になってください。


 

 

 

 

| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
10/16 なんばでライブ決定


私事ながら&突然ですが、ライブやります。

息子とのギター2本の弾き語りですが、
そこはちょっとこだわりというか捻ります。

日時;10月16日(日)pm7:30〜
場所;大阪 日本橋「CAFE&LIVE BAR 太陽と月」アクセス
料金;1,500円(ワンドリンク付)

対バン形式で出演時間は当日になってみないと分かりませんが、
「落語」なんかもあって、なかなかおもしろそうですよ。

アウェイの地で、若者に交じって、
ジュリーナンバーの弾き語り。
はたして僕はウケるのか、
手ごたえは感じるのか、
よろしければぜひ応援にきてください。
久々のライブですが、頑張ります。
 

| バンド活動 | comments(4) | ブログトップ |
10/4 大阪フェスティバルホール

 

再び大阪フェスティバルホールに行ってきました。
16列目のド真ん中は緊張する席ですね。


ライブ、すごく良かったです。
元々音のいいホールということもあるのですが、
新曲たちも演奏回数が重ねられるごとに、
よりダイナミックになってきたと思います。


それにしても今ツアーは特にROCKですね。
下山さんレスは寂しいけど、
依知川さんのベースのサウンドが戻って、
ビートがぐいぐい迫ってくるというのかな、
下腹に響く音はやはりいいですね。
コーラスワークもグレードアップされた感じがします。


大好きな「ポラロイドGIRL」から、
「渚のラブレター」ときたら、
否が応でも初っ端からハイテンションになります。
セットリストは怒涛のロックチューンたち、
そのパワーは一貫して衰えることなく、
「ヤマトより愛をこめて」や「サムライ」も、
懐かしのヒット曲ではなくロックの名曲として聴ける。
ジュリーファンであることが誇らしいです。


そして柴山さん、
今回からフェンダーのシンラインがお目見え。
ローズネックの赤いシンラインもよくお似合いです。
今までの歪み系のエフェクターは、
ディストートロン踏みっぱなしで、
リトルビッグマフ&ロジャーメイヤーのヴードゥー1でしたが、
今回からディストートロン踏みっぱで、フルトーンのOCD&レッドラマ。
フルトーンOCDのバージョンは不明ですが、
ファズからオーバードライブ系にチェンジされています。
また音楽劇「悪名」からですが、
スピーカーを真上に向けてコンデンサーマイクで音を拾うという、
サウンドのこだわり。
激しい曲はギブソンのピックアップを搭載したグレコのレスポールJr、
まさにロックンロールです!


僕は残念ながらシンラインは一度も弾いたことがなくて、
まずは試奏させてもらうために、
あちこちの楽器店をまわるんだけど、
なかなか置いていなくて、まだ触れてないんです。
イメージではファンクなギターという印象なんですが、
機会があればいずれこのギターのレポもしたいと思います。


あ〜ライブDVD、出して欲しいなぁ。

 


フェスティバルホール喫煙所からの天保山、
観覧車分かります?

 

| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
ビートルズの映画


昨日は息子と一緒になんばまでビートルズの映画を観てきました。
「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督によるドキュメンタリー映画、
「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」。

 



なにしろ「レット・イット・ビー」以来の公式映画、
ビートルズに会いに映画館に行ける機会がきたなんて、
これは気合いが入ります。


でも音楽ドキュメンタリーっていうのは、
けっこうハズレも多いんですよ。
演奏や音楽の肝心なところで「誰やねん!」というインタビューが入りがち。
ドキュメンタリーだから仕方がないけど、
このタイミングのセンスで作品の良し悪しが決まる。
しかも「ビートルズもの」ですからコチラは内容もよく知ってるわけで、
今までのドキュメンタリーと同じなら映画館に行く必要もないよな、
という不安もありました。


ところがどっこい。
インタビューもそれぞれ興味深い内容だったり、
「よう分かるで!」と共感するものもあり、
個人的にはウーピーさんの回想にウルっときました。


しかも貴重な映像の数々を見るにつけ、
やはりビートルズはアイドル性、カリスマ性ともに、
今もなおナンバーワンだと再認識。


そして何より言いたいのは、
高音質、大画面で見るビートルズの演奏。
これはホンマにむっちゃカッコいいです。
リンゴのドラミングなんて最高です。


内容の濃い本編のあとは、
伝説のシェイ・スタジアム(長年ずっとシェアと読んでました)のライブ。
こりゃすごい。
ロクなPAもない時のこのパフォーマンスは必見です。
こんなん信じられへん!
ビートルズのライブパフォーマーとしての強靭な自力を堪能できます。


この映画は音楽好きなら絶対観たほうがいいです。
で、願わくば続編希望です。


ちなみにうちの息子、胎教がビートルズですねん。
音楽流したら野菜もよく育つという話から、
小さなラジカセを買ってきて、
嫁のおなかに近づけてビートルズを流してました。
産まれてからもコトバも理解しない乳幼児に、
「どや?この曲カッコええやろ?」なんて話しかけたり子守唄がわりに。


昨日の映画のチケットはそんな息子が買ってくれました。

 

| 音楽のこと | comments(0) | ブログトップ |
Page: 1/57   >>

 
楽天でのお買い物、商品検索はコチラから

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS