プロフィール

お気に入りサイト

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

バックナンバー

伊藤銀次さんの自伝

僕が「伊藤銀次」という名前を知ったのは、
「G.S.I LOVE YOU」のクレジット。
「佐野元春」との出会いでもありました。
小学生から中学生に変わる頃、
この出会いは僕の音楽人生にとって、
大きなインパクトがありました。
何しろ、音楽への興味がどんどん広がる機転になりましたから。


中3の頃、音楽準備室にあるガットギターで、
「I'm in Blue」を弾き語っていたら、
「吉本君、すごい!」と
若い音楽の先生に褒められました。
教師に認められたことがなかったので、
すごく嬉しかったんだけど、
その先生が伊藤銀次さんの後輩で、
「いつか銀次さんに会わせてあげたい」なんて
言っていただきました。
実現はしなかったんだけど・・・。


高校の生徒会室で銀次さんの
「彼女のミステイク」を弾き語っていたら、
現国の先生が、
「伊藤銀次とは同級生だから会わせてやりたい」と。
これも実現はしなかったんだけど・・・。
(ちなみに僕はふざけて生徒会選挙に立候補したら、
圧倒的な支持率で当選してしまい、生徒会長を2期務めました)


ただこの恩師が銀次さんの後輩であったり、
同級生であったりしたことで、
伊藤銀次さんに対してとても親近感をおぼえました。


現在、facebookで伊藤銀次さんと「おともだち」。
誕生日に銀次さんにメッセージをいただいたり、
ときどきコメントに返信していただいたりして、
(「アルシオネ」誕生のエピソードを教えていただいたぜ!)
恐縮&感激しているんですけど、
そのたびに「G.S.I LOVE YOU」での出会いの思い出が、
この年になっても鮮明によみがえります。


さて、伊藤銀次さんの自伝「MY LIFE, POP LIFE」。
この本、とても読み応えがあります。
皆さまもよろしければ!


Part 1 誕生〜幼少期の音楽体験
Part 2 ロックの洗礼を受けた中学~高校時代
Part 3 ドロップアウトと「伊藤銀次」の始まり
Part 4 ごまのはえデビュー~ココナツ・バンクの挫折
Part 5 福生から都心へ――セッションに明け暮れた時代
Part 6 松原みき、佐野元春――ギタリストからアレンジャーへ
Part 7 沢田研二とのレコーディング:1980-1982
Part 8 激務の合間を縫って始まる二度目のソロ・キャリア
Part 9 ポリスター末期〜東芝EMIイヤーズと「イカ天」
Part 10 ウルフルズと90年代〜2000年代初頭のプロデュース・ワーク
Part 11 2000年以降〜現在までの活動
対談:伊藤銀次×上原“ユカリ"裕


 

| 音楽のこと | comments(0) | ブログトップ |
さよならボロロン号

息子が中1の頃に、ワゴンRに乗り換えた。
それまではちょっと気取ったヤツに乗っていたけど、
息子の成長にともなって、車内が手狭になったのと、
ちょうどその頃、親子で魚釣りをはじめたので、
そこそこ荷物が入り、足回りの軽い車をということで、
友人のショップで中古のワゴンRを選んでもらいました。


このワゴンRがよく走る。
それまで抱いていた軽自動車のイメージが払拭され、
あちこちの釣り場や、買い物、往診(仕事)、
そしてギターやアンプを積んでの移動など、
長年、重宝してきました。


カーステレオの調子が悪くなれば、
mp3、SDカード対応のプレイヤーで、
運転中のBGMはちょっとした動くCD倉庫。
このメモリーカード一枚におさめられた楽曲たちは、
きっとマニア垂涎のラインナップ。


そんな感じで、いい気分でつきあってきたのですが、
しかし歳月を重ねるごとにいろいろとガタがきます。
徐々にさまざまな故障を繰り返してきたり、
バンパーに数か所の擦り傷、
そして放置し続けた水アカに油膜。


多少、見てくれがボロでも、
車にスレータスを感じない僕にとっては、
むしろプレッシャーなく気軽に乗れる分、
かえってどんな新車よりこっちのほうが快適。


誰が呼んだか「ボロロン号」。
ときにはエサのアミエビをボディにはりつけたまま、
あちこちの釣り場を駆け廻り、
うっかりボンネットに口の空いた缶コーヒーをのせたまま、
スタジオの駐車場から発進したり、
愛すべき相棒として共に過ごしてきました。


ところがとうとうエアコンがぶっ壊れた。
これは暑がりの僕にとっては致命的で、
即、ディーラーに持っていったら、修理代をきいて愕然。
エンジンの状態も「もはやいつ止まってもおかしくない」と、
せつない説明を受けまして、
今回の車検を機にお別れすることに決めました。


ただ、この愛着あるボロロン号に代わって、
ハイスペックな新車を購入する心境にはなれず、
中古車を探すことにしました。
しかもできればボロロン号と等価交換くらいの。
そう、欲しいのはボロロン2号。


で、いろいろと中古車屋をまわり、
ついに見つけた掘り出し物。
納車は来週。
つまりボロロン号とはあと1週間のつきあい。
感謝の意をこめて、何年かぶりにピカピカに洗ってやるか。


そして最後の日はボロロン号で佐野元春の「THE SUN」を聴く。
釣りのジンクスで、このアルバムをかけながら出かけると、
不思議とボウズがなく、けっこう大物や数が釣れる。
つまりボロロン号で一番聴いた音楽は、
佐野元春「THE SUN」。
一曲目の「月夜を往け」を聴きながら、
夜釣りのハンドルを握った思い出。
ボロロン号、長い年月、僕や家族と過ごしてくれて、ありがとう!

 

| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
井上堯之さん

井上堯之さんの訃報を知り、
ゴールデンウィークどころではありませんでした。
とても寂しい気持ちです。


僕がはじめてギターという楽器を意識したのは、
(キカイダーや怪傑ズバット以外で)
小学生の頃、ベストテンでジュリーの曲を聴き、
毎回アレンジが違うことに気がついてからです。


それは僕にとって、ジュリーのシングルが、
他のクラスメイトのように、
ただの歌謡曲や流行歌としてではなく、
「バンドサウンド」に変わった瞬間です。
中でもジュリーと背中をくっつけてソロを弾く堯之さん。
「カッコいいなぁ〜」と思いました。


当時の使用ギターはギブソンL6-S。
エンドース・アーティストはカルロス・サンタナ、
ギブソンでは珍しいメイプル指板の24フレット仕様。


おもにライブ盤や動画を参考に
ジュリーのギターパートをコピーするのが僕の趣味なんだけど、
堯之さんの音に似せることって難しい。
(あの繊細なタッチを真似るなんておこがましいけど)


とくに「ロックンツアー‘79」なんか聴くと、
さすがレインボートーンのL6-S!
コントロールを駆使して、
さまざまな音色が飛び出してくる。
僕もぜひどこかで試奏してみたいですが、
機会がなくて・・・。


ジュリーの楽曲はギターのフレーズが印象的なものが多く、
聴きこめば聴きこむほどに奥が深い。
まず最初にそれを教えてくれたのは、
やはり堯之さんです。


あと堯之さんのギターで個人的に気になるのは、
「太陽にほえろ!」のイントロのサイレンみたいなところです。



(↑この動画でまた泣けてきた)


日本のロックを作ってきた偉大なミュージシャンが、
次々と旅立たれます。
あの方々の功績は計り知れません。
音楽を愛する者として、本当に感謝です。
遺していただいた音楽から、
これからも元気と勇気をもらい続けたいと思います。


井上堯之さん、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 

| 音楽のこと | comments(0) | ブログトップ |
我が家の敷地で戯れる
ゴールデンウイーク、
我が家の敷地内もスペシャルな状況です。

戯れる子猫、こちらも自然と顔がほころぶ。

まだすべての動きがぎこちなく、
目が離せないんです。

もう一匹は警戒心が強く、室外機の裏に隠れていますが、

この子はなかなか人なつっこい。

でも隣で母猫が威嚇するので、
目一杯は近づけないんです。



| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
ストーンズのLP BOX

6月15日にストーンズのLP BOXが発売されるそうです。

ザ・スタジオ・アルバムズ・ヴィニール・コレクション1971-2016



オリジナル・マスター・テープからの音源がリマスタリングされ、

れぞれのアルバムはオリジナル・パッケージを忠実に再現。

全てのアルバムがダウンロード・カード付で高音質の音源がダウンロード可能。

オラ、ワクワクすっぞ!


・スティッキー・フィンガーズ(1971)

・メイン・ストリートのならず者 (1972)

・山羊の頭のスープ(1973)

・イッツ・オンリー・ロックン・ロール(1974)

・ブラック・アンド・ブルー(1976)

・女たち(1978)

・エモーショナル・レスキュー(1980)

・刺青の男(1981)

・アンダーカヴァー(1983)

・ダーティ・ワーク(1986)

・スティール・ホイールズ(1989)

・ヴードゥー・ラウンジ(1994)

・ブリッジズ・トゥ・バビロン (1997)

・ア・ビガー・バン(2005)

・ブルー&ロンサム(2016)



さて、僕がストーンズを聴くようになったのは、

もちろんジュリーの影響です。

タイガース同窓会のタイミングですね。

でもビートルズはキャッチーなのですぐに受け入れられたけど、

正直言うと12〜13歳の子供の分際で、

当初はストーンズに関してはピンとこなかった。



はじめで買ったのが「スティル・ライフ」というライブ盤だったのもありますが、

なんかザワザワしたバンドという印象で、

「不良の音楽はこうなんだろうけど、

それだったらピストルズのほうがいいな」なんて内心で思いながら、

オフコースとか聴いてる女子の前で、

「男はやっぱりストーンズやで!」なんて気取っていました。

今も昔も、やっぱりアホですね、僕。



しかし、ストーンズ病は突然やってきました。

15歳の塾帰り、まっすぐ帰宅するのがイヤで、

(たぶん家に帰ったら親に説教される予定だったか何かで)

深夜のバス停のベンチで、ぼーっとウォークマンを聴いていると、

突然、ミック・ジャガーに呼びかけられました(笑)



聴いていたのは「刺青の男」のA面一曲目。

「Yasutomiよ!」と確かにミックは僕の名を呼んだ。

変な話ですけど、そこからですね。

ストーンズに親近感を愛着を感じで聴くようになったのは。

まるで「俺たちの音楽をしっかり聴け!」といわれたようで、

そこからは中毒者のようにストーンズのサウンドを欲するようになり、

I can't get no satisfactionな
ブルース人生がはじまったのです。



今度はストーンズがカバーした曲の原曲も聴きたくなる。

バンド名の由来になった曲を歌うブルースマンや、

「Love in Vain」のあのブルースマンの伝説にのめり込む。



ギターのオープンチューニングやスライドギターをストーンズから学び、

今や僕にとってザ・ローリング・ストーンズは、

伝統芸能「ザ・ローリング師匠の皆さま」になっています。



しかし聴けば聴くほど、ジュリーの楽曲のいくつかは、

ストーンズの影響が色濃いなぁと思うんです。

僕がストーンズにハマりだした頃の作品、

たとえば「おまえにチェックイン」や「晴れのちBLUE BOY」は、

僕の脳内では、ジュリー版のストーンズなんです。

近年の作品でいえば、

「こっちの水苦いぞ」がそうですね。

まあ、こういうテーマは話し出したら長くなるので、
また別の機会に。



とにかく、LP BOX発売が待ち遠しいです。


| オススメのアルバム | comments(0) | ブログトップ |
2匹の子猫の育児中

家の裏手で2匹の子猫の育児中
31068869_1629870857061266_8355123666161238016_n.jpg 
31081470_1629859537062398_6382503852066734080_n.jpg

2階の窓から見下ろしせば
31064441_1629865243728494_9122130311839219712_n.jpg
無事、産まれてよかった。
ところが相変わらず親猫は警戒心が高く、人が近づくと威嚇。
育児中はお腹が減るのか、
エサはいつも以上に催促しにくるんですけど、
子猫には近寄らせない。

野生の教育が行き届いているのか、
子猫も人が近寄ると、壁と室外機の間に隠れます。

貴重なシャッターチャンス!
僕がきて室外機の裏に隠れる直前の子猫ちゃん。
31179951_1629875893727429_2968129354258710528_n.jpg
ううっ!このつぶらな瞳、たまらん。
親猫がもう少し人間慣れしたら、
おじさん家の子供にならないかい?
しばらくの間、縄張りから遠ざかっていた、
不細工で下品で巨大な野良が戻ってきたから、
この親子の行く末をおじさんは心配しているのだよ。
それにしても、一所懸命生きてる感じが好きだ。
 

| その他諸々 | comments(2) | ブログトップ |
シャーっ!
出産を終えたのか、お腹もほっそり。
せわしなくエサを催促して、
急いで去っていく。
いつもカメラ目線。

| その他諸々 | comments(0) | ブログトップ |
OLD GUYS ROCK

OLD GUYS ROCKを聴きだして
そろそろ一週間が経とうとしています。

ジュリーと柴山さんによる作品。
つまり楽器はギターのみ。

なのにこのパワーは何だろうか。
ギターの伴奏といっても、
ジャンジャカのコード弾きでもアルペジオでもない。

圧巻の存在感を放つギターのリフは、
まるでジミー・ペイジを彷彿させる70年代の英国ハードロックだ。
パワフルかつブルージーは、僕も大好物だ。

ギターのみとはいえ、サウンドが内耳を通過するころには、
脳のどこかがドラムやベースギターを認識してしまう。
それって僕だけ?

ジュリーにきこえているサウンドを、
僕たちオーディエンスにも体験させてくれているのがこのCDであり、
今年のライブなんだろうと思うんですよね。

ちょっと説明すると、
「un democratic love」を聴いたときに感じたんだけど、
作品としては何か音が足りなくて、正直、不完全な気がしたんだけど、
ところがライブで実際に聴くと「おおっ!」って一気に鳥肌。

そのとき、ひょっとしたらご本人にしかきこえない音が鳴っていて、
CDはあえて一番シンプルな作りにしたのかもしれないな、
なんて思ったんですけど、
今回の作品で確信しました。

おそらく、さらに聞き込めば聞き込むほど、
もっといろんな音やグルーヴを感じるはずだ。
従来のように曲のタイトルでなく、CDにタイトルがついていますが、
説得力十分のまさにOLD GUYS ROCK。
達人の領域ですね。

なんて、知った風なことを書きましたが、
聴き方、受け取り方は、
やはりそれぞれ個々に感じていただかないといけません!
僕の戯れ言なんて、あまり参考にしないように・・・。

しかし、ホントに古稀ライブ、完全にこの編成なんだろうか?
至上最強のこのコンビが、武道館や城ホールにROCKをぶちかます。
・・・おいおい、想像するだけで鼻血もんです。

さて、ギタープレイなんですが、
曲によってけっこう歪み系エフェクターを使い分けていたり、
ソロ終わりの一小節だけフランジャーとか、
コピーしていて、気の置けない凝り方をされているなという印象です。

僕は今のところ、ディストートロンONのままで、
OCDとリトルビッグマフを使い分けて、
コーラスやフランジャーはLINE6のM5で音づくりしてます。
ただアンプがパワー不足で、あの音に似せるのは至難の業。
(何より技術不足がそもそもの問題・・・)

CDを聴く限り、レスポールのような気もするんですが、
とりあえずSGを弾いています。

でも日頃からピックや弦を替えたり、アンプの角度とか、
いろいろ涙ぐましい試行錯誤を繰り返しているんですよ。
誰にきかせるわけでもない(せいぜいご近所さんたちから喧しがられているだけだろう) 自己満足を長年続けている僕。
そんな僕にとって、この作品は絶好の教材でもあるのです。
おかげで毎晩、楽しい〜!

| 沢田研二さんのこと | comments(0) | ブログトップ |
取り急ぎ
聴きました。
すごい!の一言につきます。
ステレオの前で、
膝がガクガク、ホーホケキョウっす。

さあギター練習しよう。




| 沢田研二さんのこと | comments(2) | ブログトップ |
困った・・・

先日ブログアップした、チャオチュール・ジャンキーな野良猫なんですが、近頃なんかお腹が膨れてきた。

思いあたる節といえば、1月のはじめ、たった1日だけ見慣れない猫と一緒にまったりしていたことがある。
不細工な相方を見たのはその日だけで、その後はいつもどおりの単独行動。


(手前のふてぶてしいやつ)

もしも妊娠していたらどうなるんだろう。
まさかうちの敷地内で産んだりしないよね?

何かの事態には、当然保護をしてやりたいんだけど、チャオチュールのとき以外はまったく僕に懐いておらず、捕まえることはおろか、軽く触ることすら許されていない間柄。
こんなに気にかけてやっているのに、鳴き声すらきかせてくれない。

一度撫でてやろうとして、シャー!って威嚇されてからは、気分を害さないよう緊張しながら接している。
通常のドライフードをやるとき、彼女はいったんその場を離れて、恐る恐る戻ってくる状態だ。こんな僕ごときに、何を警戒しとんねん、

また無事産まれたとして、保健所に保護を頼んでも、引き取り手が見つからなければ悲しい結末でしょ。
息子の猫アレルギーを無視して、一匹ならうちで引き取ってもいいけど、僕の手で親子や兄弟と離ればなれにさせるのもつらい。

猫の出産と子猫の命について、どうすることも出来ない立場ながら、いろいろと考えさせられています。

まあ、すべてこちらの手がかからず、無事に済めば一番いいのですが。
 

| その他諸々 | comments(6) | ブログトップ |
Page: 1/67   >>

 
Amazon music

掲示板

アンケート結果

携 帯 U R L

qrcode

ログイン

RSS